※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回(参照)ばかりは死ぬかと思った。
口に出すのもはばかられる。


記憶がなんかところどころ抜け落ちてる。
えーっと 酒を飲んだのが金曜の夜で、
卵焼きを作って…うああぁああ!!…たっ確か昨日だから土曜。
今日で休日が終わる。休んだ気がしない。
せめて今日くらいは休ませてもらおう。
……居間が騒がしいな。あいつらまだウチにいるのか?


薔「…薔薇のように美しく
  水晶のように澄んだ女、薔薇水晶…」

雛「仮面ライダー面白かったのーっ!」

まんまじゃないか。ものすごいまんまじゃないか。
僕の部屋の壁に立てかけている時計を見ると、
8時28分。くそっ見逃した。

日曜の楽しみが、あぁ。ゾロリも見たかった。

雛「ゾロリせんせも面白かったのーっ」

うっ 羨ましいぃぃいいいっ!!
ボウケンジャーはまぁ良いとして、
ゾロリとカブトが見れなかったのは痛い。

蒼「ご飯出来たよ、四人とも」

ひっ!?
…いや、何故蒼星石の声に過剰反応したかは忘れた。
なんでだっけ…? あれ?

翠「私はそろそろ帰るですぅ。蒼星石はどうするですか?」

翠星石…☆  今何でキュンとしたかも忘れた。
昨日何かあったんだろうな。 …ははは…あはは…

蒼「じゃあ、僕もそろそろ帰るよ。
  みんな帰ったしね。雛苺と薔薇水晶は?」

雛「雛はまだいるのーっ!

薔「ここが私の家…」

違う違う。

薔「帰るといっても押入れに戻るだけ…」

い つ か ら だ ?
あの時押入れを開けたときにかすかに見えた黒い影は
僕の視力の悪さとは関係なかったんだな…?

蒼「柏葉さんはどうするの?」

巴「私も、天井裏に戻るだけ」

トゥッ、トゥモエエエエエエエエ!!!???
毎晩上から聞こえる音は鼠じゃあなかったんだな…?

薔「…ストーカー……?」

巴「貴女に言われたらお終いね。ほんの冗談よ」

鼠だったのか。…やっぱり気になるから後で薬焚こう。
スー●ーデス●ア(業務用)。

巴「雛苺、そろそろ帰るわよ」

雛「えーっ!?なのーっ」

蒼「じゃあ、薔薇水晶、ここに置いておくから、
  ジュンくんが起きたら教えてあげてね」

薔「わかった…」


バタンッ。  声が4つ消えた。

薔「ジュン… とっくに起きてるのでしょう?…」

ギクッ。 いや、なんでギクッとしたかは知らないけど。

ジ「カブト、面白かったか?」

僕はそう言いながら居間へとゆっくり歩いていった。

ジ「話の筋だけでも… って」

薔薇水晶が僕の鼻先にビデオテープを突きつけている。

薔「優しい薔薇水晶とは粋なもの。
  さりげなく録画していなければならない。
  …ゾロリも…録っといた」

ジ「薔薇水晶…っ!」


録画するチャンネルが間違ってたけど、
しょんぼりしている隣の薔薇水晶を強く抱きしめた。


fin

|