※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石の翠星石

翠『じゃあ蒼星石は明日一日翠星石のフリをして学校にいってくるです』
蒼『ええ!?それ・・・どうしても?』
翠『あっあー♪秘密ばらされたくなかったら翠星石の言うこときくです』
蒼『うう・・・わかったよ』
翠『じゃあホイホイホイ!デス!あとはウィっグつけて・・・翠星石の完成デス』
蒼『うあー、やめてよー』
翠『翠星石はそんな喋りかたしないデス。ホラホラ』
蒼『うう・・・わかった・・・デス。す、翠星石・・・デス////』
翠『100点じゃあないがまあいいデス!じゃあ早速学校にいってくるデス!翠星石はメールで今日の行動内容送るデス』
蒼『・・・ヤラシイのはナシだよ・・・デス///』
翠『・・・・』


蒼『はあー。こんなことになるんなら昨日あんなことやんなきゃよかった。翠星石・・・やっぱちょっとボクに恨みでもあるのかな』
携帯>マッダーイワナーイデ(着歌
蒼『あ、早速メールだ・・・なんて・・・えええええええ!!』

from翠星石

『ジュンと出会ったら走ってジュンの腕に抱きつく』

蒼『こ、ここここんなことできるわけないじゃあないか!そりゃ翠星石は毎日やってて羨ましいと思ってたけど・・・ボクはジュンくん
  手すら触ったことないんだよ・・・・まだ続きが書いてある』


『あと監視者つけといたから蒼星石がミッションをクリアしないとジュンにあの動画が発信されるデスー』

蒼『・・・』

ジュン『あ、おーい翠星石ぃ』

蒼『わひゃあ!!』

蒼(う・・・ボクは今日一日翠星石、翠星石なんだ)
J『?』
蒼『お、おはようデス!ジュン!今日も相変わらずチッコイデス』
とてててと走ってJUMの腕に抱きつく
蒼(うあーすごい恥ずかしい///)
J『なんだよ翠星石。毎朝毎朝ひっつくなっていってるだろ』
蒼『いいじゃないデスかー。わた・・翠星石とJUmの仲デス!』
蒼(・・・恥ずかしいくらい翠星石になりきってるな・・・)
J『そういえば、蒼星石はどうした?』
蒼『ビク!あ、ああ・・・蒼星石はアホだから昨日喰ったアワビが中ったらしくて今日は休むそうデス!』
J『ふーん・・・そうか。腕、放してくれよ』
蒼『!』
蒼『もうちょっと・・・もうちょっとだけならいいじゃない・・・デスか・・・』
J『まあいいけど』
蒼(ごめんね翠星石。ちょっとだけ役得させてもらうよ)

真『おはよう』
雛『おはよーなのー』
金『おはようかしらー』
薔『・・・おはよう』
銀『おはよぅさん』

蒼(誰だ?一体誰が刺客なんだ?皆目検討つかないよ・・・。真紅?真紅か?いや、真紅じゃない。真紅ならあの動画
  を見て平静で入られるわけがない。今はノンキに串を通してる。雛苺?雛苺か?いや、雛苺じゃない。雛苺はどっちか
  というと天然だ。きっと理解しない。金糸雀か?いや金糸雀じゃ・・・)

ポン

蒼『は!?』                 
銀『あらぁ。なにをそんなに驚いているの『蒼星石』?』

蒼(水銀燈ー。キ、キミかー)
銀『あの『動画』中々刺激的だったわよぉ。蒼星石も女の子ねぇ。ふふ。今日一日楽しませてもらうわぁ。『翠星石』ちゃん』
蒼『///////////////////////////////』

地理の授業中。担当の先生はなぜかこない。

蒼(このままなにもないまま終われば・・・)
隣の席のJUMを見る。
蒼『はあー』
ブルブルブル

蒼(メールがきた・・・水銀燈の指示にしたがえ?一体)
銀『翠星石!JUM。ちょっと、ちょっとコレよんでくれない?』
水銀燈はワザと二人の間に入る。
J『ちょ、水銀燈』
蒼『・・・ち、チンボー湖(ボソ』
J『え?なんだって?』
蒼星石はJUMの息がかかるまで顔を近づける。
蒼『ち、チンボー湖・・・///////////』
J『翠星石。なにいって・・・』
蒼『れ、レ・マン湖/////////』

銀『ニヤニヤ』

蒼(誰か地中に埋めてーーーーーー!!』

休み時間。

蒼(ちょっとこんなこと言わせて。翠星石のイメージが傷つくんじゃないかな?)

とぉるるるる♪とぉるるるる るんるん ガチャ

蒼『ちょっと翠星石!あんなことやって大丈夫なの!?』
翠『クラスが違う蒼星石はわからないかも知れないデスが翠星石はいつもあんなんデス。もっともいつもはためらいナシデスから
  JUMも無反応デスが蒼星石の演じるニセ翠星石ならきっとモエモエです!』
蒼『うー。次はなにをやればいいのー?』(半泣き
翠『次は調理実習だったデスね。ならちゃんとJUMにあーんしてやるデス。これなら簡単デスぅ』
ガチャ。ツーツー。
蒼『ちょっと!もしもおし!』
 『ふうー』
蒼星石の首筋に息が吹きかけられる
蒼『あひゃあ!』
銀『さ、次は調理実習よ。行きましょう。『翠星石』ちゃん』

調理実習 試食中

蒼『ホラ、あーんする・・・デス』
J『じ、自分で食べるよ・・・し、仕方ないなあ。あーん』
蒼『あ、ほっぺに米粒ついてるデス・・・・パク』
J『ああ、ごめん』
蒼(や、役得!これは役得なんだね!翠星石!ボク、憧れのJUMくんとこんなことが出来るなんて幸せ)
真『ピキピキ』
J『真紅。喰わないのか?』
真『ええ、目の前にいる誰かさんのせいでまるで箸が進まないわ』
蒼(げ。真紅怒ってる。・・・っと、こんな時翠星石ならなんて言うかな・・・えーっと、えーっと)
蒼『なんデスか?翠星石が羨ましいデスか?でも代わってやらないデス。べー』
蒼(ごめんよ真紅)
真『まあ!この子ったら!』
銀『真紅ぅ。そんなにヒステリックにならないで。ヤクルトでも飲めば落ち着くわよ』
真『水銀燈。・・・そうね。ここで怒ってはエレガントではないものね』

ゴクゴクゴク。 ・・・コテン。スー、スー。

銀『あらあら真紅ったら!はしたない子ねえ!食事の席で寝るなんて』
蒼(水銀燈!ナイスアシストだよお!)
銀(・・・私にもあなたからご褒美もらえるものぉ。今日はがんばっちゃうわぁ)。次の時間は美術で写生の時間よ・・・・ボソボソ
蒼『え・・・』

素直に喜べない蒼星石。


美術の時間

蒼(これが終われば一日が終わる。でも翠星石のことだから・・・)

ブルブルブル

蒼(う・・・。なになに、水銀燈の暗躍によって真紅は排除されました。写生の時間は自由な場所で描いていいはずデス。
  そこで・・・・■◇■□◆←蒼星石しか見えてない文字)
蒼『えええええええええええ!!それは無理だよぉ。だってそんなこと。誰にも見せたことないんだよぉ。だってそんなことしたら
  翠星石のイメージが・・・』
ペクペクペク。←メール返信
マッダイワナイーデー>着歌

『モウマンタイ デスぅ(はぁと』

蒼(うう・・・でもでもこれは・・・いや!いやまてよ蒼星石!これはある意味チャンスじゃあないか?汚い部分は翠星石に被せて
  ちょうどいい頃合でネタバレして、JUMくんに泣きつけば・・・もしかしたら自動的に・・・)
銀『結ばれるわけないじゃない。おばぁかさん』
蒼『水銀燈!なんでボク・・・翠星石の考えてることが・・・』
銀『そんなことぐらい・・・お見通しよぉ・・・ジュル』
蒼(なんでそこで舌なめずりするのお!?)
銀『おっと。今はまだお預けお預け・・・』

蒼『ジュン!ちょっとこっちくる・・・デス』
J『な、なんだよ翠星石』

誰もいない教室 ガチャン

蒼『JUM・・・よかったら・・・翠星石を描いて欲しいデス』
恥じらいながら、ゆっくりと制服を脱いでいく。ブレザーを脱ぎ捨て、ネクタイを外し、ブラウスのボタンを外して、スカートのホックに
手をかける。

J『ちょっとバケツに水入れてくるね』
JUMは教室から出て行ってしまった。

蒼『・・・うう。やっぱボクは肝心な所でだめなんだ!押しが弱くて、翠星石が本当は羨ましいと思ってた。いつも自分に正直で!
  ボクなんか・・・いつも我慢して』
J『でも本当は自分に正直になりたいんだね』
蒼『そうだよ。この罰ゲームだって、プラス思考に考えたら少しは・・・ってあれ!?』
J『なんか今日一日大変だったみたいだね』
蒼『いつから・・・気づいて?』
J『さっきだよ。翠星石だったらあんなに悩ましく服脱いだりしないもん。たぶん』
蒼『うう・・・ご、ごめんねJUMくん。ボクのこと嫌いになったでしょ』
J『ううん。今日の蒼星石、かわいかったよ』
蒼『///////』

蒼『じゃあねーJUMくん』
もう翠星石の格好をしなくなった蒼星石。といっても付け毛をとっただけだが。
蒼『あー、やっと終わったー。長かったなあ・・・ぷあ』
ぶつかった先には水銀燈が立っていた。彼女はなにも言わず携帯を見せる。

蒼『あっ・・・ふぅん・・・JU・・・JUMくぅん・・・JUMくんのほしいのぉ・・・じ、自分の指じゃあ・・我慢できないのぉ・・・・あ、ああん』

銀『ニヤリ』

蒼『そ、その動画は・・・』

余談ですが、蒼星石がこのあと帰宅したのは二時間後だったそうだ。
なぜか腰を抜かしていてガクガクしながら部屋に戻っていったと翠星石は言う。

翠『せっかく腕を振るって豪勢なメシにしたのにバチあたりな奴デスー』

蒼『・・・銀さま(はぁと』

『罰ゲーム。蒼星石、翠星石と入れ替わって、はじめての☆ミッション』

~完~

|