※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第12話「決戦」


ヘリが近づく・・・
ダダダダダダダダ!!!!!!!!!
ヘリのガトリングガンから銃弾が
発射される!

JUM「くっ!」

タタタタタタ・・・
ジュンは走りながらよける

水「ふふふ・・・」

その光景をただみる水銀燈・・・

金「これでもくらえかしらー!」

ダダダダダダダダ・・・カチャカチャ・・・・

金「弾切れかしらー?!しまったかしらー?!」

JUM「いまだ!」

バキューン!!!!!!
ドカーン!

金「あわわわわ!プロペラ故障かしらー!!!」

ジュンはプロペラを撃ち抜いた・・・

金「墜落かしらー!脱出装置かしらー!!!!ポチっとな、かしら!」

ヒューー・・・・・ドカァァァァァァン!!!!!!
ヘリは墜落したすごい爆発音とともに
それと同時に生徒達が脱出する

水「な?!」

金糸雀は脱出装置で屋上におりた・・・

金「よくもカナのヘリを!許さないかしら!!!!!」

そういって金糸雀はショットガン(散乱銃)を取り出した

JUM「チッ、2対1ですか。ちょっときついですね・・・・」


そのころ・・・

翠「やっぱりJUMが心配ですぅ、翠星石は様子をみてくるですぅ!」

蒼「あ!翠星石!」

翠「蒼星石はさきにいっててですぅ!」

蒼「あ、翠星石!・・・まったくもう・・・・」

タタタタタタタ・・・・

翠「(たしか屋上にいってたですぅ・・・)」

タタタタタタタタ・・・・・

翠「あ!巴にめぐ!」


巴「あれ?翠星石ちゃんこんなところで何してるの?」

めぐ「逃げたんじゃなかったの?」

翠「JUMが心配で様子をみにいこうと・・・」

巴とめぐは脱出する途中だった

めぐ「心配しなくても大丈夫だとおもうからはやく逃げたほうが・・・」

翠「それでも翠星石はいくですぅ!」

タタタタタタ・・・・

巴「ふふ、桜田君がとっても好きなのねあの子」

めぐ「そうだけど大丈夫かな?」

巴「大丈夫よ、桜田君がいれば・・・」


そのころ・・・

水「たあ!!!!!!!」

ジャキン!

JUM「くっ!」

バンバン!

水「ちっ、なかなかやるようね」

金「それならこれをくらえかしらー!」

バキューン!ドキューン!
ササッ!

JUM「ちっ!たあ!」

バンバンバン!!!!!!

ササッ・・・
ぶしゅー・・・・

水「金糸雀?!」

金「くっ、弾あたっちゃったかしらー!痛いかしらー!」

水「ジュン!あなたを殺すわぁ!!!!たあ!てあ!」

カキーン!

JUM「はあ!」

バンバンバン!!!

グシャ!
JUMは念のために金糸雀
のショットガンを撃ち壊した

金「アーッ!カナのショットガンがー!」

水「たあ!」

ブシュ!

JUM「痛っ!!!」

JUMの足に水銀燈の
長刀が突き刺さる・・・

水「ふふ・・・このままこの足を斬ってあげるわぁ」

JUM「だが、断る!!!!!!たあ!!」

バンバンバン!!!!!

水「ぐぇ!・・・・・(バタ)」

弾は水銀燈の腹と右足と左腕を貫通した

JUM「はぁ・・・はぁ・・・くっ!」

ブシュッ!・・・・ブシュー・・・・
JUMは自分の足にささっていた長刀を
ぬく・・・かなりの血がでた・・・・

JUM「ふぅ・・・いっちょ・・・あがり・・・か?」


そのとき・・・

ガチャッ!

翠「はぁ・・・はぁ・・・ジュン?!」

JUM「翠星石?!なんでここに?!逃げたんじゃなかったのか?!」

翠「ジ、ジュンが心配で逃げられなかったんですぅ!テメーのせいですぅ!(////)」

JUM「翠星石・・・・・ありがとう」

金「ふふ・・・ラブラブのとこ悪いけどドカーンかしらぁ・・・ふふふ」

ポチッ
金糸雀は昨日しかけた
爆弾の起爆スイッチをおした・・・

ドカァァァァン!!!!!!!!!!!!!
ドカーーーン!!!!!!!
バリーン!


JUM「な、まさか爆弾か?!」


「そぉよぉ・・・学校の入り口と非常口のある場所ぜーんぶに
しかけたから逃げられないわよぉ・・・」

金「それにすべての柱に爆弾しかけたからそのうち崩れるかしらー・・・」

翠「そ、そんな!」

金「ふふ、崩れるまであと2分くらいかしら」

JUM「くっ!・・・そうだ!、巴!応答してくれ!(無線)」

無線「こちら巴、さっきの爆発はなに?!」

JUM
「それはあとで説明するからいますぐ姉貴を屋上に
よんでくれ!」

無線「ええ、わかったわ!」


翠「あうう・・・たすかる見込みはあるんですか?」

JUM「ああ、姉貴が遅刻しなければな・・・」

そのとき・・
ヘリのプロペラ音がちかづく・・・

のり「ジュン君ー!助けにきたわよー!」

JUM「姉貴!縄はしごをおろしてくれ!」

のり「わかったわ!」

パラッ!・・・
縄はしごがおりる

JUM「翠星石のぼるんだ!絶対に離すんじゃないぞ!」

翠「わ、わかったですぅ!」

ドカァァァァァンン!!!!
ガラガラガラガラ!!!!!!!

JUM「やばい!崩れるぞ!」

はしごをのぼる二人・・・
そのとき!

水「逃がさないわよ・・・!」

バキューン!!!!

JUM「うぐっ!・・・・」

ガラガラガラガラガラ!!!!!!!!!!!
ドカン!バリン!ガラガラガッシャーン!

銃声とともに学校は崩れた・・・


次回第13話「ジュンの想い」に続く
|