※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『貴女のとりこ』 第十回


両手を器にして、巴は飽くことなく水を汲んだ。
指の間から、ちょろちょろと漏れた水が、二の腕を伝って肘の先から落ちる。
けれど、肌が濡れることは、少しも嫌ではない。
寧ろ、気持ちよくすらあった。

存分に喉が潤され、些かお腹がタポタポいう感じになると、次は顔を洗う番だった。
本当は、頭からザブッと浴びたかったけれど、それをするには洗面台が狭すぎる。
やむを得ず、洗顔と、両腕の汗を流す程度にしておいた。
それだけとは言え、肌のベタベタ感が解消されて、寝惚けていた思考がスッキリする。

「はぅ…………気持ちいい。まるで、生まれ変わった気分」

どうせなら、全身の汗を拭いたい。そんな欲求に駆られた瞬間、巴は、ふと思い付いた。

「そうだわ。スカートを水に濡らして、タオル代わりにすれば良いのよ」

生地がごわごわして、拭き心地は悪かろう。
が、肌のベタ付きとむず痒さを我慢し続けるよりは、数倍マシだ。
どうせ、暫くは――もしかしたら、もう二度と――穿く事も無いだろうし……。
なによりも、雪華綺晶に触られまくった身体を、一刻も早く清めてしまいたかった。


漆黒の世界で、巴は床に這い蹲り、さっき脱ぎ捨てた衣服を、手探りで捜し当てた。
そして、スカートで顔や腕の水滴を拭うと、また壁伝いに洗面台へと取って返し、
当初の目的を遂行する。
巴は、汗で湿ったスカートを折り畳んで、流水に浸した。

右肩の怪我を庇いながら身体を拭くのは、想像以上に大変な仕事だった。
けれど、重労働を終えて汗ばんでいた肌がサッパリすると、
そんな苦労もどこかへ吹っ飛んでしまった。


人の心理とは不思議なモノで、ひとつの問題が片づくや、
他の問題の解決法を思い付いて、連鎖的に解消できることが間々ある。
すっかり気持ち悪さが払拭されて、リラックスした巴の頭にも……ある考えが閃いた。

(扉の下の隙間から、助けを求める手紙を出したら良いかも!)

紙なら、トイレットペーパーが有る。
インクなら、既に用意が出来ている。
あと必要なものは、間違いなく文章を書くための、照明だけ。

巴は、壁と洗面台の位置関係から、簡易ベッドの方向を見当づけて、
闇の中を這って進んだ。
時々、じっと身動きを止めて耳を澄ます。
雪華綺晶の寝息が聞こえる方角を確かめて、再び、四つん這いで進み始める。
両手は、絶えず前方の床を調べ回り、指先に当たる何かを捜し続けていた。


そろそろ、ベッドの側まで来たかと思った矢先、右手の指先が、固い物に触れた。
巴の心臓が、ドキン! と跳ねる。触れた感じからして、金属ではなかった。
ひとつ、唾を飲み込み、巴は慎重に両腕を伸ばしていく。
やっと見付けたのに、焦ってどこかに弾き飛ばしたりしたら元の木阿弥だ。

(落ち着いて。慎重に…………慎重に…………)

やっとの想いで、手に馴染んだ携帯電話を握り締めた瞬間、
巴は胸の底から安堵の息を吐いた。
宇宙ステーションでロボットアームを操るオペレーターも、
こんな緊張を強いられているのかしらと考えたら、ちょっとだけ笑みが零れた。

――でも、これはまだ序章にすぎない。

(……落としちゃった時に、壊れてなければ良いんだけど)

バックライトのボタンに親指を添えて、巴は祈った。


(お願いっ! 点いてちょうだい――
 お願いだから! もう一度、わたしに光を与えて!)


念を込める様に、ぐっ! と、ボタンを押す。
巴の手の中で、拍子抜けするほどアッサリと、光が迸った。

「やったわ、壊れてない!」

となれば、直ぐにでも計画の実行に移らねば。
バッテリーの容量には、まだ余裕がある。しかし、いつ壊れるとも限らない。
いま出来ることは、可能な内に済ませてしまうのが良策だった。

バックライトで照らして、トイレットペーパーを、ロールごと確保すると、
巴は鉄扉の前に行き、両膝をついた。
ペーパーを適当な長さに引っぱり出して、床に広げる。
あとは、指先にインクを付けて、文字を書いて行くだけ。

だが……それが問題だ。
巴の身体が、極度の緊張と恐怖に、戦慄き始めた。


巴は、何度も深呼吸を繰り返して、少しでも恐怖心を和らげようと努めた。
早くしなければ、雪華綺晶が目を覚ましてしまう。
早く、目的を遂げなければ。

右腕を折り曲げて、人差し指を、鎖骨の傷口に宛う。
骨が露出しているのか、指先に固い感触があった。
右手首に、左手を添えて、しっかりと固定する。


はあっ、はあっ、はあっ、はあっ…………。
はっ、はっ、はっ、はっ、はっ…………。


呼吸は乱れ、全身の毛穴が開いて、汗が滲み出してきた。

(怖い。痛いのはイヤ)

――でも、やらねばならない。生き延びたければ、やるしかない。

ある種の強迫観念に取り付かれて、巴は他の発想に辿り着けずにいた。
今度こそ、息の根が止まるまで雪華綺晶をデッキブラシで殴りつけて、
その血を利用するなんて冷酷な手段を、思い付ける状態ではなかった。

巴は意を決して、息を呑むと、右の人差し指で生乾きの傷を抉った。

「ぁんっ……くぅぅっ!」

とてつもない激痛に全身を蹂躙されて、背を仰け反らせる巴。
歯を食いしばって堪えたものの、喉の奥から苦悶が漏れ出してくる。
双眸から止めどなく溢れる体液が、頬を流れ、顎の先から胸の間に流れ落ちた。


ぐちゅり……。

引き抜いた指先に、粘っこい血液が、たっぷりとこびり付いている。
再び、出血が始まっていた。

「……っかはっ! はぁっ! はぁっ! はぁっ!」

漸く、詰めていた息を吐き出して、巴は肩で荒々しい呼吸を繰り返した。
しかし、まだ終わりではない。
巴はギュッと目を瞑って、涙に滲む視界を明瞭にすると、
痛みに震える右の手首に左手で握り締めて、薄い紙の上に血文字を綴り始めた。

紙の吸収性が良すぎて、文字の縁が、じわじわと滲んでしまう。
大きめに書かなければダメだ。複雑な漢字も、文字が潰れてしまうから使えない。
巴は失敗した部分を千切って捨てると、傷口から滴る血を指先に付け、
バックライトの角度を調節して、思い付くまま感情を書き殴った。

  桜田くん わたしは、ここに居ます 助けて 早く助けにきて おねがい

自らの血でしたためた、ジュンへの手紙。
彼は、読んでくれるだろうか? ううん……この際、彼でなくても構わない。
誰でもいいから、この伝言を目にして欲しい。
こんな生き地獄から、救い出してくれるなら、誰でも――

トイレットペーパーの手紙を二つに折って、僅かに強度を持たせる。
そう細工してから、巴は慎重に、鉄扉の下の数ミリしかない隙間に押し込んでいった。

する……するる……。

彼女の切望が込められた手紙が、順調に送り出されていく。
地獄から、現世へと――
もしかしたら、扉の向こうにも地獄が広がっているかも知れないけれど、
巴にとって、そんな事は、どうでもよかった。
まずは、この部屋から出ることだ。他の問題など、全て後回しで構わない。


(わたし……生きて帰れるのかな)

携帯電話が発する淡い光に照らし出される、扉の下の隙間。
全ての手紙を呑み込んだ箇所を、巴は暫くの間、じっと見つめていた。

が、ふと思い付いて、もう一度、手紙を書き始めた。
次の機会が有るとは、限らないから。
これで、最後になるかも知れないから。

だから――――正直な気持ちを、書き残しておこう。
今までずっと、伝えたいのに言えなかった、この想いを。


  桜田くん

  わたし 柏葉巴は あなたのことが 大好きです

  今も――

  そして これからも ずっと――

  あなただけを あいしています  

  会いたいな 大好きな あなたに

  きっと また会えるよね 



「……やっぱり、恥ずかしい」

改めて読み返してみると、巴は顔から火が出るような思いがした。
でも、捨ててしまおうなんて、考えたりはしない。
稚拙な表現しか出来ないけれど、彼への想いは込めたつもりだ。
今まで、ずっと……この小さな胸に閉じ込めてきた、切なる想いを。

だったら、なんとしてでも、伝えなければならない。
恥なんて、かなぐり捨てて、届けなければならない。
ここで手紙を捨ててしまったら、彼への未練を断ち切ることに等しいのだから。

鉄扉の向こうに、輝かしい未来が広がっていると信じて――
この想いを、未来へと送り出そう。


長々と血文字の書き記された紙を、するすると扉の下に滑らせていく。
途中で何度も引っかかって、破れそうになったけれど、
なんとか無事に、全てを送り出すことが出来た。

(彼が読んだら…………どう思うかな?)

多分、彼は、わたしの気持ちに気付いている。
そんな確信が、巴には有った。
だって、十年以上も寄り添いあった、幼なじみだから。
今更、思慕の情を口にしなくても、分かり合えていると思っていた。

でも……それは身勝手な思い込みだったのかもしれない。状況に甘えて、積極的になれなかった。
人の思念なんて、所詮、空気みたいなもの。そこに有って、そこに無い。
目に見えるカタチにしなければ、伝わらない。気付いてもらえないのに――

(もっと、あけすけな態度で、彼に接していたら良かったの?)

考えて、巴は吐息混じりの苦笑を漏らした。
それが出来る性格ならば、他のことでも苦労はしていなかっただろう。
しかし、今までは今まで。これからは、これから。
その気さえ有れば、人生、幾らでもやり直せる。

(ここから出られたなら…………わたし、きっと)

携帯電話のディスプレイでバッテリー残量を確かめながら、巴は、決意を新たにした。

だが、突如として、巴は急激な目眩に襲われた。
一向に止まない頭痛が、更にガンガンと痛んで、身動きする気力すら奪っていく。
今にも胃の中身を吐きそうだ。とてもじゃないが、立ち上がれそうにない。
巴は蹲ったまま、額に手を当てて、頭痛に耐え続ける事しか出来なかった。

(なにこれ…………頭が……割れそう。痛、い……痛いよ…………桜田くん)

意識が朦朧として、気を緩めた途端、気絶してしまいそうな激しい頭痛。
こんな症状は、産まれて初めてだった。
バックライトの明かりが、ぼんやりと霞んで見える。

(なんで? どうして、こんな――)

質の悪い水を飲んだから? 有り得ない。水あたりならば、腹痛が先だ。
となると、やはり重度の熱中症なのだろうか?
それとも、傷口から破傷風菌などの病原菌が入ったのか?
いずれにしても、変化が急激すぎる。通常ならば、潜伏期などを経る筈だ。
それが無かった。
全身の筋肉が弛緩したみたいに、気怠い。まるで……麻酔をされたかの様だった。

「桜田……くん。助……けて」

自分の身体に、何が起きているのか解らない。全く、何も――


――否。

…………ひとつだけ。

たった一つだけ、朦朧とする意識の中で、解ることが有った。



「桜……田く……ん。ご……めんな……さい。
 わたし……もう、貴方……に会えな……いよぉ。
 こ……んなにも……会い……たい…………のに――――」



  桜田くん――



  わたし、柏葉巴は……貴方のことが大好きでした。






  もう一度――



  たった一度で良いから、会いたかったなぁ――



  大好きな、貴方に――



  さようなら…………桜田くん。



  わたし、本気で愛してたの――――


  ~第十一回に続く~

|