※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第13話「ジュンの想い」


縄はしごにて・・・

翠「ジュン?!しっかりするですぅ!大丈夫ですか?!」

JUM「ああ・・・ただのかすり傷だ・・・」

と、いってるが背中からは
大量の血が流れ落ちていた・・・

翠「地上におりるまでぜったいにはなしちゃだめですぅ!」

JUM「ああ、わかってるよ・・・・」

のり「病院まで直行するから手をはなさないでね!二人とも!」

翠「わかったですぅ!」

-病院-

手術室前

翠「あわわわわージュンは大丈夫ですかねー?」

のり「大丈夫よぉ、まえにも背中に3発ぐらい弾撃たれたことあるから」

翠「(なぜ死んでない?!)なるほど、1発だから大丈夫と・・・」

のり「うんうん」

翠「(・・・・)微妙な説得ありがとうですぅ」

ガラッ

医師「手術成功です。と、いうかピンピンしてるんですけど・・・」

JUM「よっ、翠星石」

翠「(コイツ人間じゃねーですぅ!!!!!!!)・・・」

のり「無事でよかったわぁ」
JUM「かすり傷だったからね」

翠・医師「(どこが?!)」

のり「そうねぇ、フフ」

翠「と、とにかく無事でよかったですぅ」

JUM「心配してくれたのか?」

翠「そ、そうですぅ!感謝しやがれですぅ!!!!」

JUM「ありがと」

のり「あ、ジュン君。いったん本部にもどるわよ」

翠「(えっ?・・・)本部・・・?」

JUM「ああ、わかった」

翠「ジュン?・・・」

JUM「あー翠星石、すぐもどるから家にかえってて」

翠「あ・・・うん・・・」

-Shadow Assassin本部-

みっちゃん「今回の任務で私達の存在が表沙汰に出てしまったわね」

JUM「すいません」

みっちゃん「まあ、でも、OKでしょう。それより報酬きたわよ」

一同「はやっ!」

みっちゃん「はい、一番頑張ったJUM君」

JUM「ありがとうございます」

みっちゃん「巴ちゃんも」

巴「やった」

みっちゃん「狙撃頑張っためぐちゃんも」

めぐ「これで新しい武器が・・・」

みっちゃん「のりちゃんも」

のり「わーい」

みっちゃん「これでまたコスプレが・・・」

巴・めぐ「だが、断る!」

のり「じゃあ、私が!」

JUM「やめろ!断じてみたくない!」

のり「ガーン!」

みっちゃん「ところで、明日にはまた本部(ここ)にもどってもらうわよ3人とも」

JUM「明日・・・・か」

巴「明日ですか、ちょっとはやいですね」

めぐ「ああ、さよなら高校生活」

そしてそれぞれ帰宅した・・・

-JUM宅-

ピンポーン!

JUM「はーい」

ガチャッ

翠「あ、やっとかえってきたですか!」

JUM「ああ、いまさっき・・・」

翠「ん?!なに荷物まとめてるんですぅ?!」

JUM「ああ、明日また本部にもどることになった」

翠「ええ?!」

JUM「今回の任務おわったし、いろいろさわがしいことになったからな・・・」

翠「そんな・・・」

JUM
「出会いに別れはつきもの。でも、その別れが
一生の別れともかぎらない。だから、またいつか
どこかであうことがあるかもしれない・・・・」

翠「翠星石はそれでも別れるのはつらいですぅ・・・」

JUM「翠星石・・・・」

翠「・・・・・」

JUM「また、会えるってきっとどこかで」

翠「それでも・・・それでも・・・」

JUM「・・・・・・(ぎゅっ」

ジュンはそっと翠星石に抱きつく・・・

翠「ジュン?・・・・」

JUM
「前にもいったけど、僕達には任務がある
悪いやつらを倒すという・・・・
僕はお前をそういう危険なことに巻き込みたくないんだ・・・」

翠「それでも・・・・翠星石は・・・」

JUM「僕は翠星石が好きだから、だから余計危険なことに巻き込みたくないんだ(/////)」

翠「ふぇっ?!(ジュンも翠星石のことがすき?!両想いだったんですぅ?!)」

JUM「あ、えと、いまのことは忘れてくれ(//////)」

翠「えっ?!(なぜですぅ?!)」

JUM
「でも、翠星石は僕なんか興味ないだろうし、
もっと普通の人と幸せになって欲しいんだ」

翠「え・・・ええええ?!」

JUM「あ、そろそろ帰ったほうがいいぞ、じゃ、おやすみ」

バタン!

翠「え、ちょっと!・・・・ジュン・・・・」

-JUMの部屋-

JUM「今思えば僕告白したんだなぁ・・・でも、情けねーな僕・・・」

-翠の部屋-

翠「ああー!せっかく両想いってわかったのに翠星石はー!」

コンコン

蒼「どうかしたの?」

翠「さっきジュンに告白されたんですぅ・・・」

蒼「よかったじゃないか翠星石、それで返事は?」

翠「返事するまえにジュンが「僕は翠星石にふさわしくない」みたいなことを・・・」

蒼「なんで、ちゃんと返事しなかったの?」

翠「だって、ジュンは明日には引っ越すっていうし・・・」

蒼「結局いえなかったわけか」

翠「あー翠星石はいくじなしですぅ!・・・・」

蒼「明日ちゃんと気持ち伝えたほうがいいよ」

翠「でも・・・ジュンは引っ越すみたいですし・・・」

蒼「ウルセー!ウジウジしてないでちゃんといっちまえ!!!!」

翠「(?!、キャラちがうですよ?!蒼星石!)わ、わかったですぅ」

-翌日-

早朝4:30

JUM「巴、めぐいくぞ」

巴「でも、みんなにさよならは?・・・」

JUM「いったら余計かなしくなるだろ・・・」

めぐ「たしかにそうね・・・・」

巴「ヘリおそいね」

JUM「すぐくるだろ・・・」

ヘリの音が近づく・・・・


第14話「翠星石の想い」に続く
|