※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第11話「蒼星石の想い」

蒼「ふぅ、できた!」

翠「ほぉ、よかったですねぇ」

蒼「うん・・・でも、僕の想い
つたわるかな?・・・」

翠「きっと、つたわるですぅ」



JUM「いってきます」

翠/蒼「いってらっしゃい(ですぅ)」

下駄箱にて・・・

パカ・・・ボロボロボロ

JUM「・・・・・(新手のイタズラか?チョコを下駄箱につめるとは・・・)」

JUMは鈍感であった・・・

-教室-

JUM「机のなかにもはいってるし・・・」

紅「はい、ジュン義理チョコよ」

JUM「ん?・・あ、そっか今日はバレンタインだったのか
どおりで下駄箱や机にチョコがあるわけね」

巴「はい、JUM君義理チョコ」

JUM「さんきゅ」

雪「ジュン様、ぎ、義理チョコです」

JUM「あ、ありがと・・・」

薔「毒入りチョコダヨ・・・」

JUM「遠慮しとく・・・(汗」

笹塚「おーい、ジュンチョコけっこうもらってるようだな」

JUM「ああ・・・俺甘いの苦手なんだけどな・・・」

笹塚「お前らしいな」
そして下校・・・・(省略しすぎですねすいませんorz)

蒼「ジュン兄いまってよー」

JUM「わかってる・・・」

蒼「やっとおいついた・・・」

JUM「あっ!」

ジュンの目の先には飛び出した子供と車だった

JUM「あぶない!!!!」

キィィィィィィガッシャーン!!!!!!!!!!


ピーポーピーポー・・・・・


TLLLLLLPLLLLLLL

ガチャ

笹塚「はい?もしもし笹塚ですが・・・」

翠「ジュン兄いが車にはねられたですぅ!!」

笹塚「なんだって?!」


蒼星石の話によると飛び出した子供をかばってはねられた
らしい、その子供は無事だったが・・・・・・・

蒼「先生!ジュン兄いは助かるんですよね?!」

先生「わからないができるだけのことはやった
あとは彼の生命力にかけるしかない・・・・」

蒼「そんな・・・・・」

-ジュンの病室-

蒼「ジュン兄い目を開けて・・・・
おねがいだから・・・」

ポロ・・・ポロ・・・
と蒼星石の目から涙がこぼれる・・・・

そのとき・・・・

JUM「う・・・・・・」

蒼「ジュ・・ン兄・・・い・・?ぐすん」

JUM「蒼星石?・・・・・う・・」

蒼「ジュン兄い!!よかった・・・よかったよお・・・
ひっく・・・・ジュン兄い大好きだよ・・・・」

JUM「俺も大好きだよ蒼星石・・・」

蒼「ちがうの、兄妹としてじゃなくて一人の男性として
ジュン兄いがすきなの・・・・ぐすん」

JUM「蒼星石・・・・・・」

蒼「ひっく・・・ぐすん・・・」

JUM「お前には泣いてる顔はにあわない
だから、笑ってくれ・・・」

蒼「ジュン兄い・・・・うん、わかった」

ゴシゴシ

JUM「さっきの返事だけど・・・」

蒼「え?・・・」

JUM「返事はYESだ・・・」

蒼「はい、チョコレート・・・」

JUM「あまいのは苦手なんだけどな・・・」

蒼「しってるよ、だから苦くしたから・・」

JUM「ありがとう」

蒼「ジュンn・・・ん・・・」

蒼星石が兄いといおうとしたとき
蒼星石の唇を自分の唇でふさいだ・・・


JUM「ジュンでいいよ・・・だって
恋人同士なんだから・・・」

蒼「わかった・・・ジュン・・・大好き」

JUM「俺もだ・・・」


怪我は1ヶ月で完治し

そのままジュンと蒼星石は結婚して
しあわせにくらしてるとさ・・・めでたしめでたし・・・・

「やさしさで包み込む~」

番外編第4話「影で・・・」


ジュンと蒼星石がキスしてるときに・・・・

翠「コソコソ(とうとうやったですぅ蒼星石よくやったですぅ)」
巴「コソコソ(くやしいけどまけ・・・・ぐすん)」
紅「コソコソ(まけたのだわ・・・・)」
笹塚「コソコソ(へぇー)」
薔「コソコソ(うらやましい)」
雪「コソコソ(ジュン様が幸せなら・・・)」
銀「コソコソ(あーあきにいってたのになぁ)」
雛「コソコソ(お似合いなのー)」
|