※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3話「Dark Hunter本部」


TLLLLLLLPLLLLLLL

蒼「はい、もしもし桜田ですが」

JUM「あ、蒼星石か?しばらく家留守にするから、じゃ」

ガチャ ツーツー

蒼「?・・・」

翠「だれからですぅ?」

蒼「ジュン兄いしばらく家留守にするってさ」

翠「とんだ不良兄貴ですぅ」

JUM「ここがDark Hunter本部なのか・・・」

レンピカ「そうだ」

JUM「こんなに人がいるのになぜローゼンとやらをたおせないんだ?」

スイドリーム
「それだけローゼンはつよい
強い手下も何人かいるからな」

JUM「そんなに強いやつらなのか・・・」

レンピカ「闘技場にいくぞ・・・」

JUM「ああ、わかった・・・」

-闘技場-

JUM「うわあ、いろんなひとが修行してる・・・」

レンピカ
「俺達の力だけじゃなくお前の基礎体力も
強さに関係するからな・・・・」

JUM「なるほどな・・・」

のり「あらぁ?新入りの子ぉ?」

JUM「あ、はい」

のり「私はのり、よろしくね・・・えーと・・・」

JUM「ジュンです」

のり「よろしくねジュンくん」

JUM「よろしくです」

のり「練習相手いないなら私が相手してあげるけどどう?」

JUM「よろしくおねがいします」


ドカボコドス!!!

JUM「くっ・・・・」

のり「ほらほら、若いんだからファイトよ」

JUM「はああああ!とりゃー」

ササッ

のり「あまいわね」

ドスッ!

バタ・・・

JUM「・・・・・・くっ」

のり「休憩する?」

レンピカ「その程度の力だとローゼンにはかてないぞ」

スイドリーム「それにお前の妹たちも守れないぞ」


守れないぞ 守れない 

守れ

守ってみせる!!!!!!!

JUM「ハアアアアア!!!!(ギロ!)」

のり「目の色が変わったようね」

ドス!ボコ!

のり「?!くっ」

JUM「守ってみせる!!!」

バコ!

のり「あ~れ~」

スイドリーム「そうだその力だ」

レンピカ「その力をいつでもだせるようにしとけよ」

JUM「わかった・・・はぁ」

のり「がんばって」

ドカーン!!!!

警報
「侵入者!侵入者!
闇の魔術師めぐがブロックAに進入!」

JUM「敵襲か?!」

|