※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7話「ジュンのバイト」


JUM「夏休みの間すこしバイトでもすっかな・・・」

JUMは部活や家事でいそがしいためなかなかバイトができない

JUM「なんかいいバイトないかなぁ・・・」

と、ベットでごろごろと考えていると・・・

ガラ

翠「なにやってるですぅ?」

JUM「なんかいいバイトないか考えてたとこ」

蒼「ジュン兄いバイトするんだ」

JUM「ああ普段できないからな小遣い稼ぎに」

翠「引越しやでバイトしたらどうですぅ?」

JUM「却下」

蒼「コンビニのレジ係とかは?」

翠「それは無理だとおもうですぅ、こんな根暗男近づきがたいですから」

JUM「・・・・・」

蒼「やっぱないね」

翠「そうですぅ」

JUM「そうだな・・・・」

PLLLLLL PLLLLLLL

JUM「はいもしもし?」

笹塚「あ、ジュンか?海いこーぜー」

JUM「海?」

笹塚「ああ、暑いしいこうぜ」

JUM「海か・・・暑いしいくかな・・・」

笹塚「よし、じゃあ○×駅に明日集合」

JUM「わかった・・・」

ガチャ

翠「きいたですぅ!」

JUM「わっ、なんだよいきなり」

蒼「海いくみたいだけど僕達もつれてってよ」

翠「そうですぅ!」

JUM「はいはい、わかりましたよ」

翠「やったですぅ!そうだちび苺もよんでやるですぅ」

JUM「(またつかれそうだな)・・・・」

蒼「水着とか用意しなくちゃ!」

JUM「やれやれ・・・・」


そして海・・・
雛苺から巴につたわって
巴から真紅につたわったので
巴と真紅もいっしょのようです


JUM「やれやれだ・・・・」

翠「じゃ、水着にきがえてくるですぅ」

JUM「ああわかった」

笹塚「俺達もきがえてこようぜ」

-着替え中-

JUM「暑いな」

蒼「おまたせー」

JUM「ああ、おそかったな・・・」

翠「はやくおよぎにいくですぅ!」

JUM「はいはい落ち着け」

-海-

紅「水が冷たくてきもちいいわね」

巴「雛苺おぼれないようにねー」

雛「うきわがあるから大丈夫なのー」

笹塚「うぃー海最高」

翠「蒼星石競争ですぅ」

蒼「僕まけないよぉ」

JUM「気分爽快・・・」

バシャバシャ

蒼「痛っ!・・・」

翠「蒼星石どうしたですぅ?!」

雛「大変なのー!蒼星石がおぼれたのー!!」

JUM「何?!」

紅「大変なのだわ」

JUM「蒼星石いまいくからな!」

-水中-

JUM「(みつけた!)」

バシャ!

JUMは蒼星石を抱きかかえて浜辺まで泳いだ

翠「あわわわわ、息してないですぅ!!!」

巴「水をのんだみたいよ!」

紅「だれか人工呼吸!」

笹塚「JUMたのんだ!」

雛「先輩の出番なの!」

JUMはなぜ俺とおもいつつも人工呼吸をした・・・・


蒼「・・・ゴホッケホッ・・・」

JUM「よかった、水吐き出したから大丈夫だとおもうが」

翠「蒼星石がいきかえったですぅ!」

紅「ジュンさすがね」

巴「桜田君すごーい」

笹塚「ナイス!ジュン」

蒼「・・・う・・・あ・・・」

JUM「大丈夫か?蒼星石」

蒼「あ・・・うん・・・」

JUM「そうか、よかった」
と、いってジュンはにっこりとわらった

蒼「(ジュン兄いが人工呼吸したってことは・・・
ジュン兄いにファーストキスとられちゃったってことかな?)」

JUM「ほんとに大丈夫か?顔赤いぞ」

蒼「べ、べつに僕は大丈夫だよ(/////)」

そして無事それぞれ家に帰宅・・・

蒼「あ、翠星石ちょっと僕の部屋にきて」

翠「?、なんですぅ?」


蒼「ジュン兄いが人工呼吸したってことは
く、くちつけたってことだよね?・・・」

翠「一応そうですけど?」

蒼「ってことはファーストキスとられたって
ことだよね?・・・・(/////)」

翠「たしかにそうですぅ」

蒼「(////)」

翠「きにすることないですぅ」

蒼「そ、そうだね。それともひとつききたいことが」

翠「?」


蒼「僕とジュン兄いって血がつながってないんだよね?」

翠「そうですけど・・・いきなりどうしたんですぅ?」

蒼「あわわ、やっぱりなんでもないよ(/////)」

翠「まさか・・・・・」




次回第8話「蒼星石の恋」につづきます
|