※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少女のクロニクル

どんなに不を望もうとも
あなたはまた手を差し出す。

どんなに死を望まれようと
あなたは思いを告げる。

…それは蒼い空を羽ばたく鳥のように。

あなたはまだいるのでしょうか
ほの暗い海の底に。

さあ、広げなさい。その小さな手を。
広げなさい。小さな想いを。
海の上に見える景色。



それはいつか世界を優しく包みこむ。
それはひぐらしが啼く頃に。

ローゼンメイデンが普通の女の子だったら~あなたとひまわり~
           ―終幕―





少女のクロニクル―空言の樹―

一度言葉に縛られれば
見えているものが見えなくなり
そこにあった運命さえも
いつかは落としていくのでしょう。

繋ぐはずだった手はボロボロに崩れ
求めるはずだった体はズタズタに裂かれ
咲かせるはずだった恋はドロドロと溶ける。

嗚呼…今の貴方には見えているのでしょう?
この空言の大樹の根元に眠るものが…

――希望という嘘が。



嘘でもいいのでしょう?
あなたが求めているのは一時なのですから。
永遠なんて存在はしない。

ローゼンメイデンが普通の女の子だったら~喜と悲の無限螺旋~
                     ―開幕―






―助けるのは誰でもない。―貴方なのです・・・
―有能な弁護団は―今更助けにはまいりませんよ?

手を掴むのは貴方
守るべき命を愛で
空へと舞い散らせましょう・・・

ここは救済の地
お休みなさい哀れみなさい
何もできない自分を。

己の上には何もおきないと
思ってらっしゃるのでしょう?



―silent forest―そこは永遠の地
―お休みなさい―お眠りなさい


ローゼンメイデンが普通の女の子だったら~lost ground~
           ―開幕―

|