※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「薔薇乙女応援団 チアガール」

真紅の場合

紅「ま、せいぜい頑張りなさい」

チーム員「(´・ω・`)ショボーン」


水銀燈の場合

銀「ふふ、フレーフレー(ピラピラ)」

チーム員「うはwwwパンツがwwww鼻血がとまらねwwww」


翠星石の場合

翠「しゃ、しゃーねーから応援してやるですぅ!フレーですぅ!」

チーム員「あ、ありがとうございます(^_^A)」

蒼星石の場合

蒼「あ、あの頑張ってさい。ふ、フレー(/////)」

チーム員「絶対勝ちます!」


雛苺の場合

雛「フレーフレーなのー!頑張れなのー!」

チーム員「ちょwww巨乳が揺れてwwww試合に集中できねー!」


金糸雀の場合

金「フレーかしらー!」

チーム員「てか、君だれ?」

雪華綺晶の場合

雪「皆さんフレーですわ!勝ったら夕飯おごりますわ!」

チーム員「よっしゃ!夕飯!」


薔薇水晶の場合

薔「勝たなきゃ死刑・・・だよ?」

チーム員「は、はい!(ガクガクブルブル)」


巴の場合

巴「みんな頑張ってー」

チーム「はーい」


あなたは誰に応援してもらいたいですか?







水・雛「ジュン~!」
J「ん?どうした二人……うわっ!」
水「ジュン~、今から二人だけで楽しいコトしましょ~。」
雛「ジュン~、今から二人だけで楽しいコトするのよー。」
J「ちょ、お前ら!(やべぇ、タイプがまるで逆の巨乳二人に腕抱かれて、僕の愚息が……)」
水「ちょっとぉ、雛苺ぉ?ジュンは私のモノよぉ。」
雛「違うのー!ジュンはヒナのモノなのー!!」
J「僕は……誰の……モノじゃ……(ヤバイ!このままじゃ、理性がリビドーに負ける!!)」
水「ジュン~、早く楽しいコトしましょ~。」
雛「ジュン~、早く楽しいコトするのー。」
J「あぁ……僕は……」
ゴンッゴンッ。
水「いたぁい……」
雛「痛いのー……」
真「二人ともいい加減にするのだわ。ジュンが困ってるのだわ。」
J「あ、ありがとう真紅。助かったよ。(危ない危ない。このままじゃ二人とも襲ってたよ……)」
真「別に礼はいいのだわ。ジュン、紅茶を淹れなさい。」
J「うん、分かったよ。」
真「あら?今日は嫌に素直ね。」
J「別にそんな事無いだろ?」
真「そう……まぁ良いわ。早く紅茶を淹れて頂戴。」
J「はいはい。」

水「……私たち完璧に忘れられてるわねぇ。」
雛「悔しいけどそうなのー……」







「スイソウ」


翠「ジュン、メダカかいたくねぇですか?」
ジ「はぁ?メダカ?どうして?」
蒼「いまなら4匹100円で‘スイソウ‘もついてくるんだよ」
ジ「安っ!んー、ペットほしかったしな、買う!」

-翌日-
ピンポーン

「おとどけものです」
ジ「はーい、とどいたとどいた」
テクテクテク・・・
ジ「にしてもメダカはともかく、このデカイ箱はなんだ?・・・あけてみよ・・・」
パカ!
ジ「ちょ、なんでお前等こんなかにいんだ?!」
翠「だって、翠蒼もついてくるってちゃんといったですぅ♪」
ジ「スイソウ・・・・=翠蒼 ってそっちかい!」
蒼「うん、お得でしょ?」
ジ「つか、メダカいれるとこがねーよ。つか、メダカすでに逝った・・・」
蒼「南無・・・・」
翠「かわいそうにですぅ・・・」
ジ「・・・・・」
翠「でも、翠蒼はお得なはずですぅ」
蒼「ジュン君の言うことならなんでもきくよ♪」
ジ「じゃあ、飯つくってくれ、それと肩揉んで」
翠・蒼「はーい♪」
ジ「お買い得かもなこりゃ、ははは」


ジ「ところでメダカしんじゃったけどどうすんだよ」
翠「うめますか?うめませんか?」
蒼「すてますか?すてませんか?」
ジ「・・・・メダカ南無・・・」

メダカA(幽霊)「(なんのために買われたんだろね僕達)」
メダカB(幽霊)「あの双子の欲求のためじゃない?」
メダカC(幽霊)「そうだね・・・・」
メダカD(幽霊)「つまり私達って・・・・」
メダカ一同(幽霊)「囮?・・・つか、餌?・・・」

メダカ一同(幽霊)「・・・・・orz」


その夜3人はメダカの悪夢をみた・・・

-終わり-










ジ「はい、僕の勝ち」
金「か、かしらー!?この薔薇姉妹一の策士の金糸雀がぷよぷよで負けたかしらー!?」

銀「だって金糸雀ってたら大連鎖狙って自滅してるんだもの…くすくす」
金「わ、笑ったかしらー!?ひどいかしらー!!」
銀「あらぁ、ごめんなさぁい」
金「ううー…そうだ、カナがやっぱり策士で天才だって証明すればいいかしらー!」
ジ「どうするんだ?」
金「カナになにか問題だすかしらー!すぐにといて見せるかしらー!」
ジ「そうだな…それじゃあ…××÷□×△は?」
金「○○かしらー!」
ジ「お、ほんとだ、計算速いな」
金「当たり前かしらー!」
銀「じゃあ次は私ねぇ」
金「どんな問題も一発かしらー!」
銀「ふふ…じゃあ…○×□-*+#×~÷Σ×…(略)…+□は?」
ジ「長いな」
金「え、えっと…」
銀「あらぁ?どんな問題も一瞬じゃなかったっけぇ?」
金「う…うう…水銀燈意地悪かしら…」
銀「うふふ、ごめんなさぁい、卵焼き作ってあげるから機嫌直して、ね?」
金「卵焼き!?うれしいかしらー!」
ジ「はは、単純なやつだな…そういえばさっきの問題の答えは?」
銀「え?えーと…」
金「………」
ジ「………」
銀「そうだわぁ、ジュンもご飯食べてかない?腕振るっちゃうわよぉ」
ジ「お、いいのか、水銀燈の料理楽しみだな」
金「皆でご飯かしらー!」







「薔薇乙女で一番○○なのは・・・」


水「鏡よ鏡、薔薇乙女で一番巨乳なのはだあれ?」
鏡「それはあなたではなく雛苺です」
水「なんですってぇ?!雛苺に毒入り苺大福をくわせなければ!」
そのころ・・・
-女子更衣室-
巴「あら、雛苺またおおきくなったんじゃない?」
雛「うにゅー、重くて疲れるのー」
-翌日-
水「ふふ、雛苺の机の上にこの毒入り苺大福をおいとけば・・・」
ベ「あ、雛嬢の苺大福だ!こっそりもらっとこう!(パク」
水「アッー!」
ベ「どうした銀嬢?・・・うっ!・・・(バタ」
雛「あれー?ベジータなんでたおれてるのー?ウザイのー死ねなのー」
ベ「マジで死ぬ・・・・・・」
水「ま、ベジータもうざかったからいっか♪」
雛「うゆ?」
ベ「・・・・・(死亡)」
-おまけ-
紅「鏡よ鏡、薔薇乙女で一番の貧乳は私じゃないわよね?」
鏡「いや、あなたです」
紅「絆ックル!!!!!」
鏡「ぎゃあ!」
バリバリガッシャーン!!!!!!
鏡はわれました・・・
-終わり-







「クイズ無理オネア2」

最終問題

ジ「これをクリアすれば一千万円です、挑戦しますか?」
翠「するですぅ」

「では、問題
翠星石の好きな男の子は誰でしょう?

A 笹塚 B ジュン
C ベジータ D 蒼星石」

翠「(////)ふぃ、ふぃふてぃーんふぃふてぃーんをお願いするですぅ」
ジ「わかりました、答えを二つにしぼります」

B ジュン
D 蒼星石

翠「(こ、これはチャンスですぅ!)Bのジュンにするですぅ!(////)」
ジ「ふぁいなるあんさぁ?」
翠「ふぁいなるあんさぁですぅ!(/////)」
ジ「・・・・正解!僕も大好きだよ翠星石(/////)」
翠「やったですぅ・・・グスン、一千万円とジュンGETですぅ!!!(//////)」



蒼「はっ?!夢か・・・つか、僕女の子だよ・・・illlorzllli」







「夏のいえば・・・」

夏といえば?と
薔薇乙女達にきいてみました・・・

ジ「夏といえば?」
紅「お祭りなのだわ」
水「カキ氷よぉ」
翠「花火ですぅ」
蒼「ひまわりかな」
雛「そうめんなのー」
金「プールかしらー」
雪「海ですわ」
ジ「薔薇水晶は?」

薔「ゴキブリ」

その他「(゚Д゚)」

薔「え?違う?つか、こっちみんな」

|