※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『仲良しで行こう』

呂布先生のつらぁ~い体育の授業が終わり、みんなはへとへとだった。
喉が渇く。うるおいが足りない。真紅も同じように喉が渇いていた。
真「はぁ~疲れたわ。喉がカラカラで死にそうだわ」
薔薇「……何か買って来ようか?」
真「あら、薔薇水晶。良いの?炭酸以外なら、なんでもいいわ」
薔薇「……うん。ダッシュで買ってくるね」
真「(なんて優しい子なのかしら。自分も疲れ果てているのに……)」
ダッシュで帰ってくる薔薇水晶。真紅は買ってきてもらった飲み物を
口に入れる。疲れていたせいか、それが何かわからないまま。

真「ブゥゥ!ごほっ……ごほっ。これ、炭酸じゃないの?!炭酸以外って言ったでしょ?」
薔薇「……真紅…。人はそうやって強くなるもんなんだよ?」
真「また何を訳わかんないことを…。こら!どこに行くの?」
さわやかに汗を拭う水銀燈の方へと走っていく、薔薇水晶。
薔薇「水銀燈ぅ……。あのね、あのね、真紅がいじめるの……」
水「真紅ぅ、あんまりこの子をいじめないであげてよぉ」
真「でっ…でも水銀燈、この子はさっき……」
水「どうでも良いから、仲良くしなさぁい。弱い者いじめなんてあなたらしくなぁい」
真「……ごめんなさい」

水銀燈の横で、ニヤリと微笑む薔薇水晶。真紅はどうにもならない
気持ちのまま、教室に帰っていった。

昼休み、真紅は翠星石たちと一緒にお弁当を食べていた。そして愚痴をこぼし始める。
真「最近の薔薇水晶の行動(いたずら?)には我慢できないわ!」
翠「私もそれを言おうと思ってたです!この前だって……むきいい!思い出したくもないです」
蒼「薔薇水晶は、いたずらが大好きだから気にしてもしょうがないと思うよ?」
真「でも、あの子ったらピンチになると、すぐに水銀燈のとこに逃げて…」
翠「そうです!大体、水銀燈はあの子に甘すぎるです!たまにはお仕置きしないといけないです」
ちらりと、水銀燈と薔薇水晶を見る。仲良さそうにお弁当を食べている。
翠「この際だから、水銀燈にあの子の悪事の数々を密告するです」
真「それで上手くいくかしら……」
翠「大丈夫です!上手くいくです!」
蒼「……はあ」

放課後、翠星石と真紅は、水銀燈を呼び出した。てくてくと、薔薇水晶もついてくる。
水「何よぉ~?話ってぇ」
薔薇「……(まずい)」
真「薔薇水晶は、ちょっと向こうにいてちょうだい」
薔薇水晶は仕方なく、廊下の隅の方で待っている事にした。
真「実は……薔薇水晶のことなんだけど、最近いたずらがひどいのよ」
翠「そうです!手に負えないです。水銀燈からもなんか言って欲しいのですが…」
水銀燈は、次々と出てくる薔薇水晶のいたずらの話を聞いていた。
全てを聞き終わった時、水銀燈は二人の頭をぽかっと小突いた。

水「もう、仲良くしろっていつも言ってるでしょぉ?」
翠「なっ……何で私たちが怒られなきゃならんのですか!?」
真紅「そうよ、悪いのはあの子じゃないの」
水銀燈は、薔薇水晶の方をちらりと見ながら、二人に話し始めた。

水銀燈は、二人に薔薇水晶との出会いについて話し始めた。
二人の過去のことを…。
ダッ、ダッ、ダッと誰かが走ってくる。
薔薇「……とう!」
バキィ!
水「いたぁ!?誰よ!私にドロップキックかますのは!」
薔薇「……友達になって」
水「はあ!?いきなりこんな事するような奴と、どうして私が」
薔薇「……じゃあ、他人からで良いから…。お願い…。寂しいの」
水「……(悪い子ではなさそうねぇ)」

水「あの頃のあの子は、本当に寂しそうな顔をしていたわぁ…。で、私の
母性本能が働いちゃったのぉ」
真「なんて……良い話なの…」
翠「いやいやいやいや、真紅?これは罠ですよ?」
水「あのね、あの子は普通の愛情表現が苦手なの。だから…許してあげてね。私が
代わりに謝るから許してあげて。ごめんなさい」
二人は、なんとなく納得出来なかったけど、許すことにした。
真「……私たちも広い心で、あの子を受け止めてあげないとだわ」
翠「…まあ、別に許してあげるです。これからは仲良くするです」
水「良かったぁ……。さ、薔薇水晶、帰りましょぉ」
薔薇「……うん。二人とも、ばいばい」
翠×真「また明日ね」
帰る時、薔薇水晶の目が怪しく光っていたことを、二人は知らない。
薔薇「……(今度はなにしようかなぁ♪)」
腹黒でも、シュールでも、それは彼女の最大の魅力です。
みなさん、仲良くしましょうね。
…完。

|