※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7話(最終話)「闇の王ローゼン」


JUM「そちらからきてくださるとは光栄だな・・・」

ローゼン「フン、貴様が槐たちをたおしたガキか・・・」

JUM「ああ、それがどうしだ?」

ローゼン「フン、生意気だな」

JUM「悪かったね」

ローゼン
「だがその口もこの無限刃で封じる」

ローゼン
「シャアアア!!!」

無限刃を地面にこすりつける

ボッ



JUM「なに?!刀から炎がでただと?!」

ローゼン「フフフ・・・」

ザシュッ!!!!!!!!

JUM「ぐあっ!」

ローゼン「どうだ?焼くと斬るをどうじにされた気分は?」

JUM「それがどうした!!!!!!!!!」

ザシュッ!!!!!!!!!!

ローゼン「くっ!」

無限刃をふりおとす!

それをジュンがバック宙でかわす

JUM「はああああああああああ!!!!」

ローゼン「おおおおおおおおおおお!!!!!!」



ザシュッ!!!!!

JUM「ぐふっ!」

グサ!

ローゼン「くっ!」


JUM「陰陽撥止!!!!!」

片方の小太刀をもうかたほうの小太刀でおして
敵にとばす・・・・が!

カキーン!

無限刃によってはじかれた

ローゼン「たあないなククク」

JUM「そろそろおわりにしようじゃないか・・・・」

ローゼン「ククク」

ローゼン「フ、さあかかってこい!!!フハハハハ!!!!」

JUM「はああああああああ!!!回転剣舞六連!!!!!!!!!!!!」

ローゼン「なにぃ?!」

ザシュ!ドス!ブス!グシャ!ブシュ!グシュ!ドシュ!

6連続攻撃!

ローゼン「あああああああ!!!!」

ザシュ!!!

JUM「ローゼンの首討ち取ったり・・・・」


スイドリーム「おわったな・・・・・」

レンピカ「そうだな・・・」

JUM「・・・・・・」

スイドリーム「約束どおりその強さのままでいさせてあげよう」

レンピカ「だが、ここでお別れだ」

JUM「?!」

スイドリーム「元々君はつよかったのだよ」

レンピカ「俺達の力がいらないくらいにね」

JUM「・・・・・・」

スイドリーム「ローゼンが消えた今俺達はまた眠りにつく」

レンピカ「そういうことだ」

JUM「そうか・・・・・」

スイドリーム「でも、小太刀自体はきえないから」

レンピカ「眠ってる間に売ったりしてもいいぞ」

JUM「なら、御神刀として俺の部屋にかざらせてもらうぞ・・・」

スイドリーム「それじゃ・・・」


スイドリーム
「(あの子にはつらいことをさせてしまった
かもしれないね)」

レンピカ
「(あの歳で血をたくさんみることになったからな・・・
普通の精神力じゃ精神崩壊してるところだ・・・)」


レンピカ「それじゃ、ひと眠りするから・・・」

JUM「ああ、御休み・・・」


そしていまにあたる

蒼「ジュン兄いー」

JUM「もう恋人なんだから呼び捨てでいいってば」

蒼「だってジュン兄いはジュン兄いのほうがいいから」

JUM「まったく・・・」

蒼「ところでここにかざってある刀はなんなの?」

JUM「ああ、俺の部屋の御神刀だ」

蒼「へぇー」


スイドリーム、レンピカありがとう・・・・

終わり



第6話 第7話(最終話)投下完了

ジュンの強さの秘密

ジュンの過去・・・・

「やさしさで包み込む~2nd ~Dark Hunter~」

投下完了・・・・

|