※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~第11話 作戦会議~

金糸雀は自分に良い考えがあると名乗り出た。
金「薔薇学園一の頭脳派、この金糸雀にお任せかしら~」
ジ「え~っと、他に何か意見のある人いるかい?」
金「ちょっと、カナの話はまだ終わってないかしら!」
ジ「なら早く言ってくれ」
ジュンや薔薇乙女達も呆れた表情だった。
金「コホン!カナの作戦はまず囮をつくるかしら。
そしてその囮が密かにみんなに情報を与え、梅岡の隙をついてみんなで襲撃!
まさしく楽してズルして梅岡の命を頂戴かしら~」
ジ「誰が囮になるんだ?」
金「へっ?」
ジ「誰が囮になってみんなに情報を与えるんだ?」
やはり金糸雀だった。作戦を思いついたのは良かったのだが、
配役までは考えていなかったようだ。
金「ジ、ジャンケンで決めるかしら~」
一同「はぁっ~」
みんなため息をつきながらジャンケンをした。
全員「ジャンケン、ポン!」
結局、負けたのは雪華綺晶だった。

雪「うっうっ、どうして私が…」
ジ「がんばれよ雪華綺晶!」
雪「ジュン君!私ジュン君と離れたくありません」
雪華綺晶はジュンの袖を掴みながら言った。
ジ「雪華綺晶…」
真「…隅に置けないわね」
水「なぁ~るほど、同情を誘うわけねぇ」
翠「雪華綺晶、甘えてもダメですぅ」
蒼「運も実力の内さ」
金「がんばるかしら」
雛「雪華綺晶、がんばるのー」
薔「……ライバル…」
雪「うっうっ、そんなぁ~」
結局、雪華綺晶が囮の役をやることになった。
この作戦は明日の朝に実行されることにした。
今日は疲れたということでゆっくり休むことになった。

時間は午後8時。外は満月だった。屋敷の中も月の光が差し込んでいた。
薔薇乙女達は部屋でトランプをしていた。


雛「みんなで大富豪でもやるの~」
水「あらぁ、良いわねぇ」
翠「翠星石はいつも大富豪になるから、手加減してやるですぅ」
蒼「超大貧民になったところしか見たこと無い気がする」
金「カナの策略の前に敵は無しかしら~」
薔「階段シバリ…してやる…」
雪「それだけは勘弁してね」
真「うるさいわね!静かにしなさい」
雛「真紅はやらないの~??」
真「そんな子供騙しやるわけないでしょ!」
翠「ぷっ、きっとルールを知らないですぅ」
水「真紅はきっと自分の胸と同じような貧民になりたくないのよぉ~」
真「なんですって~!やってやろうじゃないの!」
ジ「昼はあんなことあったのにみんな元気だなァ」
ジュンは窓から満月を見ながら独り言を呟いていた。
ジ「そういえば、梅岡は満月がどうとか言ってたな。
満月になると何か起こるのか?」
ジュンは嫌な予感がしていた。
その時、屋敷中に狼の鳴き声が鳴り響いた。
ウオオォォ~ン!ワオオォォ~ン!
全員「!!!」
薔薇乙女達はすぐにトランプを止めた。
ジ「廊下からか!?」
ジュンは廊下に飛び出した。廊下には誰もいなかった。
ジ「どこから聞こえたんだ?下の階からか?」
真「今の鳴き声は?」
薔薇乙女達も部屋から出てきた。


ジ「分からない。だが下の階から聞こえてきた気がする」
雪「下の階まで行ってみますか?」
ジ「よし、様子だけ見に行こう」
ジュンを先頭に全員下の階へ行った。
相変わらず、3~5階は無人で何もなかった。
ジ「あとは梅岡のいた2階だけか…」
ジュン達は恐る恐る2階へ降りていった。
2階はシ~ンとしていた。
ジ「梅岡もいないのか?」
そう思いながら歩いていくと前に人影が現れた。
ジ「ついに出たか!」
真「次は負けないわ」
水「今度は手加減しないわよぉ」
みんなが武器などを構え、戦う準備をした。
しかし人影の正体はあの兎だった。
ジ「またあの兎か…」
兎「あの兎とはなんですか。せっかく、貴方達に情報を与えようとしましたのに」
ジ「情報?なんだそれは?」
兎「今ご主人様に近づかない方が身のためですよ」
ジ「どういう意味だ?」
兎「念のため貴方達に伝えておきますがあの方は狼男なのです」
全員「狼男!?」
兎「そうです。満月になると狼男になり暴れてしまいます。
一応、理性はありますけどね」
ジ「なんでそんなことをわざわざ僕達に教えたんだ?」
兎「実は貴方達にあの方を倒して欲しいと思いまして」
全員「!!」


兎「私もウンザリしています。
あの方のせいで私は殺人の手助けをしてしまいました。
私もこんな仕事をやらされるとは聞いてもいませんでした。
どうかお願いします。あの方を倒してください。
あの方を倒せばこの屋敷から出られます」
薔薇乙女達は兎を疑っているようだった。
しかし、ジュンは少し考えてから頷いた。
ジ「……分かった」
一同「ジュン!」
兎「おぉ、ありがとうございます。ではお願いします。
ピンチの時にはこの私がお助けしますので。ではっ!」
そう言うと兎は消えてしまった。
真「ジュン、なんであの兎の言うことを聞いてしまったの?
主人である私の言うことは聞かないくせに」
水「ジュンはやっぱり優しいのねぇ~」
翠「ちび人間はお人よしですぅ~」
蒼「ジュン君どうして…」
雛「うにゅ~、よく分からなかったの~」
金「いよいよカナの策略を使う時が来たのかしら~」
薔「いよいよ終止符を打つのね…」
雪「結局あの作戦を使うのですか~?(半泣)」
ジ「まぁ、あの兎も悪い奴じゃないさ。それより今行くか?それとも明日にするか?」
金「もちろん、明日に…真「今から行きましょ!」
金「真紅?」
真「いよいよ大詰めよ!」
水「今度こそ負けないわぁ~」
金「でも、カナの作戦は?」
翠「誰もマヌケな策士の作戦なんか期待してないですぅ」
金「ガ━━(゜ロ゜;)━━ン」


蒼「さぁ、心の準備はOKかい?」
雛「ヒナもがんばるの~」
薔「早く脱出して…ジュンと…(キャッ」
雪「ホッ。囮にならなくて良かった…」
ジ「よし、行くぞ!」
一同「おーっ!」
9人の勇姿たちが今前進していった。

次回~満月は狼男の日~に続く

|