※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『Lelien Maiden』

翠「起きるです・・・朝です!」
蒼「ん~・・・」
翠「ほ~ら、起きるです・・・。」
蒼星石のおでこに唇を落とす・・・
蒼星石はプリンセスのようにゆるゆると瞼を開けた・・・
蒼「おはよう・・・」
蒼星石は翠星石の頭に手を回し抱き寄せる
翠「寝ぼけてるですか・・・ひゃっ!」
耳に息を吹きかけられくすぐったさで体がヒクリと反応する
蒼「耳・・・弱いよね・・・。」
翠「ん・・・はぁ・・・やめるです蒼星石!」
蒼「ええ・・・いいじゃない・・・。」
翠「ひうっ!・・・学校に遅刻するですよ!!」
蒼「はいはい・・・。」

蒼「おはよう。」
水「おはよう・・・蒼星石。」
不意に後ろから抱きすくめられる
水「今日も素敵だわぁ・・・。」
サラサラと柔らかな髪を指先で遊ばせる
翠「水銀燈!私の蒼星石に手を出すなですぅ!」
水「いいじゃなぁい・・・姉妹なんだから。」
蒼「けど・・・あっちも怒ってるみたいだけど・・・。」
指差した方にはなんとも複雑な顔をしている薔薇水晶が・・・
薔「(私の銀ねえさまなのに・・・私の、銀ねえさまなのに・・・)」
水「あぁん・・・そんな顔しないでぇ・・・薔薇水晶。」
薔「だって・・・銀ねえさまが・・・。」
慌てて横に行く水銀燈・・・上手く慰められたようだ・・・。

蒼「おはよう・・・真紅。」
真「おはよう・・・朝から熱いわね。まったくもっと節度のある接し方は出来ないの?」
蒼「いいんじゃないかな・・・水銀燈も言ったけど・・・姉妹だし。」
真「だからこそよ・・・。いずれにしてももう少し控えて欲しいのだわ・・・」
蒼「そんな事言って・・・昔は真紅が一番べったりだったじゃないか・・・。」
真「//////昔は昔なのだわ・・・。」
本当は一番情が強いくせに・・・素直じゃない・・・
そこが可愛い所でもあるのだが・・・。
蒼「雛苺と金糸雀は?」
真「いつもの通りよ・・・。」
蒼「また、服決めで盛り上がってるんだね・・・。」

金「きゃぁ~!!可愛いのかしら雛苺~!」
雛「金糸雀もすてきなの~!」
ポーズをとってはお互いを誉め合っている
金「今日の服はこれで決まりかしら~?」
雛「ヒナもこれでいくの~。」
金「・・・にしても~。」
雛「ふえ?」
金糸雀は上から下までジーっと見る
金「雛苺はなんでそんなに大きいのかしら~!?」
小型でスリムな体形に似合わず胸だけはしっかり出ている・・・
というより姉妹で一番でかい・・・
雛「ん~・・・分かんない。」
金「それに比べて私は・・・。」
自分の胸に手を当てる・・・。
一番下ではないが大きくはない。
雛「そういうのは・・・え~と、人それぞれなの。」
金「雛苺・・・」
雛「オンリーワンなの~。」
ニコッと笑った顔・・・例えるなら純真無垢な天使か・・・
金「か・・・可愛いのかしら~!!」
雛「カ・・・カナちゃん!ほっぺがまさちゅーせっちゅ!!」


―学校
下駄箱を開けると・・・
翠「あれ~・・・」
蒼「どうしたの・・・」
翠「また入ってやがるです・・・。」
雛「ラブレターなの~!」
蒼「・・・・・・」
水「どうするのよ、翠星石w」
翠「無視するに決まってますぅ。」
真「それはいけないわ・・・付き合うつもりがないならキッチリ断っておくべきよ・・・それが礼儀なのだわ。」
翠「まぁ・・・その方が後腐れなさそうですね・・・。」
翠星石は深くため息をつき心底嫌そうな顔をする。
そして、一人すたすたと教室へ向かってしまった。
金「この間ももらってたけどモテモテなのかしら~・・・」
蒼「早くしないと・・・予鈴なっちゃうよ・・・。」
雛「あ・・・蒼星石ぃ・・・!」
金「・・・なんで起こってるのかしらぁ?」
水「そりゃぁ・・・いい気分はしないわよぉ・・・ねぇ、薔薇水晶?」
薔「・・・うん。」
水銀燈はクスクスと笑っていた・・・。

―授業中・・・
金「・・・それでね・・・。」
雛「くしししし・・・。」
梅「こらー、雛苺、金糸雀、私語するな~。」
雛「うい~・・・。」
金「・・・は~い。」
梅「それから、笹塚~。言わなくても分かってると思うが廊下に立っとけ~。」
笹「・・・・・・」
翠「え~っと・・・あ・・・シャーペンの芯がないですぅ・・・。」
筆箱の中にある替え芯もカラだった・・・ちゃんとチェックしておくんだった・・・。
翠「・・・蒼星石~・・・シャーペンの芯貸してほしいですぅ・・・」
蒼「・・・はい・・・。」
翠「ありがとですぅ・・・」
蒼「早く・・・前向いたほうがいいよ・・・」
翠「・・・なに怒ってるですか・・・?」
蒼「別に・・・」
梅「翠星石~、お前も廊下立つか~?」
翠「・・・(よく、分からんです・・・)」

―昼休み
翠「え~っと・・・体育館裏まで・・・ベタ過ぎるですちったぁ変化つけやがれですぅ。」
体育館裏に行くと、男子生徒が一人いた。
整った顔立ちで背もそこそこある・・・ラブレターなんて古風な手を使う辺り悪い人間じゃなさそうだ。
男1「翠星石さん・・・?良かった来てくれて・・・手紙読んでくれた?」
翠「一応、読んでやったです。」
男1「あの・・・俺・・・。」
翠「言っときますけど、私はお前と付き合う気は更々ないです。」
男1「え・・・?」
流石にそこまで言っては・・・と思えるぐらいに一刀両断
翠「それだけ言いに来たです、頑張って他の女でも探す事です。」
男1「ちょ・・・ちょっと!!」
翠「なんです?まだ何かあるですか・・・?」
男1「いや・・・聞くだけでも・・・。」
翠「お前の言いたいことは手紙でちゃんと理解したです。その上で付き合わないと言ってるんです。」
翠星石の言う事もごもっともだが、この男子生徒はそれだけでは納得しなかった。
男1「ちょ・・・ちょっと待ってくれよ!」
翠「しつこいです!お前に言う事はないです!!」
さっさと立ち去りたいが腕を捕まれ思うように行かない
男1「俺が・・・どんな気持ちでいたか・・・。」
翠「知らんです!さっさと諦めるです・・・・・・いたっ・・・。」
握られたところが痛んだ・・・かなりの力で捕まれている
翠「だから・・・離すで・・・」

バシッ!!

蒼「汚い手で翠星石に触れないでくれるかな?」
翠「蒼星石・・・来たですか?」
蒼「ごめん・・・つけてきちゃった。」
男1「お・・・おま・・・。」
手が払いのけられたと思ったら、男・・・いや、女子生徒が間に入ってきている・・・。
蒼「さっきから翠星石は付き合えないって言ってるよね?」
男1「お・・・お前に何の関係が・・・。」
蒼「関係・・・あるよ・・・?だって・・・」

蒼「僕達恋人同士だから・・・。」

そう言って翠星石の頬にキスをした後、男子生徒を見てふっと笑う
翠「そ・・・蒼星石///」
蒼「誰にも渡すつもりはないんだ・・・だから・・・諦めてくれないかな・・・?」
男1「諦めって・・・おま・・・女だろ!?」
蒼「関係ないよ・・・男だろうが・・・女だろうが・・・。」
男1「いや・・・普通は・・・」
蒼「僕は翠星石を愛してる・・・その気持ちは誰にも負けない。そして・・・翠星石も僕を愛してくれてる・・・。」
翠「・・・///はい・・・ですぅ。」
流されて、翠星石は思わず頷く・・・
蒼「君が立ち入る隙なんてないんだよ・・・だから・・・」

蒼「さっさと消えてくれないかな?」


翠「助かったです・・・蒼星石・・・。」
蒼「・・・・・・・・・」
翠「蒼・・・星・・・石?」
一瞬だった・・・体を後ろの壁に軽く押し付けられたかと思うと、次の瞬間には・・・
二人の唇が重なっていた
翠「・・・・・・むっ・・・蒼星石・・・誰か来たらどうするですか・・・!」
蒼「構わないよ・・・見せ付けてあげれば・・・君に言い寄る人もいなくなる・・・。」
翠「ちょっと・・・蒼星・・・むぅっ・・・。」
再び唇が重なる・・・。
今度は舌が入ってきた・・・。
翠「/////////////////!!!!!!」
頭の中が真っ白になった・・・訳が分からない・・・
どうしてこんな事を・・・
けれど・・・相手は蒼星石だ・・・別の相手だったら蹴り飛ばして半殺しにしてやるが・・・
翠「ん・・・むぅ・・・」
相手は・・・蒼星石・・・。
その感触に恍惚としてくる・・・。
気付けば蒼星石の背中に手を回し・・・何かを得ようとするように自らも舌を動かす・・・
蒼「ん・・・。」
翠「んむ・・・・・・ん・・・。」
小さな水音のようなものだけが聞こえる・・・。
二人は暫く大人のキスに酔いしれた・・・。

蒼「ふぅ・・・。」
蒼星石が離れる・・・。
二人の間に唾液の糸が生まれ、プツンと切れる・・・。
翠「あ・・・あの・・・。」
蒼「ごめん・・・翠星石・・・。」
謝りながら、蒼星石は翠星石の肩に頭を預ける・・・。
翠「・・・なんであやまるですか・・・?」
蒼「・・・あんな事して・・・。」
翠「別に怒ってないです・・・むしろ・・・その///」
蒼「どうしても・・・嫌だったんだ・・・。」
何が嫌なのかは何となく察しがついた・・・。
翠「私は・・・蒼星石が一番です・・・。」
蒼「ありがとう・・・信じてる・・・信じてるんだ・・・けど・・・。」

君が・・・誰かに告白されるたび・・・
そっちに行くんじゃないかと怖かった・・・
僕は・・・こんなに翠星石のことが好きなのに・・・
だから・・・翠星石に触れたあの人を許せなかった・・・
誰にも・・・渡したくない・・・
もしも・・・無理に奪おうとする人がいたら・・・
僕はその人を殺してしまうかもしれない

翠「・・・助けてくれてありがとうです。」
蒼「・・・嫌いにならなかった・・・?」
翠「もっと・・・好きになってしまったです・・・。」
蒼「良かった・・・。」
翠星石の頭をあやすようにぽんぽんと叩く
蒼「ごめんね・・・。」
翠「まだ、謝るですか・・・?そういうことなら・・・。」
蒼星石の頬に両手を添えグイっと自分の方に向ける
蒼「翠・・・」
今度は翠星石のほうから重ねてきた・・・
翠「これで・・・おあいこです///」
顔を真っ赤にしている翠星石をみると何だか心が軽くなる・・・
蒼「・・・ふふふ・・・そうだね・・・。」
二人で顔を見合わせて笑う・・・
翠「あっ!!」
蒼「ど・・・どうしたの?」
翠「皆を待たせてるですぅ!!」
蒼「そ・・・それは急がないとね・・・。」


雛「遅いの~!!」
金「先に食べ始めちゃったのかしら~。」
翠「ごめんです・・・ちょっと色々とあったです。」
雛「いろいろ・・・?」
蒼「ん・・・まぁ・・・色々とね。」
金「なんで、蒼星石が紅くなるのかしら~?」
翠「それは、もういいです!真紅たちはいったいどう・・・」
蒼「翠星石・・・」
蒼星石が指差した先には・・・

木陰の芝生に真紅、水銀燈、薔薇水晶がいた。
薔薇水晶は水銀燈の膝枕で眠っている・・・。
真「あら・・・話がついたみたいね。」
水「蒼星石が一緒のところを見ると、一悶着あったんじゃなぁい?翠星石も大変ねぇ・・・」
真「その言い方・・・あなたも経験ありかしら・・・。」
水「ふふふ・・・そのおかげでうっとおしいのは無くなったけど・・・。」
膝で寝ている薔薇水晶の頭を撫でる・・・。
真「その娘もあなたにゾッコンなのだわ・・・。」
水「一度言われたわぁ・・・その辺の男には渡せないって・・・。」
真「どうしたものかしらね・・・貴女はそれでいいのかしら?」
水「そうねぇ・・・。」
空を見上げる・・・
水「先の事は分からないけど・・・皆大事な妹だけど・・・薔薇水晶だけは特別・・・かも知れないわ・・・。」
視線を落とし、眠っている薔薇水晶をいとおしそうな目で見る・・・。
水「貴女は・・・?」
真「姉妹以上の感情を持つと・・・きっと後で寂しい思いをするのだわ・・・。私は・・・それに耐えられない・・・。」
水「そう・・・。」
真「けれど・・・。」
真紅は水銀燈に寄り添うようにもたれかかる
真「・・・貴女とこうしているのは・・・悪い気分じゃないわ・・・。」
水「あら・・・光栄だわぁ・・・。」
薔「・・・・・・・・・すやすや・・・#」

翠「・・・寝ているはずの薔薇水晶から黒いオーラが出てるのは気のせいですか?」
蒼「気のせいだと思うよ・・・うん。」
金「真紅と水銀燈はラブラブなのかしら~?」
雛「ラブラブなの~。」
蒼「ふ・・・二人とも!」
万が一薔薇水晶に聞こえてたら殺されかねない・・・
雛「うゆ?」
金「ん?なにかしら雛苺?」
雛「カナちゃん、お口にケチャップついてるの~。」
雛苺はそれを指で拭い取りペロリと舐める・・・
雛「んふふ~♪」
金「ひ・・・雛苺・・・///」
金糸雀の顔が見る見る紅くなっていく
雛「ん?」
金「(こ・・・これは・・・間接キスという奴かしら~///)」
多分違う
金「(雛苺に乙女の純潔を奪われるなんて一生の不覚かしら~///)」
それも違う
金「(でも・・・雛苺になら・・・)」
雛「?」
金糸雀の勘違いは止まらない・・・

―放課後・・・帰り道
翠「ん~・・・今日も疲れたですぅ・・・。」
真「さっさと帰らないとくんくんが始まるのだわ・・・。」
水「薔薇水晶・・・あんまりくっつくと歩きにくいわよぉ・・・。」
薔「私は・・・平気。」
蒼「今夜は何にするんだい?」
薔「シュウ・・・」
雛「花丸ハンバーグがいいの~!」
金「カナもそれがいいのかしら~。」
翠「じゃあ、それに決まりです、材料買って帰るです。」
薔「・・・・・・・・・くすん・・・」
水「はいはい、私が今度作ってあげるから泣かないの・・・。」
薔「・・・・・・///」
翠星石と蒼星石はさり気なくてを繋ぎ・・・
薔薇水晶は水銀燈にべったり・・・
雛苺と金糸雀は楽しくおしゃべり・・・
真「(7って・・・2で割り切れないものねぇ・・・)」
真紅はふぅとため息をついた・・・。

雛「金糸雀~入るの~。」
金「どうぞ~って・・・そのお菓子は何なのかしら~!?」
雛「金糸雀とお話しながら食べるの~。」
金「そんなことしたら私が水銀燈に怒られてしまう~!?」
雛「食べないの?」
金「・・・・・・・・・・・・」

ポリポリポリ・・・

金「それで、何の用なの?」
雛「ん~特に何もないの~。」
金「何もないの・・・?」
雛「金糸雀とお話がしたかったの・・・。」
金「・・・///(ちょっと照れくさいかしら///)」

ポリポリポリ・・・

金「雛苺・・・あなた、将来何になるつもりかしら?」
雛「えっとね・・・うにゅうを作る人~。」
金「うにゅう・・・ああ、いちご大福ね・・・。てことは・・・和菓子職人?」
雛「金糸雀は何になるの?」
金「私は・・・この頭脳を最も生かせるところかしら?」
雛「頭脳・・・じゃあじゃあ、ヒナと一緒にうにゅうを作るの~!」
金「和菓子職人の何処が頭脳を・・・」
雛「そしたら、金糸雀とずっと一緒なの。」
金「え・・・?」

雛「ヒナは金糸雀とずっと一緒にいたいの~!」

その言葉を聞いて、目が段々潤んでくる・・・・
こんなに自分勝手なのに・・・なんだか無償に

雛「かな・・・りや・・・?」
金「雛苺ぉぉぉぉぉ!!
雛「ぎゃー!カナちゃんほっぺがまさちゅーせっちゅ!!」

金「カナも雛苺と一緒ならそれで幸せかしら~!!」


薔「水銀燈・・・入るね・・・。」
水「どうぞぉ・・・。」
薔「・・・聞いてもいい?」
水「なに?答えられる事なら何でもいいわよぉ・・・?」
薔「水銀燈・・・私・・・嫌な娘?」
一瞬時が止まる・・・
水「どおしたの・・・急に?」
薔「昼休み・・・水銀燈と真紅が仲良くしてた・・・。」
水「ああ・・・あれねぇ・・・起きていたの?」
薔「・・・私・・・嫉妬・・・してた・・・」
水「薔薇水晶・・・。」
薔「真紅と・・・水銀・・・ううん・・・銀ねえさまが仲良くするのは・・・普通なのに・・・私・・・。」
薔薇水晶の声が震えている・・・
薔「とっても・・・嫌だった・・・。」
つっ・・・と頬を涙が伝う・・・
薔「今日だけじゃない・・・昨日も・・・その前も・・・銀ねえさまが誰かと・・・私以外の人といると・・・」
水「・・・良い娘ね・・・。」
薔「良い娘なんかじゃない・・・!私・・・とっても・・・自分勝手だ・・・!」
水「・・・違うわ・・・薔薇水晶・・・。」
薔「私・・・とっても・・・嫌な娘だ・・・!」
水「違うわ!」
薔「!!」
水銀燈は薔薇水晶を後ろからそっと抱き締める・・・。
水「貴女はとっても強くて優しい娘・・・だから・・・苦しいのよ・・・。」
薔「・・・どういう・・・こと・・・」
水「嫉妬・・・そういう気持ちは誰にでも在るの・・・そしてそれは、相手を想うほどに強くなるわ・・・。」
薔「・・・・・・・・・」
水「人によっては・・・それに流されて取り返しのつかない事になる人もいるわ・・・
  けれど、貴女はちゃんと向き合ってる・・・ちゃんと認めてる・・・それはあなたが強いから・・・。」
薔「強い・・・?」
水「そして・・・それを認めて苦しむのは・・・優しい証拠・・・。」
薔「優しい・・・?」
水「真紅に悪いって思ってる・・・?」
薔「うん・・・。」
水「人は皆・・・正と負両方の心をもっている・・・どちらか片方だけの人間はいないわ・・・。」
薔「でも・・・まったく怒ったりしない人もいる・・・。」
水「そうね・・・けど、それは・・・表面に出さないだけよ・・・。」
薔「出さない方が・・・良いの・・・?」
水「時と場合・・・相手によるわぁ・・・。」
薔「銀ねえさまは・・・?」
水「私は・・・薔薇水晶の気持ち・・・素直に出して欲しいわ・・・。」

水「笑ってる薔薇水晶・・・怒ってる薔薇水晶・・・泣いてる薔薇水晶・・・やきもち妬いてる薔薇水晶・・・
  私は全部好きだわぁ・・・」

水「だから・・・気にしなくていいのよ・・・。」
薔「銀ねえさまも・・・嫉妬するの?」
その質問に思わず吹き出す・・・
水「そうねぇ・・・貴女がラブレターもらった時は複雑な気分よぉ・・・?」
薔「本当に・・・?」
水「ええ。」
薔「・・・良かった・・・。」
嫉妬なんていう感情を抱いていたら・・・嫌われるかもしれない・・・そう思っていた
けれど・・・そんな所も含めて好きだといってくれた・・・
水「それに、安心して・・・私は・・・真紅も、雛苺も、翠星石、蒼星石・・・金糸雀・・・みんな好きよぉ・・・。」
薔「私も・・・皆大好き・・・。」
水「けれど・・・私の一番は貴女だわ・・・。」
薔「私も・・・銀ねえさま・・・が一番・・・。」
自分を抱き締めている腕をキュッと握る・・・
薔「銀ねえさま・・・いつもと違う香りがする・・・。」
水「分かる・・・?シャンプー変えてみたの・・・。」
薔「・・・とっても・・・いい香り・・・。」
水「ありがとう・・・。」
薔「・・・銀ねえさま・・・。」
水「なぁに・・・?」
薔「こういうの・・・愛してるっていうの・・・?」
水「・・・きっと、そうねぇ・・・。」
薔薇水晶は体をひねり後ろを向くと、
水銀燈にそっと口付けをして・・・

薔「・・・銀ねえさま・・・愛してる・・・w」


蒼「翠星石・・・ごめんね・・・昼間は。」
翠「まだ言ってるですか・・・別にいいです。」
ベッドに並んで座る二人の間に沈黙が流れる・・・
蒼「あのさ・・・」
翠「蒼星石が・・・恋人同士だって言った時・・・とってもビックリしたですけれど・・・とっても・・・嬉しかったです。」
蒼「でも・・・迷惑じゃなかったかな・・・?」
翠「そんな事ないです・・・。」
翠星石は自分の手を蒼星石の手に重ねる
翠「蒼星石のこと・・・大好きです・・・。けれど・・・やっぱり不安になる時もあるです・・・。」
蒼「・・・・・・」
翠「女の子同士じゃ・・・ダメなんじゃないかって・・・。けど・・・蒼星石がああ言った時・・・すっきりしました。」
 「これで・・・良いんだって・・・。だから決めました・・・」

翠「翠星石は・・・ずっとずっと蒼星石の側にいるです・・・。」

蒼「・・・はは・・・。」
正直・・・この笑顔は反則だと思う
翠「蒼星・・・うっ・・・。」
蒼星石に抱きすくめられる・・・その感触がとても心地良い
蒼「僕も・・・君の側にいる・・・。」
翠「ふふふ・・・。」
蒼「ねぇ・・・昼間の続きしよ?」
翠「・・・続き・・・///キス・・・ですか・・・?」
蒼「うん・・・ダメ?」
翠「・・・・・・//////」

真「皆何しているのかしらね・・・。」
真紅は部屋で一人・・・皆が写った写真を眺めていた・・・。
何時からだろうか・・・自分たちの間で・・・姉妹愛以上の感情が生まれたのは・・・
真「・・・辛いだけなのだわ・・・。」
水銀燈にはそう言った・・・確かにそれもあるがそれが全てではない・・・

ちょっと意地悪な水銀燈が好き・・・
ちょっとドジな金糸雀が好き・・・
ちょっと意地っ張りな翠星石が好き・・・
ちょっと頑固な蒼星石が好き・・・
ちょっと泣き虫な雛苺が好き・・・
ちょっと朴念仁な薔薇水晶が好き・・・

真「誰か一人なんて・・・難しすぎるのだわ・・・。」
気が付けば・・・少し離れてみるしかなかった・・・。
真「ま・・・みなの幸せをただ願うのも・・・愛の形ではあるわね・・・。」

どんな形でもいい・・・皆が・・・等しく幸せになれるよう・・・。

end

|