※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジュン、あーん」
「あーん。うん、美味いよ」
「えへへ。そういってくれると嬉しいのー」
「僕だって嬉しいよ。だって、僕のために料理を頑張ってくれたんだろ?」
「うん、そうなのよ。ヒナ、ジュンのために頑張ったのー」
 昼休みの教室、私の目の前でさわやかに繰り広げられる甘ったるいやり取り。幸せに浸るのはいいことだけどこの二人に危機察知能力はないのだろうか。
 すぐ横では真紅がシャドーボクシングをはじめ、水銀燈がヤクルトの容器を握りつぶし、翠星石はうつむいてなにやらぶつぶつ言っているし、蒼星石はうつろな目で園芸用のはさみを取り出し何もないはずの空中を切っている。
 金糸雀は不協和音を奏でるつもりなのだろうか、バイオリンのケースを開けているし薔薇水晶と雪華綺晶は顔をつき合わせて「帰りに……」「監禁……」とか不穏な単語のやり取りをしている。
 かく言う私も心中穏やかではない。それでも雛苺のためと思いアクションは起こさずにいるが、つい二人の箸、その先を凝視してしまう。そしてこの二人はその中でもお互いに食べさせあうのだ。
「ん? どうしたんだ、柏葉。そんなに見つめて。お前も雛苺の料理を食べたいのか?」
 そう言って桜田君が私に箸に卵焼きを挟んで差し出す。
「トモエも食べてー。ヒナ、お料理上手くなったのよー」
 とりあえず雛苺の許可は出たようなので、彼の箸から雛苺の作ったというおかずを食べさせてもらう。うん、おいしい。ありがとうね、雛苺。
「どういたしまして、なのよ」
 漂ってくる不穏な空気が濃くなったような気がするが、ただの思い過ごしだろう。
 こうして私たちは三人でおしゃべりをしながら和やかな時間を過ごした。
「ヒナ、ジュンもトモエもだーいすき!」
 ありがとう、雛苺。私も桜田君とあなたのこと、大好きよ。

 ……あら、あなたたちどうしたの? 早く食べないと昼休み終わっちゃうわよ。









「ううん……」
 閉じた世界に篭り、七人の乙女に粛清された愚か者が眠る地。時折声を上げる彼が見る夢は姫との蜜月か、あるいは引き裂かれた瞬間の慟哭か。
「ジュンー、目を覚ましてー」
 彼と共に閉じられた空間を構築していた少女は王子の目覚めを待つ。
 ……なんてかっこつけてみたところで、実際には嫉妬に狂った(主に赤・黒・青の)鬼にボコられた桜田君が保健室でうなされているだけである。ああ、そんなに心配しなくても大丈夫よ、雛苺。
「うゆ?」
 なんだかんだ言っても彼女たちはちゃんと急所は避けて殴っていたわ。これくらいなら後には引かないわよ。
「そうなの?」
 そうよ。それに、桜田君があなたを残して逝くわけがないじゃない。
「えへへー、それもそうなの」
 雛苺は無邪気に笑う。ああかわいい。彼女たちは別に深く考えていたわけではなく、何も考えず感情のおもむくままに殴っていただけだったであろうということは黙っておこう。
「それにしてもちょっとひどいの。ジュンをいじめるなんてゆるせないの!」
 そんなに怒らないの。真紅たちは寂しかっただけよ。
「うゆ? そうなの?」
 そう。雛苺や桜田君が自分たちにかまってくれないから、ついつい意地悪をしちゃったの。だからね、たまにはあの子達と遊ばなきゃダメよ。友達はたいせつにしなきゃ、ね?
「うん、そうするのー!」
 いい子ね。雛苺が彼女たちといる間、彼が一人になるだろうなどという打算は全く無い。あったとしても言わない。
「ん……、ここは?」
「あ、ジュンーー!!」
「おわ、雛苺?」
 やっと起きたのね。そろそろ帰るわよ。暗くなってきたし、ちゃんと家まで送ってね。

 ……ところで、そこのドアの陰に隠れてる人たちはまだ帰らないの?











ちゃっかりした黒巴が読めるのはスレだけ! 図書館だろうとどこだろうと、このバカップルはとどまるところを知らない。


「ジュンジュンー」
「ヒナヒナー」
 普通に呼び合えばいいだろうに、頭の悪いあだ名を付け合っていちゃついている。それはかまわないのだがTPOは考えるべきだ。せめて、私以外の人がいる場所でするのはやめたほうがいい。
 ……バキっ……。
 ほら、誰かがペンをへし折ったような音が聞こえた。吐き気のするような空気は公共の場で発生させるようなものではない。
 私たちは宿題をしにここへきたはずなのに気付けば手を動かしているのは私ひとりだ。
 ほらほら二人とも、ラブラブハリケーンを振りまくのはいいけど手も動かしなさい。
「やだなぁ、ラブラブだなんて」
「そうよー、いつもどおりなのよー」
 あなたたちはそのいつも通りがラブラブなのよ。さびしい独身女には厳しいものがあるわ。……私? 私は大丈夫よ。あなたたち二人といられれば、それだけで幸せだから。
 それはともかくとして、今は宿題をやっちゃいましょう。それでこれが終わったら喫茶店でもいっておやつの時間にしましょう。そこでキスでもあーんでも、一つのグラスから二本のストローでもいっぱいすればいいじゃない。
 ……ガコビキバキィッ……!
「わかったの。じゃあ、三人で頑張るのー」
「うん、そうだな。そうするか」
 ええ、早く終わらせちゃいましょう。
「離……だわ、水……! あ…つら、こ…でぶ……ろ…て……………!」
「落……きなさ…、…紅! ここで……たら出……禁止…………ゃう…よぉ!」
 三人で頑張れば、宿題なんかはすぐに終わる。こと学業に関しては三人とも優秀なのだ。
「トモトモもジュンジュンも、早くいくのー」
 そんなにあわてなくても喫茶店は逃げないわよ。
「楽しい時間は逃げていくぞ。僕たちも急ごう、トモトモ」
 そうね、じゃあ急いでヒナヒナを追いかけて三人で一つのジュースを飲みましょう、ジュンジュン。

 ……あら、水銀燈に真紅じゃない。なにしてるの? ダメよ、公共の机を壊しちゃ。









 ちゅっちゅっ。いちゃいちゃ。
 今日も今日とてラブラブな二人。こいつらの辞書に自重という言葉が載ってるわけが無い。仮に載っていたとしても、意味は改竄されているに決まっている。まあここは桜田君の部屋だし、いちゃつくのを控える必要なんてものは全くないんだけど。
 ぎゅっぎゅっ。べたべた。
 それにしても暑いわね。心なしかジュースの氷が解けるのがやけに早い気がするわ。
 べたべた。ぴちゃぴちゃ。
 擬音がだんだんヤバくなってきたわね。本当、竹刀を家においてきたことが悔やまれる。手元にあればこの朴念仁を滅多打ちに出来るのに。
 ……ほらほら、いつまでもいちゃついてないで、さっさと採寸しちゃいなさい。新しく服を作ってくれるんでしょう? あ、桜田君。雛苺の採寸している間、パソコン借りるわね。
「いいけど、使い方わかるのか?」
 大丈夫よ。ちょっと調べ物したいだけだから。こっちは気にしないで、早く雛苺の採寸をしてあげなさい。服をぬいで待ってるわよ。
「そうだな。じゃ、ちょっと待っててくれ」
 ごゆっくりどうぞ。
 そういって私はパソコンの電源を入れ、インターネットを始める。
 キーワードを入力して検索……と、結果が出た。……二重国籍論? よくわからないわね。クリックして読み進めていると採寸を終えた桜田君から声がかかる。
「お待たせ。終わったぞ」
 お疲れ様。
「そっちはどうだったんだ?」
 残念ながらよくわからなかったわ。
「何調べてたのー?」
 私たち三人の幸せな未来よ。道のりは長いけどまだ時間はあるわ。ゆっくり探していきましょう。
「うん!」
 いい子ね。大好きよ、雛苺。
 ……あ、桜田君。私の採寸もお願いね。ああ、あなたになら下着姿を見られても別に構わないわよ。何ならその下も見てみる?










間違った方向に引っ込み思案を治した巴さんと、スレで握手!


「雨ねぇ……」
 教室の窓から外を眺めながら、水銀燈がつぶやく。その気だるげな姿は絵画のよう。目尻に刻まれた微かな小皺が彼女の苦悩を演出する。
「憂鬱だわ……」
 目を閉じ、うつむいた真紅は物憂げに言葉を漏らす。ブロンドのお姫様の表情は曇り、起伏の無い胸元は彼女の悲哀を伝えている。
「雨はきらいじゃねーですけど……」
「……こういう日、というか体育のある日には降らないで欲しいかな」
 翠と蒼、育まれる命を表す色をその名に持つ双子は一つの台詞を二人で分け合う。この涙ぐましい仲のよさも、湿気以外の要因で重すぎる空気の前では慰めにはならない。
 彼女たちはある方向にちらりと目をやり、ため息をつく。予想はついていると思うが、その方向には今にもキングスライムになりそうなほどくっついている万年発情期ども。
「今日の体育楽しみねー、ジュン」
「そうだな、僕もすごい楽しみだよ」
 そう、雨の日は体育は男女合同。そうなればこのバカップルが引っ付かないわけが無い。
 本来ならば合同といったって授業自体は別々に行われる。しかしこの二人はそんなことお構いなしと言わんばかりにいちゃつき、先週ついに教師が根負けしてしまったのだ。(ちなみにこの事件は『苺JUMの変』と呼ばれ、校内のほとんどのカップルの支持を得た)
 ふと気付くと真紅たちが何か言いたげに私を見ている。確かにここはビシッと言わねばなるまい。私はもう引っ込み思案なあの頃とは違う。あの元ヒキコモリが社会復帰を果たしたように、私もまた成長しているのだ。
「うゆ? トモエ、どうしたのー?」
「柏葉?」
 二人とも、そろそろ着替えないと遅刻するわ。だから行きましょう。
 頷いて駆け出す雛苺を見送り、桜田君も腰を上げる。あ、ちょっと待って。
「どうしたんだ?」
 今日は私も混ぜて、三人でくっつきましょう。一人だと寂しいの。
「ああ、わかった。一緒にやろう」
 ありがとう。大好きよ、桜田君。

 あら、あなたたち机に突っ伏したりしてどうしたの? 早く着替えないと授業








担任を病院送りにしちゃうお茶目な巴さん


「いくらなんでも目に余るわぁ……」
「時々……というか、目に付くとすぐにでもぶっ殺してやりたくなるのだわ」
 机を壊さんとばかりに殴りつける真紅の過激な発言に水銀燈は眉をしかめる。が、すでに諦めているのか咎めるような事は言わない。
 それにしてもヤクルト中毒の老け顔や貧乳のうえすぐに手が出る乱暴者が好かれるとでも思っているのだろうか。だとしたら相当おめでたい頭をしている。
「翠星石のツンデレに萌えねーなんて、あいつはロリペドやろーにきまってますぅ……」
「僕っ子は結構萌えだと思ってたんだけどなぁ」
 暗い顔でぼやく翠星石に、ピントのずれたことを言い出す蒼星石。ツンデレなんて相手に包容力が無ければうざったいだけよ。アプローチの一つも出来ない地味な子が何を言ったところでインパクトは薄いわ。過去の栄光にすがる姿はみっともなく、実に滑稽だ。
「楽してズルしていただこうとしたらすでに手遅れだったのかしら……」
「……まだ、勝負はついてない」
「そう、これからですわ。これから……」
 金糸雀、そんな考えじゃこれからも成長は無いわよ。馬鹿……じゃなかった、薔薇水晶に雪華綺晶、諦めなさい。とっくの昔にあなたたちの出番は終わってるのよ。
「それより、なんでおめーがここにいるですか!?」
 つれないわね、桜田君を好きになった人の集いでしょう? それに……惨めな負け犬を眺めてみたくて。
 その言葉に、にわかに殺気立つ七人。翠星石はご自慢の達者な口でまくし立ててくる。
「おめーみてーな腹黒貧乳に言われたくねーです! とっとと消えろ、ですぅ!」
 言ってくれるじゃない。大体ツンデレなんて時代遅れなのよ。今は、そう。「ちょっぴり黒くてクールな美人」略して「クロール」の時代よ。
「センス無いわぁ」
 そこ、うるさい。黙れ。
「誰が時代遅れですかぁ! ……ちょうどいいです。おめーの最近の行動には色々溜まってたですぅ」
 その言葉に他の面々も深く頷き、ある者は素手で、ある者は鋏等思い思いの武器を持って構えをとる。それを見た私は愛刀「かしわもち」(鉄芯入り木刀)を手に取って一振り。
 これを使うのも久しぶりね。中学時代引っ込み思案だった私が、桜田家に家庭訪問に向かおうとする梅岡先生に闇討ちを繰り返して憂さ晴らししていた頃以来だわ。

 あらどうしたの? 教室の隅でがたがた震えだしたりして。うふふ、今宵のかしわもちは血に飢えているわ……。











惨劇に挑む気が無い巴さん


 この蒸し暑い日にもノンストップでいちゃつく人間暖房共。どうせなら寒い冬に発熱……してたわね、そういえば。
 しかしそれはどちらでもいいことだ。今問題なのはこのジメジメする日にその暖房機能を遺憾なく発揮する引っ付き虫共。
 最近とみに短気になってきた真紅が拳を硬く握り締めて震わせてる。それを見た水銀燈は、彼女を押さえつけることで増えてきた筋肉や目じりの皺を気にしているのかそっとため息をついた。
 学校でも可愛いと評判の双子は二人を気にしないようにしている。が、姉の方は時折体が大きく震え妹の方はこめかみに手をやっているあたりあまり成功はしていないようだ。
 あ、どうやら我慢しきれなくなったらしい薔薇水晶が二人の元へ向かった。
「……人前でいちゃいちゃするの、良くない」
「え? どうしてだ?」
「…………うらやましいから」
 ああ、だからあなたは馬鹿水晶なのよ。顔を赤らめて言ったところであの鈍感が気付くわけが無い。ほら、どうせあのウスラトンカチは彼女の気持ちに気付かず……
「……? あ!お前まさか……」
 !!! まさか気付いた!?
「雛苺のこと狙ってたのか? だめだぞ、こいつは僕の彼女なんだからな!」
 こちらの予想を超えた寝言をほざいた。さらに「そういえばあいつらもたまに僕のこと睨んでくるけど、雛苺のこと狙ってるのかな……」などと暴言を重ねる。
 その発言はさすがに腹に据えかねた乙女たちが、考え込んでいる愚鈍の征伐へと立ち上がる。あ、水銀燈がいつの間にか「ジュンったら大胆なのー」とクネクネしてる雛苺を保護してこちらへと歩いてきてる。
「あれ、止めないのぉ?」
 さすがにあの発言を容認する気にはならないわ。あれくらいはいい薬ね。あなたこそ参加しないの?
「予想の範疇よぉ……。それにあれくらいで気付くようならとっくの昔に色々終わってるわぁ」
 心配性のお姫様を優しくあやす彼女はロリレズ疑惑くらいでは怒らないらしい。心が広いのかそれだけ苦労しているのか。……やがて惨劇は幕を下ろし、ボロ雑巾と化した虫けらが横たわるのみとなった。

 ほら、死ぬならベッドで死になさい。大丈夫よ、手取り足取り腰取り看護してあげるから。
「ヒナもー!」
 そう、二人掛かりでね……。




巴さん番外編 頑張れ銀ちゃん

↑の銀様視点

「暑いわぁ……」
 窓を開けてもジメジメが一向に解消されない蒸し暑い一日。こんな日にもジュンと雛苺はくっついている。……私にもあれで腹を立てていた頃があったわねぇ。
 ああ、真紅がまたこぶしを握っている。止めるのは私なのよねぇ……。このせいで筋肉がついてきちゃってるって言うのに。はぁ、少しは自重してほしいわぁ。
 巴の方を見れば、微かに口元を緩ませている。あれは変な妄想をしているか私たちのことを馬鹿にしているかのどちらかね。まぁ思ってるだけならいいんだけど、こっちも色々自重してほしいわぁ……。
 ジュンたちのほうに目をやると薔薇水晶が近づいている。……この後の展開は想像出来るわねぇ。
「……人前でいちゃいちゃするの、良くない」
「え? どうしてだ?」
「…………うらやましいから」
 真紅ぅ、そんなに強い力で握ってると指の骨がイカれちゃうわよぉ……、とはさすがに言わない。私はまだ命が惜しいもの。
「……? あ!お前まさか……」
 さて、どんな地雷を踏んでくれるのかしらぁ。
「雛苺のこと狙ってたのか? だめだぞ、こいつは僕の彼女なんだからな!」
 コレは特大ねぇ。さて、とりあえず雛苺を避難させて、と。静かにたたずむ巴に「あれ、止めないのぉ?」と聞いておく。
 そうしたらあなたこそ参加しないのかと聞かれたから予想の範疇だと答えたら、少し意外そうな顔をされた。失礼ねぇ。あそこはおちびさんを確保するのが先よぉ?
 雛苺をあやしながら外を眺めると晴れ渡る空が広がり、そして室内では対称的に血の雨が降っている。
 あ、巴がにやついてる。また変なこと考えてるわねぇ。とりあえず今回は巻き込まれなかったから良しとしましょぉ。

 真紅ぅ、帰る前に手を洗いなさぁい。文字通りの意味で手を血で染めた子と並んで歩くなんて私嫌よぉ。あと私病院寄るから念のために指の骨診てもらいなさぁい。








味噌汁を作る巴さん


「わっ。あついのー」
「大丈夫か、雛苺!」
 コンロの火なんて目じゃないラブラブファイヤーを見せつける倦怠期知らずのバカップルを横目に野菜を切る。
 今日は家庭科の調理実習。何故男子がここにいるのかについては『苺JUMの変パート2』としか言いようが無い。ちなみに技術室に出向になったのは、食材を毒物に変える日東紅茶の回し者。
 本人を除いて全会一致(女子のみ)というのもなかなかすごい。彼女、本当は嫌われているのかしら。
 周りを見れば一部を除いて味見は遠慮したい状態になっている。水銀燈、乳酸菌は熱で死滅するわよ。そこの双子、食事は自分達で作ってるんじゃなかったの? 嫉妬の炎を燃やすのはいいけど鍋の火は細めなさい。
 薔薇水晶と雪華綺晶は何か召喚するつもりなの? というかそれは何の儀式? 金糸雀、あなた玉子焼き以外作らないつもりなの?
 そのあたりに比べれば、この班はいたって平穏に調理が進む。横の燃え上がりっぷりに包丁を振り回したくなることもあるがそれはいつものこと。特に問題は無い。これといった事件も無く完了。
「いただきまーす」
 いただきます。と、食べようとしたときになにやら白い影。
「あの、ジュン様」
 ……見た目はまともなんだけど、どういう過程を経てその料理が出来上がったのかしら。
「私が作ったのですが、よろしければ味見をしていただけませんか……?」
 健気ね。エプロンのポケットに入った小瓶が無ければ、だけど。ふくらみには気をつけなさい。
 私の横からは電波娘が近づいてくる。……足止めかしら。でも私が何かをする必要はないだろう。なにしろあの悪食お嬢様が相手にしているのは天下に名高いフラグブレイカーだ。
「ジュン様? あの……?」
「あーん」
「あーん」
 前言撤回。相手にされてなかった。
 さすがに可哀想になってくるわね。でもそれはそれ。二人きりはずるいから私も混ぜてもらおう。桜田君、あーん。
「トモエも、あーん」
「雛苺も、あーん」

 ところで二人はいつまでそこに居るの? 食べる時間がなくなるわよ。……ああ、ひょっとして桜田君特製のエプロンが羨ましいの?








修行が足りないらしい巴さん



「もういい加減にするかしら! カナにも限界があるのかしらー!」
 冒頭からなにやら怒鳴っているのは口調でわかる通り、おでこが眩しい卵ジャンキーの金糸雀。一体何を怒っているというのだろうか。
「目の前で引っ付くのはやめるかしらー! 精神衛生上よくないのかしら!」
 何を今更。おしくらまんじゅうのようにくっついてるのはもはやいつもの事。水銀燈は勿論、真紅ですら苦みばしった顔で諦めているというのに。
「ジュンと雛苺のことじゃないかしら! その二人のことはとっくの昔に諦めてるかしらー!」
 じゃあ何だというのだろう。他に怒られそうなことは思い当たらない。
「あなたかしら! ジュンと雛苺は恋人同士だからわかるとして、何であなたまでくっついてるのかしらー!」
 何を馬鹿なことを。策士策士と言ったところで所詮はデコ。足りているのは額の広さだけね。
 いい? 雛苺と私は一心同体。なら私は桜田君の恋人も同然なのよ。おわかり?
「か、かしら?」
 あら、まさか策士ともあろう人がこんな簡単な理屈がわからないわけは無いわよね?
「と、当然かしらー! 策士のカナにわからないことなんて無いかしらー!」
 わかってくれたならいいわ。じゃ、もう邪魔しないでね。雛苺と桜田君と私、この三人がくっつくのは大自然の摂理なんだから。
「か、かしら……?」
 首をかしげながら大人しく引き下がる。ふ……ちょろいものね。というか、さすがに彼女が心配だわ。
「いくら恋人同士でもところかまわずいちゃいちゃするのは迷惑ですぅ」
 ……来たわねツンデレ。とりあえず彼女は無視してくっついてましょう。ああ、し・あ・わ・せ。
「ちょっと聞いてるですか!?」
 無視無視。
「ムキーー! 無視すんなですぅ!」
 キーキー喚く花咲か婆さんは、見るに見かねた蒼星石が引き取っていった。それにしてもこの二人はさすがね。あれだけうるさかったのに全く動じていない。自分がいかに修行不足か思い知らされたわ。
 気が付けば外は雨。悲しみに沈むものたちの心を慰めるかのように、天が涙をこぼしていた。

 雨も降ってきたし、そろそろ帰らなきゃ。ああ、傘なら私が持っているわ。三人で寄り添って入りましょう。
 ……大丈夫よ、濡れたらシャワーを借りるから。







番外編2 あまり黒くない(?)献身的(?)な巴さん

↑の後日談
 馬鹿は風邪をひかないというが、夏風邪は馬鹿がひくものらしい。そして今私の目の前で横になっている人物を見るかぎりその話は真実なのだろう。私も雛苺も無事なのに彼だけがひいているという事実が全てを物語る。
 そんなお馬鹿な彼を昨日は雛苺が、そして今日は私が学校を休んで看病をしている。
「ううん……」
 寝苦しそうに布団を跳ね除け、その度に直す。朝から何度も繰り返されてきた作業。パジャマからわずかに覗く胸元に汗が光る。それを軽く拭った後、冷たい水で絞ったタオルを額に置いて部屋を後にする。
 台所でお粥を作って部屋に戻ると彼は既に目を覚まし、体を起こしていた。
 おはよう。調子はどう?
「おはよう……。大分楽になったよ。今日は柏葉が来てくれたのか、ありがとう」
 どういたしまして。起こす手間が省けたわ。おかゆ食べるでしょ?
「ああ、もらうよ」
 ふー、ふー。はい、あーん
「あーん」
 食べ終わった? じゃ、体を拭きましょうね。
「なんか恥ずかしいな、コレ」
 そんなことないわ。病人なんだから甘えていいのよ。ふきふき。
「ん、そうさせてもらうよ……」
 体を拭いて着替えさせ、薬を飲んだ彼が眠ってしばらく経つと雛苺がそっと部屋に入ってくる。待っていたわ。おかえりなさい。
「ただいま、なのー……」
 じゃあここからは二人で看病よ。頑張りましょう。
「えいえい、おー……なの」
 とはいえ眠っている相手に出来ることはあまり無い。タオルを交換するくらいだろうか。
 彼を起こさないよう、二人でしゃべる事もせずただ静かに佇む時間。こんなのも悪くない。

 あ、熱下がったの? じゃあ一緒にお風呂に入りましょうか。背中流してあげる。
 ……え、何か当たってる? ふふ、あててんのよ。



《最初と比べて大胆になってきた巴さん 》


「あはははははははははははははははははははははーー! チョンパーー!」
「ま、待てーー! 落ち着けぇーー!」
 人として行ってはいけない方にキレた地味な子が鋏を持ってバカップルを追い回す昼休み。
 とはいえ、雛苺は水銀燈がすでに保護したので追われているのは女心のわからないチンドン屋のみ。
「そ、蒼星石。お、おお落ち着くですぅ」
 翠星石、私の陰に隠れて言ったってあの子には聞こえないわよ。
「む、むむむ無茶言うなですぅ」
 まあ自分でも無茶だと思う。私だって怖い。武闘派ではない彼女の恐怖は私以上だろう。
 事の起こりは、まあ想像できるとおり。あまりのイチャつきっぷりに見かねた蒼星石が注意。そしてあの腐れ眼鏡が無神経な発言をしたのだ。
 それで今までにも溜まっていたものがあったのだろう蒼星石がキレた。なんかもう色々な涙を禁じえないキレっぷりだ。
「な、眺めてないで何とかするですぅ」
 あなたこそ無茶言わないで。今日は「かしわもち」は持ってきていないのよ。
「う、うわあああーー! …………」
 あ、捕まった。しかもすぐ気絶した。
 仕方ないわね……。そう呟いて懐から桜田君が痴漢撃退用にプレゼントしてくれた「ふぁぶりいず」(特殊警棒・除霊機能付)を取り出す。
「武器があるならさっさと出せです。それとセンスねーにもほどがあるですぅ」
 うるさい。それにコレ使うの初めてなのよ。
 ふぁぶりいずを伸ばし、真紅の絆ックルをかわしてヘタレに鋏を突き立てようとするシザーマンに一閃。……案外早く片付いた。やっぱりターゲットにばかり気が行ってればちょろいもんね。
「お、鬼ですぅ……」
 本当に失礼な小動物ね。じゃ、蒼星石はお願い。私と雛苺は桜田君を保健室に持っていくから。
「ジュン大丈夫かな……?」
 大丈夫よ。いい考えがあるから任せて。あ、あなたの協力も必要よ。
「うん。ヒナがんばるー!」
 いい子ね。

 あ、目が覚めたの? ……ええ、あなたは悪い夢を見たのよ。だから今夜は私たちと一緒にいい夢を見ましょう。



《試合に負けても勝負に勝ってる巴さん 》


 ある休日の午後、久しぶりに真紅もまじえて行うお茶会は実に楽しい。一緒に居る機会は多いが、それでも話の種が尽きることは無い。
「やはり紅茶はいいわね。ジュン、おかわりを……」
 言いかけるが聞いているわけ無いわね、と自分でティーポットをとる。それくらいやってあげるのに。
「ジュンに淹れて欲しいのよ」
 苦笑しながら顔を見合わせ、梅雨でも心はお天気、年中夏の暑さを保つ二人を……
「「んー」」
 苺大福でポッキーゲームと洒落込んでいる馬鹿を見てシメたくなった。真紅、殴らないの?
「もう慣れたのだわ。というか、あなた私を何だと思ってるの?」
 ナイチチで短気で高慢で胸が小さくて乱暴で不人気なつるぺた。……なにかカップが罅割れるような音がしたわね。気のせいかしら。
「胸に関しては貴方に言われる筋合いは無いのだわ。この腹黒貧乳」
 ……脆いわね、このカップ。
 数分後、若干物が壊れた部屋に倒れ伏す私の前には、少しほつれたブロンドの髪が美しい拳鬼。やっぱりかしわもち無しじゃ勝てないわね。
 そして喧騒をものともせずに餡子やら何やらで汚れた口の周りを互いの舌できれいにしている危機感の無いバカップル。周りを見ないのはあいかわらずだけど、今そこにある生命の危機までスルーするのはどうかと思うわ。
「ああっ! ジュンーー!」
 モヤシ小僧を一撃で吹っ飛ばす鬼。あのいろんな所がミニマムな体のどこにそんなパワーが眠っているの?
 追い討ちをかけるかと思いきやテーブルに戻り、新しく紅茶を淹れ直す。
「これ以上やっても惨めなだけなのだわ」
 負け犬の自覚はあったのね。
「うるさい。まだ諦めたわけじゃないわよ」
 そこにあるのはいつもの沸点の低い乱暴者ではなく
「絶対に振り向かせてみせる」
 昔よく見ていた、自信に満ち溢れる幼馴染の姿だった。
 ……どんなにかっこよく言ったところで勝負は既に決まっているんだけど、言わないのは優しさかしら?

 ほら動かないで、薬が上手く塗れないわ。……こっちが終わったら私にも塗ってね。包帯も巻いて。あっ……もう少し優しく……ね。



《センスの無さは遺伝なマジギレ巴さん 》


 粗茶ですが、どうぞ。
「これはこれは。お気を使わせてしまい申し訳ありません」
 手土産もなしに我が家に入り込んできた兎面(文字通り)の変態に手ずからの茶を振舞う。
「安物ですな」などと失礼なことをほざいているが不法侵入している畜生風情に茶を出してやっているだけありがたいと思ってほしい。
「はっはっは……辛辣ですなぁ」
 はて、口に出した覚えは無いんだけど。それにしてもこの愛らしさと遠くかけ離れた獣は何をしに来たのか。
「ふむ……。そうですな、では早速ですが本題に入りましょう」
 いちいちもったいぶるのはやめてほしい。私ははやくあの二人の元へ行きたいのだ。
「あの少年を手に入れたいとは思いませんかな?」
 ……どういうことかしら。
「雛苺を蹴落として、あなたが彼の一番となるつもりはありませんか?」
 私の沈黙をどういう意味にとったのか、兎は言葉を続ける。
「隣で笑い、常に寄り添い、共に歩み続けるのです。雛苺ではなく、あなたが」
 ちょっと待っててください。
 さて、と……。あれは確か父さんの部屋にあったわね。
 いやらしい笑みを浮かべていた家畜は、戻ってきた私の手にあるものを見て色を失う。
「……それは、何ですかな?」
 これ? 柏葉家に伝わる名刀「きれいきれい」(父命名・鬼裂異斬霊)よ。センス無いわよね。珍走団じゃあるまいし、変な当て字しないでほしいわ。
「かしわもち、や、ふぁぶりいずも、どうかと、思い、ますが……」
 だまらっしゃい。私はあの二人が両方とも大好きなのだ。桜田君を独占するというのはとても魅力的だが雛苺の笑顔はそんな邪念を跡形もなく祓ってくれる。
 そこに彼の笑顔が加わればもはや敵は無し。鞘を放り投げ、いやな汗を流している哀れな獲物に無言で一瞥をくれる。
「あの、もしもし? あの、もうちょっとだけ、その、話を……」
 体中の水分を色んなところから出して命乞いをする出っ歯の哺乳類に対し、慈悲深い私は様々な情報の提供と惜しみない協力を条件に命だけは助けてやった。

 もしもし、桜田君? ラビットファーが大量にあるんだけど何か作ってくれない?



《番外編を除いて1クール終了でめでたく最終回の巴さん》

 某国からこんにちは。今日も今日とて万年バカップルはいちゃついている。しかし、もはや私はそれをどうこう言える立場には無い。なぜなら私は第二夫人。
「トモエもくっつくのー」
「そうそう、やっぱり三人一緒じゃなきゃな」
 私たちの邪魔をする無粋な連中(ヤク中、デコ、ツンデレ、書き割り娘、不人気、電波お嬢姉妹)は勿論居ない。重婚可能な国に国籍を移した私たちは晴れて結婚することが出来た。
 そう、桜田君と雛苺と三人で仲良く暮らすという私の願いは叶ったのだ。これも一途に願い続け、努力を怠らずに来た結果だろう。
「「はやくはやくー」」
 ああ、愛しいだんな様と第一夫人が呼んでいる。私は言葉を発することすら面倒になり、二人に向かってダイブする。二人とも愛してるわ。いつまでも一緒にいましょうね。

――――――――――…………………………

 ピピピピ…ピピピピ…
 急に響きだした電子音で私は飛び起きた。……夢? 夢オチ?
 ……やってくれる。ここは幸せな夢を見ることが出来たと喜んでおくべきなのかもしれないけど、あの至福の時間をこの目覚ましはぶち壊しにしてくれたわけだ。
 本来なら叩き壊してしまうところなんだけどこれは雛苺が私に送ってくれたもの。それを壊すなんてとんでもない。この苛立ちは後日どこかで誰かにぶつけるとして、とりあえず今は横で眠る雛苺の寝顔で癒されよう。
 体を起こし、服を着てカーテンを開けるとすっかり気の早くなった太陽が私のまぶたをくすぐる。さて、朝ごはんの用意をしなくちゃ。
 朝日を浴びると元気が出る。さあ、今朝見た夢を現実にするために今日もがんばろう。日本の法律を変えるのは難しいし、できたらできたで邪魔者が混ざりそうだ。
 ならば夢で見たとおりに国籍を変えてしまうほうがまだ楽だろう。桜田君はデザイナー志望だというから国籍がどこの国でも問題はあるまい。

 ああ、まだ寝てていいわよ桜田君。朝ごはんが出来たらおはようのキスで起こしてあげるから。雛苺は起きましょう。二人で作った料理を食べてもらって、今日は三人でデートよ。



《嘘予告って一回やってみたかったんです。ごめんなさい》

 念願かなって(夢の中とはいえ)ジュンと結婚した巴さんにライバル出現!

「どうしたの水銀燈。そんなに泣いてちゃ、せっかくのきれいな顔が台無しよ」
「………、歌ってぇ……」
「いいわよ。じゃあ……もすかう♪ もすかう♪」
「!?」
 黒い天使(内面はどっちかというと白)と戯れる、白い部屋の少女――。

「……ちゃん! 病院食を残して焼き鳥なんて食べちゃいけません! 水銀燈ちゃんも持ってこないの!」
「ご、ごめんなさぁい……」
「あんなゲロみたいな物よりこっちの方がずっと美味しいもーん♪ ぽちっとな」
 どかーん
「!?」
 親友との幸せな一時を邪魔する悪(私情が多分に含まれる)との戦いはもはや日常――。

「ジュン君! ジュン君よね?」
「そうですけど……あの、どちら様ですか?」
「そ、そんな……ひどいわ、あんなに愛し合ったのに……! あの夜は嘘だったの!?」
「え、ええ!?」
 こっそり病院を抜け出した(常習犯)先での、親友の思い人との出会い。そして――

「はじめまして。あなたが巴さんね。水銀燈から聞いているわ(面白そうな子ね……ジュルリ)」
「……はじめまして(この女……デキる……!)」
 ――出会ってしまった、二人。
「なんだか『混ぜるな危険』って頭に浮かんだわぁ……」

 巴さんに続く愛の保守劇場第二期 「はっちゃけめぐりん~こいつ絶対病弱じゃねえよ~」
「あなたのハートにゲロスプラッシュ☆」
「それ絶対流行らないわぁ……」
 ――製作・公開共に予定なし




普段からいちゃつくこの二人がクリスマスにいちゃつかないわけが無い。しかし今だけは故あって我慢してもらっている。あ、あまり動かないで。
「うよー、くすぐったいのー」
 我慢よ、雛苺。彼女のけしからん胸にクリームを塗りながら言い聞かせるのは結構大変な作業ね。エロメガネがちょっとハッスル気味だし。ああ、ちゃんと水着は着てるわよ。裸じゃないからいちはちきんじゃないしbieroでもないわ。
 義姉が一人暮らしをはじめた去年から、私たちはクリスマスをこうして仲良く過ごしている。
ヤク中カラスはゲロ女、卵ジャンキーのデコは腐りかけのクリスマスケーキという相手がいるし、地味双子はおじいさんたちと、馬鹿水晶と食欲魔人は両家の家族と変態兎が集まってパーティーをするらしい。
 え、あの貧乳? 彼女は町をパトロール。なんでも聖なる夜を穢す愚物共をホーリエ(強化ラバー製メリケンサック)と共に紅に染める……予定だったらしい。
「……塗りにくいわね。無駄な凹凸がありすぎるのだわ」
 さすがに可哀想というか惨めなのでこちらに誘ったというわけ。それにしてもこの哀乳はたわわな実りを目の当たりにしてヘコむ姿が良く似合う。
「あなたと大差ないのだわこの黒ずんだまな板娘」
 なにか言ったかしら抉れ乳。
「やはり決着を着けたほうが良さそうね……かしわもちを出しなさい腹黒貧乳」
 いいのかしら? かしわもちがあるときは負けたこと無いけど。
「今回はこちらにもホーリエがあるわ。でも……」
 ……そうね、決着は後回しね。
「や、ジュンー、つまみ食いはダメなのよー♪」
「んー、おいしいよ、雛苺」
「きゃ、くすぐったいのー♪ もージュンったらー♪」
 そして万年発情眼鏡に制裁。ツリーの緑に雛苺に塗られたクリームの白、そして鮮血の赤が揃ってクリスマスカラーの完成。雛苺が介抱に忙しくてクリームを塗れない為、私と真紅はくつろぎタイム。ああ、三人も良いけどやっぱり四人揃うとまた違った楽しさがあるわね。
「同感ね」
 ねえ真紅、今日は家に帰っても一人なんでしょ? だったら、桜田家に泊まっていかない?
「いいの?」
 構わないわよ。久しぶりに四人で寝ましょう。
「そうね……小さい頃以来なのだわ」
 どうせだからお風呂も一緒に入りましょう。そういう付き合いも悪くはないわ。
 穏やかなひと時、手当てが済んだ桜田君と雛苺も交え、懐かしさに包まれながらパーティーは進行していった。

 ところで真紅、私たちと一緒に寝るというのがどういうことかわかってるのかしら……?

|