※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《独占欲》

J「何してるんだ薔薇水晶?」
薔「・・・本棚の整理、手狭になってきたから。」
J「へー、こっちの箱がいらないヤツか。」
薔「うん、そう。」
J「結構あるな。・・・ケ□□軍曹もいらないのか?」
薔「うん、いらない。」
J「よく読んでたのにな。醒めたのか?」
薔「うん、だって売れちゃったもの。」
J「アニメになったり人気が出たりするのはいいことだと思うけど。」
薔「私だけ知ってる面白い漫画ってところがいいの。」
J「ふーん、そうなのか。本棚に残ってるやつは?」
薔「こっちはまだ大丈夫、でもパンプキンシザースがやばいかな。」
J「なんというか、その、大変だな。」
薔「・・・頼むから売れないでね(-人-)」




《水銀丸》

薔「でね、お姉ちゃんがね・・・・・・。」
J「どうしたんだ?」
薔「ちょっと公園に寄っていこ?」

買い物帰りだが、薔薇水晶に手を引かれるまま公園に立ち寄ることになったJUM。
噴水の手前まで来ると薔薇水晶が振り返ってJUMに尋ねた。

薔「ベンチと芝生、どっちがいい?」
J「なんだ、休んでいきたかったのか。」
薔「うん。」
J「そうだな・・・木陰のある芝生にしよう。」
薔「わかった。ちょっと待ってて。」

噴水の縁に腰掛けた薔薇水晶は徐に携帯を取り出し弄くり始めた。

薔「もーーしもしー?銀ちゃ~ん?うん、私ー。今から来れるー?」

水銀燈を呼び出してどうするつもりかは分からなかったが、
近くにでも住んでいるのかとさほど気にもせず、
電話を終えた薔薇水晶と木陰を目指した。

銀「あらぁ、早かったわねぇ。はいこれ、ヤクルトよぉ。」
薔「銀ちゃんご苦労様、あと膝枕して。あ、こっちがJUMの分ね。」
J「水銀燈、もしかしてこれだけのために・・・。」
銀「ねえ、ちょっとこの子に何とか言ってよぅ(ぼそ)」
薔「銀ちゃ~ん、聞こえてますよ~。あれがどうなってもいいのかな~?」
銀「は、はいぃぃぃぃ。メッソウモゴザイマセンデスゥ。」

2人の間に何かがあることは理解したが、JUMは踏み込まないことにした。
終わる









ジ「どうしたんだ?やけに嬉しそうだな?」
薔「このアイスとっても美味しいの」
ジ「へぇ~、僕にも一口ちょうだい!」
薔「良いよ」
ジ・薔「あっ!?」
薔薇水晶がジュンにアイスを渡そうとした瞬間、ジュンはうっかりアイスを落としてしまった。
ジ「ご、ごめんよ…弁償するよ」
薔「アイスが……」
ジ「……」
薔「そうだ!ジュンがこのアイスの代わりをしてくれたら弁償しなくていいよ」
ジ「代わり?」
薔「そう、ジュン!キスして!」
ジ「えっ?」
薔「キスだよ!早く!」
ジ「は、はいっ」
スッ!(ジュンが薔薇水晶を抱え込む音)
水・真「ジ…ジュン」
ジ「ば…薔薇水晶。やっぱりやめよう。こんなこと…な?」
薔「ダメよ!!だったらこのアイス拾って食べられるようにして」
薔「ア・イ・ス!!ア・イ・ス!!」
どこかで聞いたことある言葉だった。
ジ「え~い、しょうがない!」
ズキュゥゥゥン(キスした効果音?)
水・真「やっ、やったッ!!ヘ(゜Д、゜)」
ジ「こ…これで満足か?」
薔「……えへへへっ♪ジュンの味…」
このあとジュンが真紅や水銀燈にボコボコにされたのは言うまでも無い…









「かげろう」
「かげろう?」
「うん、かげろう」
よく分からないやり取りを薔薇水晶がふっかけてきた。
「3日で、死んじゃうんだって」
「――ああ、虫の方か。暑い日に見えるモヤモヤの方かと……」
蝉と扇風機の何ともいえない、でも確かな不協和音。
何かを考え始めるとたちまちに耳から遠のいていく。恐るべし僕の集中力。
「ジュンは、かわいそうだと思う?」
みーんみーん、じじじじじじじ。
「別に」
「なんで?」
会話が、妙に重かった。
「今生きてるかげろうはさ、3日後に死ぬ、なんて考えてないわけだろ。
 でも――かげろうの気持ちなんて分かんないけどさ、誰かと愛し合って、子供を作るんだ。十分じゃないか」
そう言って、僕は麦茶を飲み干した。ごくり、と小気味のいい音が鳴る。
「……じゃあ、ジュンは、私達がもしもかげろうに生まれてたとしても、3日間私の事を好きでいてくれる?」
「……蜻蛉水晶か、好きになれそうにない。虫のフォルムは苦手だからなぁ……」
真面目な質問でも、軽くいなす。それが僕のポリシーだ。
「いじわる」
「はいはいそーですよ」
膨れる彼女。笑う僕。
「3日間なんて寂しいこと言うなよ?――大好きだから」
「私も」
夏真っ盛りの、ある昼間の出来事。








「○○にくだす○○・・・・」


カラオケで薔薇水晶が
禁じられた遊びをうたったときのこと
薔薇水晶はすこし替えてうたってみました

薔「ジュンに手錠かけてー♪銀の鎖でしばって♪
それでも逃げようともがくあなたがかわいらしい♪」

ジ「あの、帰っていいですか?・・・・」

薔「跪いてお舐めよ♪苦い愛の雫を♪ジュンにくだす監禁♪」

ジ「ちょ、マテこっちくるな!」

薔「ジュンは私のもの・・・・ふふふ」

ジ「くるなー!くるなー!・・・・・ぎゃあ!!!!!!」


そうしてジュンは薔薇水晶に
1ヶ月ほど監禁されましたとさ


めでた・・・くネーヨ!!!!







薔「ジュン、お待たせ、待った?」
薔「はは、僕も今来たところさ」
薔「ふふ、良かった、早くデートいこ」
薔「ああ、今日は君を連れて行きたいところがあるんだ」
薔「楽しみ、映画館?遊園地?」
薔「いいや、違うよ」
薔「じゃあどこ?」
薔「僕の両親のところへ」
薔「え、それって…」
薔「薔薇水晶、結婚しよう」
薔「ジュン…嬉しい…!」
ジ「夏だな」







ジ「あ、子犬だ」
薔「ほんとだ…可愛いね」
ジ「僕犬大好きなんだ」
薔「そうなの?」
ジ「うん、飼い主に懐いてくれて、それに素直だし」
薔「………」


薔「というわけで…わんわん」
ジ「なにがというわけで犬耳にくきゅーハンドに尻尾まで」
薔「わんわん…ジュンの大好きな子犬だよ?」
ジ「子犬っていう大きさじゃない」
薔「でもジュンに懐いててとっても素直…わん」
ジ「懐いてるかはともかく素直…かな?」
薔「で、でもほら、にくきゅーぷにぷに…尻尾も…わん」
ジ「本物には…」
薔「……うぅ…」
ジ「はは、ごめんごめん、少しからかい過ぎた」
薔「…意地悪」
ジ「ごめんよ、犬ばらしー可愛い可愛い」
薔「………ぷい」
ジ「あちゃ…そっぽ向いちゃった…」
薔「…………」
ジ「薔薇水晶、こっち向いて」
薔「……なに……ん!?」
ジ「ん………これで許してくれる?」
薔「…いきなりだから…わからない………もう一回…キス…」
ジ「なんどでもしてあげるよ」
薔「ん………わん///」








薔「…眠い」
ジ「寝ればいいじゃないか」
薔「ん……パジャマ…パジャマ…」
ジ「着替えて早く寝ろよ」


薔「んー………」
ジ「着替えたのか、早く…て、ちゃんとパジャマのボタン占めろよ!その、み、見えてる…ぞ」
薔「んー…」
ジ「…だめだなこりゃ…ほら、ボタン占めてやるからこっちこい」
薔「ジュンー…」
ぎゅ
ジ「う、うわ!?薔薇水晶!?」
薔「んふふー…抱き枕ー…」
ジ「ちょ、僕は抱き枕じゃ…!」
薔「…あったかい……すー…すー…」
ジ「ね、寝ちゃった…ていうかこの位置だとむ、胸が…」
薔「…んん………」
ぎゅー
ジ「あ…え、えっと…どうしよう…」







薔「…………」
ジ「ば、薔薇水晶、いつまでも抱き付いてないでそろそろ離して…」
ギリギリギリ<脇腹を抓る音
ジ「いだだだだだ!?」
薔「…銀ちゃんに抱き付かれて鼻の下伸ばしてた」
ジ「い、いや、それは…」
薔「…だめ、許さない」
ジ「どうすれば許してくれる?」
薔「…許さない…ずっとこのまま」
ジ「…うーん、それは困る」
薔「私は困らないもの…ジュンが浮気しないように、ずっとこのまま」
ジ「いや、困るよ」
薔「なにに?」
ジ「後ろから抱き付かれてるこの状態じゃ薔薇水晶にキスできない」
薔「………」
ジ「それに僕から抱き締めることも出来ないし頭をなでることも出来ないね」
薔「……………」
ジ「それでもいいの?」
薔「…………意地悪」
ジ「そうでもないよ…さ、離して」
薔「……うん…………ジュン」
ジ「ん?」
薔「ジュンの彼女は…私だからね…ジュンにぎゅーてして貰ったりなでなでして貰ったりキスして貰えるのは私だけだからね?」
ジ「当たり前だろ…僕はもう薔薇水晶なしじゃ生きて行けないぐらい君を愛してるんだ」
薔「うん………ジュン………私も……愛してるよ…♪」





|