※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「超機動戦記ローゼンガンダム 第三十二話 片翼の天使」


戦場は激戦を極めていた。空の至る所で光が輝き、そして赤い炎が灯る。
「ピチカート起動!ホーリエ、エネルギーチャージ!!目標、前方敵艦!!」
サクラダに襲い掛かるミサイルは自動迎撃システムのレーザーによって撃ち落される。
「主砲、エネルギーチャージ完了です!射線上に味方機はありません!」
巴の声が艦内に響く。JUMも声を張り上げる。
「よぉし!ホーリエ、薙ぎ払ええええええええ!!!」
サクラダ中央に搭載されている主砲が赤い砲撃を繰り出す。
不幸にも射線軸にいたアリスの機体はその砲撃に飲み込まれ、同様に標的だったディアーズも
光の中に消えていった。
「いい調子だな、JUM!」
金色の機体、スーパーサイヤジンに乗ったべジータが声をかける。
「お前こそ、調子に乗って死ぬんじゃないぞ?」
ベジータは自分に向かって撃たれたビームに手をかざす。腕部内臓Iフィールドバリアがそのビームをかき消す。
「はっ!俺を誰だと思ってるんだ?SAIYAのべジータだぜ?」
迫り来るバーズの攻撃をかわし、強力な蹴りをかます。吹き飛んだバーズに向けて銃器を向ける。
「喰らいやがれ!ギャリック砲!!!」
大口径超高インパクト砲ギャリック砲。その銃弾は近くの機体を巻き込んでいく。
「ははっ、あいつ張り切ってやがるな。よぉし、僕らもいくぞ!レンピカ、スィドリーム照準!
ターゲット正面!砲撃を開始しろ!!」
サクラダの右舷と左舷から2連装の副砲が放たれる。戦いはまだ、始まったばかりだ。


「はぁああああ!!!」
「ふぬうううんん!!!」
ガインと刃がぶつかり合う。その度に火花は散り、尚も武器を打ち付けあう。
片方は、漆黒の翼を持ち、魔剣を冠する剣ダインスレイブを持ち。もう片方は血で染め上げたような
真っ赤な機体に同じように真っ赤な魔槍ゲイボルグを持っている。
「これならどうだい!?」
赤い機体、プラムがホーミングミサイルを放つ。普通のより追尾がしつこそうなミサイルが飛び交う。
「あらぁ、何回やっても私には無駄よぉ、おばかさぁん。」
漆黒の機体、スイギントウが背部から羽のようなミサイル、フェザーファンネルを放ち、ホーミングミサイルを
全て撃墜させる。
「あはははっ、さすがだね。この前僕を邪魔したクソガキとは大違いだよ・・・ふふふっ・・・思い出すだけで
ムカツクなぁ・・・僕があのクソガキに止めをさしてその苦悶に満ちた表情をあざ笑って握りつぶして
やりたかったのにねぇ!!」
梅岡の顔が狂気に歪んでくる。
「・・・雛苺の事かしらぁ?だったら・・・水銀燈があんたの汚い顔を苦悶に満ちた顔で握りつぶすわ!」
翼を広げ、高速で接近し、剣を振るう。プラムは槍の柄で受け止め反撃の機会を伺う。
スイギントウの連撃は止まる気配がない。
「あんたがあの子を殺した・・・あんたが・・・あんたがああああ!!!」
「おや、思ったより激情家な天使さんだね。いいよ、その顔・・・凄くいい・・・僕の中の性欲が
その顔を歪めたいと暴れてる・・・あははははははは!!!」
プラムの槍が強く弾き、そのまま攻勢に転じる。しかし、水銀燈も負けじと剣を振るう。


「分かるかい、天使さん!?僕にとって死の顔とはこれ以上ない至福なんだよ!特に、絶望に駆られた顔
は最高だね!そう・・・桜田のクラスメイト達のようにねぇ・・・」
ぺロリと梅岡が舌なめずりをする。
「・・・まさか・・・・」
「そう、僕がこの手で殺したよ!最高だったよ、天使さん!?信じてた者にあっさり殺される顔の絶望感は!
僕は何回もイッタよ!ああ、以前桜田にビデオ送ったろ?実はさぁ・・・アレ、僕が殺す寸前に撮ったんだよ。」
水銀燈は思い出す。JUMが見たという短かった学生時代の友人達のビデオ。それは、恐怖に怯え、
JUMに助けを求めてるなんとも胸糞悪くなる奴だ。
「うふふふふふ!!僕がねぇ・・・これは後で桜田に見せるんだといったら、最高の顔でタスケテタスケテ
ってさぁ!!あああああーーーーッはははははははははは!!!」
「あんたぁ・・・心底腐ってるわね・・・」
水銀燈が完全に侮蔑の目を向ける。しかし、それすら梅岡は快感に変えている様子だ。
「いいよぉ、その顔・・・まぁ、殺したのは僕がせっかくアリスの素晴らしさを説いてあげてるのに
一向に理解する様子がなくてね。おかしいよねぇ、学生の時は先生の教える事はちゃんと聞いたのに。
先生の言う事聞かない奴は・・・お仕置き。当然だよねぇええええ!!」
プラムがダブルビームライフルを連射する。スイギントウは回避しながら、厳しいものはその翼を広げて
防御する。拡散されたビームが羽のように舞い散る。
「だったらぁ・・・あんたみたいな人の道を外れたおばかさんはぁ・・・水銀燈がお仕置きしたげるわぁ!
あんたの死を持ってね!!」


「いいよぉ、すっごくいい・・・ああ、僕イッチゃいそうだよ・・・心配しないでね。天使さんは僕はゆっくり
じっくり、その美しい顔の歪むのを見ながら殺してあげるからさぁ。」
再び刃がぶつかり合う。そして、スイギントウはそのまま機体を半回転させ、その漆黒の翼を
プラムにぶつけようとする。そのうごきが予想外だったのかプラムは右足をもぎ取られる。
「そのまま死ぬ?おばかさぁん。」
「なにぃ!!てめぇ・・・人が大人しくしてりゃつけあがりやがって・・・」
「いいじゃない、その顔。いい加減、人の皮をかぶるの止めたら?あんたは最早人じゃない。
ただの悪魔よ。」
水銀燈が冷たい目を梅岡に向ける。梅岡の顔が完全に狂気に滲んだ。
「ぎゃはははっは!そいつはいいな!だがなぁ、俺は自分でニックネームは決めてあんだよぉお!」
「あら、悪魔か変態教師じゃご不満かしら?」
梅岡の顔の筋肉のいたるところが不規則にピクピクと引きつる。
「ああ。俺には『快楽殺人者』ってぇいかしたのがあるんでねぇ!てめえも俺の快楽に飲まれるかぁ!?」
さっきより遥かに激しい殺気を込めた槍の一撃がスイギントウを襲う。しかし、スイギントウだって負けては
いない。激しい攻撃をダインスレイブで受け止め、反撃を狙う。
「俺はな!アリスがどんな世界を作ろうが関係ないんだよ!ただ、人を殺せりゃそれでいいんだ!
アリスはそれを許可している。素晴らしいだろおがよぉ!?」
尚も激しく打ち合う二機。その激しさは増す一方だ。
「下らない。あんた、心臓の芯から腐ってるわねぇ・・・」
「心臓かぁ・・・そうだ、いい事教えてやるよ天使さん。このゲイボルグってのはよぉ・・・」
プラムが少し後退し、槍を引き絞るように構え・・・
「元々は投擲の武器なんだよぉおお!!」
「なっ!?」
そして、投げた。唸りを上げ飛んでいく魔槍。意表をついた攻撃にスイギントウは回避できず・・・
槍は左胸を貫通し、その左の翼をも奪った。



「うわああああああ!??」
コクピットに大きな衝撃が走る。ダメージが大きい。コクピットは外れてはいるが・・・
「ひゃっはああ!!いいぜぇ、その顔!!イキそうだぜぇ!!」
プラムがさらに急速接近し、左胸を貫いて刺さっているゲイボルグを手に取り、振り払う。
「がっ!!っく・・・・左腕が・・・」
スイギントウの左腕は完全に消失し、左の翼の発生装置も大破している。
恐らく、ファンネルも半分しか射出できないだろう。
「いい!これは美しいな!俺は天使の翼を捥いだんだ!!
だが・・・片翼を捥がれた天使は落ちるしかないんじゃないかぁ?」
梅岡にとって、天使の翼を捥いだのは相当な刺激だったのかもしれない。天使とは美しく高貴な
存在。それは理性をなくした梅岡にも存在する感情だった。そして、その天使の翼を自分は
奪った。その感覚が、歓喜が、彼を支配していた。
もし、スイギントウに翼が無ければ、彼は一気にコクピットを潰していたかもしれない。
それをしなかったのは、自ら快楽殺人者と名乗り、理性の壊れた男が抱いていた
ほんの少しの幻想。そして、彼は愚かにもその幻想に抱かれて死ぬ事になるのだった。
「おばかさぁん・・・・」
それが、彼が最後に聞いた言葉だった。彼は、確かに天使の片翼を奪った。
だが・・・奪ったのは片翼に過ぎないのだ。
彼は、漆黒の翼に抱かれその身を真っ二つに割られ絶命した。


「な・・・・なぜ・・・・」
彼は薄れ行く意識の中で思った。自分は天使の翼を奪った・・・なのに・・・なぜ飛べる?なぜ・・・戦える・・・
なんて事は無かった。確かにスイギントウは左の翼を潰された。しかし、そこで何故か立ち止まったプラムに
残った右の翼を展開し、そのまま機体を回転させ翼をぶつけた。ただ、それだけだったのだ。
「貴方ったら、ほんとにほんとにおばかさん・・・」
真っ二つになったプラムを見ながら水銀燈がつぶやく。そして、数秒後、その機体は爆炎をあげた。
「私は初めて会ったとき言ったはずよぉ・・・天使なんかじゃない・・・てね・・・」
水銀燈はそれだけ言うと、プラムに振り返ることなく戦場を見る。
全ては梅岡が抱いた幻想。片翼の天使は飛べない・・・その幻想が自分自身を殺したのだ。
左腕はない。翼も片方しかない。だからって、戦いをやめるわけにはいかない。
再び戦場へ飛び立つ漆黒の機体。その姿は美しくまるで、片翼の天使のようだった。


次回予告 変態梅岡を倒した水銀燈。しかし、戦いは未だに続いている。
槐と対峙する雪華綺晶。戦ううちに槐の口から信じられない言葉を聞く。果たして、その内容とは。
そして、二人の因縁の戦いはどちらが制すのか・・・
次回、超機動戦記ローゼンガンダム 神になろうとした男 その野望、打ち砕け雪華綺晶!

|