※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「薔薇水晶、もうちょっとスピード落とすです」
「……でもこれ以上落としたら後ろの車にぶつけられるよ……」
「でも制限は60キロですよ」
「でも他の車はそれ以上で流れているから……」
 確かに他の車は少なくとも60キロ以上で飛ばしている。80キロ以上は出ていると思う。
 今走っている道路は一応国道となっているが、実際は高速道路といっても差し支えないつくり……というか、高速そのものだった。
 ぱっと見ただけでは100キロで飛ばしても差し支えない道だ。
 現に追越車線を飛ばす車は100キロは余裕で越えているだろう。


 京都へ祇園祭を見に行こうと、車で旅行に出かけた。
 最初は名神高速で行こうと思っていたものの、リフレッシュ工事とやらで大渋滞とのことだった。
 ダラダラと行くのも鬱陶しいので、豊田まで東名高速、そこから伊勢湾岸道、四日市から東名阪道と高速を乗り継いで、亀山から名阪国道こと国道25号線へと流れてきたわけなのだが。
 そこから奈良へ出て、そのまま北上すればいける筈なのだ。


 ただ、インターチェンジの数がやたらと多い。
 そのために地元車なんかが流入してきては、流れが悪くなるってのもしばしばある。
 おまけに道路のアップダウンが激しい。勾配がきついものもあった。
 その辺が普通の高速道路と違う点だろう。
 さらに覆面パトカーの数がやたらと多い。
 パトカーに捕まって、路肩に止めさせられたり、インターを降りさせられたりしている車を度々見かけた。
「まったく、このまま飛ばしていたら捕まっちまうですよ」
「……見つからなければ大丈夫……」
 薔薇水晶は本当にどこ吹く風といった感じだった。
 でも、何とか順調に飛ばしているわけだが。


 やがて車は三重県から奈良県へと入り、さらに進んで天理市内に入ったあたりだった。
 福住インターを過ぎたあたりで、やたらと『下り坂カーブ注意』だの『下り6.0%』だの『エンジンブレーキ・排気ブレーキ使用』だのといった看板が目に付く。
「なんかいかついですね。とにかくスピードを落とすです」
「……別に。翠星石は心配しすぎ……」
 薔薇水晶は特に気にする様子も無く、スピードを落とす気配も無い。


 すると、いきなり道路は下り坂になった。
 しかもやたらとカーブが多くなる。
「……これ……結構飛ばしがいがあるかも……」
 いきなりそんなことを口にしだす薔薇水晶。
 途端に、アクセルを吹かしだした。
「ち、ちょっと!何飛ばしてるですか!」
 慌ててスピードメーターを見ると、すでに105km/hだった。
 何時の間にか追越車線を走らせていて、隣の走行車線を飛ばす車を悠々と抜かしていく。
 すると目の前には遅いトラックが走っていた。
「ブレーキ掛けるです!」
 私は思わず叫んだ。
 しかし、薔薇水晶はそれをするどころか、前の車にパッシングをしていた。
 だが、隣の車線へ移る気配が無いので、いきなりハンドルを左に切って、無理矢理走行車線へと移る。
 その直後には別の車が走っていて、危うく接触しそうになったが。
「危ねえです!いい加減にするです!」
 だが、私のそんな抗議を彼女が聞くなんてことは無く、トラックを抜かすと再び追越車線へと車を戻す。
 すると今度は目の前に左に曲がる急カーブが。
 しかも、高速道路ではありえない、半径の小さい急カーブが迫っていた。


「……これ、最高」
 薔薇水晶は楽しそうな様子で、速度も特に落とすことも無く、カーブに差し掛かると、大きくハンドルを左に回す。さらにサイドブレーキに手を掛けて……
 って、ドリフトをやらかすつもりですか!?
 車はなんとかカーブを曲がりきった。
 もっとも危うく中央分離帯にぶつけそうにはなったが。
 さらに曲がった勢いがあまって、走行車線を走っていた車にぶりかりそうになる。


「ちっ……ドリフトができなかった……もっと飛ばそうかな……」
 舌打ちまでしちゃっている薔薇水晶。
 って、あんたはそれほど死に急ぎてえですか!?
「お願いだから、やめるです!翠星石まで巻き込むなです!」
 私は必死になって嘆願した。
 本気で薔薇水晶と心中してしまうのかとも思った。
「まだまだ……レッツトライ♪」
「ちょっとぉー!」
 その先もさらに右カーブがあり、猛スピードで突っ込んで、危うく隣の車にぶつけそうになるわ、無理な追越をかましてくれるわと……少なくとも遊園地のアトラクションよりも遥かに怖い思いをした。
 ようやく、天理東インターの手前あたりでこの急カーブ・急坂地帯は終わった。


「楽しかった……ここ無料だから、降りて引き返してもう一回やろうかな♪」
 薔薇水晶は上機嫌でインターを降りようとする。
「やめるです……」
 私は強引にハンドルに手を掛けて、インターを降りようとするのを阻止した。
「もう勘弁してほしいです。てか、やって死ぬことになったら一生呪ってやるです!」
 私は涙目になって薔薇水晶を睨みつけた。
「分かったよ……」
 つまらなさそうな感じで、薔薇水晶はそれをあきらめたようだ。


 数時間後、京都までたどり着いた。祇園祭の山鉾巡行の会場である四条通に着いた時には、くたくたになって祭りを楽しむ余裕などなかったのは言うまで
もない。


 後日、この話を水銀燈にしたところ――
「大変だったわねぇ。あの子も結構やんちゃしてくれるわ。
 というか、あの子の運転は本当に危ないわよぉ。免許を取るときに私の車を貸したのだけど、飛ばしすぎて見事にボコボコにされたし、教習所の卒検でも教官が死にそうになってたみたいだわぁ。
 しかも、名阪のΩカーブの下りでしょ。あそこ、日本でも死亡事故が多いことで有名だわぁ。私も走ったことあるけど、確かに危ないわよ。あんな所を平
気で100キロ以上で飛ばせたものねぇ」
 てか、そのこと早く教えてほしかったです!

|