※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


~第10話 あいつは悪魔?~

真「貴方がこの屋敷の主人ですって?」
梅「そうさ、この屋敷は僕の別荘さ。兎から報告は受けているよ。
君達強いんだって?なら、どれ程のものか試させてもらうよ」
そう言うと梅岡は薔薇乙女達に近づいてきた。
薔薇乙女達も危険を察知したのか全員武器を取り出し戦う準備をした。
先に先制したのは水銀燈だった。
水銀燈は黒い羽の一部を剣に変えて、攻撃した。
水「ジュンに何をしたの?放しなさい!」
梅「ほう、黒い羽ねぇ~。兎もたいそうな特殊能力を与えたものだ。
だが、全然駄目だな。使い慣れていない」
梅岡は水銀燈の剣を掴んで握り締めた。
水銀燈の剣は砕け散って破片が飛び散った。
飛び散った破片が水銀燈の顔を掠めた。
水「キャッ!」
一同「水銀橙(銀ちゃん)!」
水銀燈はかすり傷を負った。
水「な、なぁに?あの力は?」

次に蒼星石が立ち向かった。
蒼星石は鋏で梅岡の命を切ろうとした。
蒼「うおおぉぉ!」
蒼星石の鋏が梅岡に当たろうとした瞬間、
梅岡が鋏を蹴った。鋏は粉々に砕け散った。
蒼「は、鋏が…」
とにかく梅岡の力は凄まじかった。
梅「他の奴らはどうなのかな?」
そう言うと梅岡はかまいたちを起こした。
かまいたちはみんなを切り刻んだ。みんな、かすり傷を負った。
真「つ、強すぎるわ」
水「ケタ違いねぇ」
翠「やつは悪魔ですぅ」
蒼「まるで歯が立たない」
金「ふ、不覚かしら」
雛「いたいの~」
薔「…強い…」
雪「ジュン君がいれば…」
梅岡は笑いながら叫んだ。
梅「くっくっく、お前ら揃いに揃って弱すぎるな!話にならん。
残念だがもう終わりとしよう。さぁ、神への祈りは済んだかい?」
ズキューン!
梅岡が止めをさそうとしたとき、銃声が響いた。
一同「!!!」
梅「なっ!」
見ると、ジュンが目覚めて持っていた銃で梅岡を撃っていた。
梅岡はその場で膝間づいた。
一同「ジュン(君)!」
ジ「みんな、待たせたな!大丈夫だったか?」

ジュンは立ち上がり梅岡の前まで近づいていった。
ジ「先生、いや、梅岡!アンタには失望させられたよ。
さぁ、神への祈りは済んだかい?チェックメイトだぜ?」
梅「チェックメイト?くっくっく。笑わせるなよ!ガキが!」
すると、梅岡はジュンを足払いした。
ジ「なに!?」
ジュンは倒れこみ、梅岡に銃を取られた。
梅「さぁ、チェックメイトだぜ?桜田!」
ジ「くそ!」
一同「あぶない(格口癖)!」
梅岡が引き金を引こうとしたとき、ジュンたちの足元に穴が開いた。
ジ「うわぁっ!なんだこれは?」
真「落とし穴?」
水「まさか梅岡が…」
翠「卑怯ですぅ~」
蒼「ちくしょう!」
金「かしらぁ~」
雛「落ちていくの~」
薔「……トラップ…」
雪「きゃあああ!」
みんなは穴に落ちていった。
穴の上から梅岡は静かに穴の中を見ていた。
梅「…兎、なぜお前こんな余計なことを…」
すると、あの兎がどこからか現れた。
兎「おやおや、気づかれましたか。まあ、いいでしょう。
お楽しみはこれからですよ。それにまだ3時ちょっと。
貴方は月が出ている時の方が楽しく戦えるでしょ?」
梅「ふん、お節介が…」

一方、ジュン達は…
ジ「いてて。はっ!ここは?」
ジュンが見渡すと見たことのある風景があった。
なんとそこはジュンが最初にいた薔薇屋敷6階の部屋だった。
ジ「ここは確か薔薇屋敷の6階?あれっ?みんなは?」
周りに薔薇乙女達はいなかった。
ジ「みんな、どこにいるんだ~?」
ジュンが立ち上がろうとすると真紅がジュンの上に落ちてきた。
ドスッ!
ジ「いててて。真紅か?」
真「いたた。ジュン、しっかり受け取りなさい!」
ジ「そんなこと言ったってどうry…」
ドサッドサッ!
真紅に続き水銀燈、翠星石、蒼星石たちが天井からジュンの上に落ちてきた。
水「いったぁ~い」
翠「随分、上から落ちてきたですぅ~」
蒼「ふぅ、クッションが有って良かった」
金「助かったかしら~」
雛「でも、このクッションなんだか少し硬い…って、これジュンなの~!」
一同「!!」
ジ「は…早く退いてくれ…」
ジュンは気を失いかけていた。
薔「…ずっとこのままでいたい…」
雪「薔薇すぃー、変なこと言ってないでジュン君から離れなさい」
薔(ちっ!)
薔薇水晶は嫌々ジュンから離れた。

真「ところで、ここは何処なの?ジュン」
ジ「おそらく信じられないかもしれないが薔薇屋敷の6階だ」
一同「なんだってー!?」
みんなは信じられないような顔をしていた。
ジ「なぜだか分からないが、とにかく助かったんだ。
梅岡とはまた戦う羽目になるかもしれない。そのときのための作戦会議でも開かないか?」
すると金糸雀が突如、挙手をし始めた。
金「カナに良い考えがあるかしら~!」
全員(……期待できねぇ~)
みんな明らかに金糸雀を信用していないような顔つきだった。
マヌケな策士、金糸雀の考えとは?


次回~作戦会議~に続く

|