※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第5話「目撃者」


-そして翌日の放課後-

JUM「(見つけた!白崎)・・・・」

タタタタタタ・・・・

翠「あれ?あれはジュン・・・白崎先生を追いかけてるみたいですけど・・・」

JUM「(気づかれないようにと・・・・)・・・・」

翠「JUMはなにをしてるんですかね、ちょっとおいかけるですぅ」

JUMのあとを翠星石がそおっとおいかける・・・

JUM「(あれ?く・・・見失った・・・)・・・」

白崎「やあ、桜田君どうしたのかな?」

JUM「?!、何?!」
ジュンは驚いた無理もない
突然いなくなったとおもえば
自分のすぐ後ろにいたからであった

翠「(あれ?ジュンと白崎先生?何はなしてるんですかね・・・)」

翠星石はそっと耳を澄ます・・・

白崎「君は普通の子じゃないね、クク」

JUM「チッ、ばれちゃいましたか白崎先生」

白崎「君があのShadow Assassinですか?」

翠「(Shadow Assassinってなんです?)」

JUM「ばれてるようだな・・・たあ!」

JUMは白崎に殴りかかるがかわされる

翠「(?!、ジュン?先生もなんの話ですぅ?)」

白崎「クク、我々黒い翼の邪魔はさせませんよ」

JUM「だが、僕達の邪魔もさせん」

と、いったとたんサイレンサーつきの拳銃をとりだした

ビチュン!
と、小さな銃声がながれる

白崎「くっ・・・」

JUMは銃を白崎にむける・・・

JUM「白崎、黒い翼の本部はどこなんだ?」

白崎「おしえるわけにはいかないな」

翠「(?!、なんですかこの展開?!白崎先生って・・・それにジュンって・・・)」

バキッ・・・
翠星石が足元にあった枝をふんだ

JUM「?!、誰だ?!」

翠「(あう・・・ばれたですぅ!)す、翠星石ですぅ・・・」

JUM「翠星石?!」

と、ジュンが驚いた瞬間に白崎はナイフをだして
翠星石に近づいて翠星石にナイフをむけた

翠「ひゃっ?!し、白崎先生?!」

白崎「クク、君には人質となってもらいますよ」

JUM「翠星石!」

白崎「それ以上近づくとこの子の首から血がながれますよ、クク」

JUM「くそっ!」

翠「あわわ、ジュン!助けてですぅ!」

JUM「くっ!」

白崎「クク、はやく銃をすてなさい」

JUM「わかった・・・」

翠「ジュン・・・!」

ジュンはサイレンサーつきの拳銃を白崎の足元になげた
その瞬間!足にかくしてあった銃をとりだし
撃った

バン!

白崎「ぐぁ!・・・・」

翠「ひゃっ!・・・(うう、翠星石は死んだですかー?!)・・・アレ?」

翠星石はいきていた
そして白崎は頭に銃弾を受けて死んでいた

JUM「チッ・・・・」

翠「翠星石は・・・いきてる・・・・?」

JUM「・・・・」

ジュンは無言で近づき手を出す

翠「あ、ありがとですぅ・・・」

JUM「ちょっと家にきてくれ・・・・」

翠「え・・・はいですぅ・・・」

帰る途中巴にあった・・・

巴「桜田君?・・・」

JUM「巴、体育館の裏の後始末頼む」

巴「(やっちゃったのね)ええ、わかったわ・・・」

JUM「それとめぐといっしょに家にきてくれ」

翠「(な、なんの話ですぅ?!後始末って・・・)」

そしてJUM宅の地下室・・・

JUM「・・・・・」

ジュンは黙り込んでいた・・・

翠「(地下室があったなんて・・・しかも射撃場?・・・)」

翠星石は混乱していた


ガチャ・・・

巴「おそくなったわ」

めぐ「同じく」

JUM「・・・翠星石」

翠「は、ハイ?!ですぅ」

JUM「どこからきいてたんだ?・・・」

翠「えと、最初からですぅ・・・」

JUM「そうか・・・」

と、いってジュンはしゃべりだした・・・


次回第6話「秘密」に続く
|