※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねぇかなりあ、好きってなぁに?」

金糸雀のバイオリンを弾く手が止まる。

「ど、どうしたのかしら雛苺~? いつもは皆好きって言ってるのに……」
 雛苺は唸り、ベランダの手すりに肘をつく。
「あのね、ひな告白されたのよ」
 バイオリンをしまうと、同じくベランダに肘をついてみる金糸雀。
「悔しいけど、雛苺は密かに人気あるから……ついにってところかしらー」
 教室内では他の生徒達が雑談をしていた。
「それでひなね、まだ少ししか話してないけど、その人のことも、かなりあ達のことも好きって言ったのよ」
「……雛苺、それは違うかしらぁ……」
「うゆ……金糸雀もそんなこと言うのー?」
「……カナも?」
「その人も、それは違うって言ってたのー……。そういう好きじゃないって……」
「っていうかその人って誰なのかしら?」
「同じクラスの笹塚君なのー」
「何かと廊下に立たされてるあいつかしら……」
 ちらり、教室の中を見る金糸雀。
 今は昼休みということもあって、平和そうだ。
「それでどこが違うの? かなりあー」
「そ、そう言われると…………」
 ふと時計に目を向ければ、昼休みはもうすぐ終わる時間だった。
「とりあえず中に入るかしら。そのことはあとで皆に聞けばいいかしら~」
「うぃ~……」

「翠星石、翠星石ぃ」
 雛苺は、こっそり制服の裾を引っ張りながら、斜め前の席に座る翠星石に声をかける。
 勿論、授業中なので声は小さめだ。
「もう、何ですかちび苺。授業中ですよ?」
 翠星石は教科書で口元を隠し、黒板を見たまま返事をする。
「翠星石は好きな人いるの?」
 びくっと一瞬翠星石の身体が震え、教科書で顔全体を隠す。
 けれどその隙間からはちらり、誰かをみつめている。
「そ、そんなこと聞いてどうするですぅ!」
「好きってなぁに?」
「な……ちび苺にしては珍しいことですぅ……。
 でもそれは翠星石にもよくわからんのです……。蒼星石にきいてやるから、待ってるですよ」
「うゆ、お願いなのー」
 そう言うと、隣にいる蒼星石に話す翠星石。
「というわけなのですぅ。蒼星石、説明してや……」るですぅ、と言いかけて蒼星石の異常の気付く。
「え、ぼ、僕には無理だよ、そんなの……っ!」
 教科書を立てたまま両手で顔を隠しているが、耳が真っ赤になっている。
「……わ、わかったですぅ、しゃあないですねぇ」
 そして雛苺のほうを見て
「ちび苺、あとで真紅にきけですぅ」
「うぃ~……」

 空が紅く色づく時間、雛苺はとことこ、帰り支度をしている真紅の元へ行く。
 ベランダでの金糸雀によるバイオリン演奏が、教室内に響いていた。 

「ねぇ真紅、水銀燈と薔薇水晶はいないのー?」
「あら、あの二人なら駅前のケーキを食べに行ったわよ」
「うゆ……真紅にだけでも聞くの。真紅には好きな人いるの?」
「えっ!?」
 
 声が裏返り、目を泳がせる真紅。顔は夕陽のせいか紅く染まっていて、身体も固まっている。
「その好きな人は一人なの?」
 真紅は、はっと一度両手を頬に置くと、こほん、と咳払いをし、平静を装いながら
「え、えぇ、そうよ」
 とこたえた。
「ヒナのことは嫌いなの?」
「そ、そういうわけじゃないけれど……ちょ、ちょっと体調がすぐれないわ、先に帰るわね」
「あ、真紅ぅ……!」
 ダッと駆け出して、教室を飛び出す真紅。
「うゆ……誰にも教えてもらえないの……」
 がっくりと肩を落とすと、自分の机に向かい、鞄を手に取る。
 そしてベランダに顔を出すと、
「かなりあ、ヒナもう帰るの。また明日なのよ」
「わかったかしら、また明日かしら~」
 挨拶をすませて、学校を出た。

「皆してひどいのよ……」
 ぽつん、と呟き涙を浮かべる雛苺。
「な、泣かないのよ、ヒナはもう子供じゃ……」
 制服の袖で涙を拭っていると、気付く。
「子供だから……わからないの……?」
 そう言って立ち止まる雛苺に、声が掛けられる。
「どうしたの?」
「……トゥモエー!」
「相変わらずね、雛苺。私で良かったら話聞くけど……」
「トモエ、大好きなのー!」
 雛苺の表情が、ぱっと明るくなった。

 二人は手を繋ぎ、歩く。
「それにしても久しぶりね、同じクラスなのに……。
 最近部活も勉強も忙しくて、なかなか話せなかったの。ごめんね」
「ううん、いいのよ。トモエと話せて嬉しいの!」
「ふふ……。それで、何があったの?」
「うゆ…………」
 途端に雛苺の顔が曇り、俯いてしまう。

「ねぇトモエ、ヒナはトモエも金糸雀も真紅も蒼星石も……皆好きなのよ。
 でも告白してくれた人は、その好きとは違う好きって言うのよ……」
 雛苺は続ける。
「……それで、どう違うのか皆に聞いてみたのに、誰も教えてくれないの」

 心配そうにしていた巴が、柔らかい笑みを浮かべた。
「雛苺はとても難しいことをきいていたのよ。
 皆違いを知っているけど、それを説明するのはとても大変なの」
「そう……なの……?」
「そうよ。例外もあるけど、大抵皆自分で知るの。だから雛苺もいつかわかるようになるわ」
 少し考えるように、上を向く雛苺。
「……うゆ……わかったなの」
「その告白してきた人にも、正直に言ったほうがいいと思うわ。わかってくれるはずだもの」
「……うん、そうするの。トモエ、ありがとうなのー!」
「ふふ、頑張ってね」

 休み時間。笹塚の机へ向かい、話し掛ける雛苺。 
「昨日はごめんなさいなの。ヒナ、まだ好きとかよくわからないのよ……」
 そう言って、恥ずかしそうに目をそらす。
「だから、今は友達として仲良くしてほしいのー。
 これからたくさん話しかけるから……いいかしら?」
 言葉が出ない様子で、何度も大きく頷く笹塚。
 雛苺もえへへ、と嬉しそうに笑っている。
 

「そう・……。よかったわね、雛苺」
 昼休み、雛苺の話を聞いて微笑む巴。
 しかし、本人はため息をついて続ける。
「でもねトモエ……。笹塚君いつも立たされっぱなしで、なかなか話せないのよー……」
 そう言ってがっくり肩を落とす雛苺。
「それは……」巴が言いかけると、廊下から
「お前は次の授業中も立ってろよ」という声がする。
 それを聞いた巴は右手で頭をおさえ、
「……それは宿命だもの、仕方無いわ」
 と、ため息をつきながら首を左右に振った。
 雛苺が首を傾げていると、時計が休み時間の終わりをしめした。

                                 終わり

|