※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔「…ジュン…怒ってない…?」

申し訳なさそうな、俯き加減の薔薇水晶。

ジ「怒る理由───ある?」

更にギュッと抱きしめる。
『何故か無性に愛おしくなった』それだけの理由で。

薔「…ありがとう」

薔薇水晶が潤んだ瞳で僕を見つめる。
僕の唇と薔薇水晶の唇が徐々に近づいて───


ガツンッ


?「ひゃあっ」

違う。口づけの擬音じゃない。
そして、後ろから聞こえた声は…

ジ「そっ 蒼星石…?」

蒼「邪魔してゴメンね!?忘れ物しただけ… なんだけど」

振り向いた先にいたのは、つまずいて倒れ込んでいる蒼星石。
もじもじとした態度に、
『僕達がさっきまでしていたことを見られていた』と悟った。

ジ「……あの、さ」

蒼「わかってるっ 真紅達には何も言わないよ」

薔「…蒼星石」

蒼「ひっ!?」


2秒前、何を言うのか と思った。
1秒前、薔薇水晶が僕にキスをした。
今、…呆然としている。

蒼星石もまた同じく。

ジ「薔薇水晶…? え?今僕…」

薔「…次は…押し倒す…」

薔薇水晶のした行為が、蒼星石に対する『威嚇』なのだと、
8秒後の僕は、やっと理解した。

蒼「……やめてよ」

薔「嫌…」

蒼「僕は何も見なかった。それじゃダメ…?
  もう…僕に何も見せないでっ!」

いつのまにか蒼星石のオッドアイの両目に涙が溢れている。

薔「ジュン… しよ?」

なんというか、これ程に破壊力がこもった言葉を初めて聞いた。
そして、僕は───

ジ「蒼星石、悪いけど…帰った方が良いと思う」

僕の放った一言にも破壊力があったらしい。
蒼星石は無言のまま立ち上がり、玄関に歩いていった。
その時、『ごめん』と聞こえた気がした。


バタンッ。


蒼星石が帰るや否や、僕は理不尽にも薔薇水晶に問い詰めた。

ジ「なんであんなことをしたんだよ…?」

薔「…ジュンが」

ジ「?」

薔「……ジュンが好きだから」

自分のしたことの愚かさに、心底腹が立った。

ジ「そう、か」

僕は薔薇水晶の頭を、出来る限り心をこめて撫でた。

薔「ジュン…」

ジ「しよ?  …か?」

薔「…馬鹿ぁ」


日曜の朝、僕らは。


fin

|