※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2話「襲撃」


JUM「で、ローゼンってやつはどこにいるんだ?」

スイドリーム
「闇の世界にある 暗黒のアリス城と、いうところに
いるらしい」

JUM「そこにはどうやっていくんだ?」

レンピカ「それは・・・・(!)闇の使者がきたぞ!」

JUM「なんだって?!」

スイドリーム「俺達(小太刀)をとれ」

JUM「ああ!」

闇の使者
「あなたがDark Hunterですか・・・
まだ子供じゃないですか・・・フフフ」

JUM
「中二だから否定はしない
だが、お前を除去する・・・」

闇の使者「フフフ」

ザシュ!!!!!!!

闇の使者「ぐはっ!・・・な、なにぃ?!」

JUM「死ね・・・」

ザシュ!ズサッ!バシュ!!

闇の使者
「クッ、俺をたおしてもまだまだ仲間が
いることを忘れるな・・・ククク グフ!」


JUM「・・・・・」

ラプラスの魔
「ローゼン様さきほどおくった闇の使者が
やられたようです・・・・」

ローゼン
「やつは捨て駒にすぎんからな・・・
フフフ・・・めぐでてこい・・・」

めぐ「ローゼン様何かようでしょうか?」

ローゼン
「闇の魔術師めぐ お前の力をやつに
あじあわせてこい・・・・」

めぐ
「はっ!了解しました・・・フフフ」

ラプラスの魔
「闇の魔術師めぐ・・・闇の世界のものの中でも
強い魔術を持ったもの・・・フフフ」


JUM
「この夏休み中にローゼンをしとめないと
きついな・・・」

スイドリーム「フッ」

レンピカ「だろうな・・・」

JUM
「家にいると翠星石たちに迷惑かけそうだし
やつを探るのも兼ねてどこかいい場所しらないか?」

スイドリーム「Dark Hunter本部にいくか?」

レンピカ
「そうだな、あそこなら敵の情報も手に入るし
修行もできるぞ・・・・」

JUM「じゃあ、そこへつれてってくれ」

スイドリーム・レンピカ「わかった」



第3話「Dark Hunter本部」に続く!

|