※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローゼンボール トロイメント
世界に7つ散らばるというローゼンボール。これを7つ集めるとどんな願いでも叶うのだと言う・・・
紅「お、おっす。私は真紅なのだわ。これから私の戦いの軌跡を見てもらうのだわ。ネタでしかないのは
気にしたら負けなのだわ。」
集めろ!
金「このローゼンレーダーでローゼンボールを集めるかしら!」
覚醒!
雛「真紅ーーーーーー!!!!」 ドーン!!!
紅「わ、私は怒ったのだわーーー!!」
怒れ!
紅「あのドールのように?雛苺のことか?雛苺のことかーーーー!!!」
新たな敵!
薔薇「私は人造人形ばらすぃー号。手からエネルギー吸っちゃうよ?吸われたい?」
     1・是非吸ってください
     2・死ぬまで吸ってください
   ニア3・殺されてでも吸われきる
ベ「な、何をす・・・あはぁあぁぁああああん。も、もっとぉー!吸ってくれー!」
完全体!?
雪「お腹すいた・・・食べちゃうよ?私の一部になる?」
合体!?
翠・蒼「フュー○ョン!は!」
ちょっと切なかったり?
銀「頑張ってぇ、真紅。貴方がナンバー1よぉ~。」
そして、願いが叶う・・・
ベ「ギャルのパンティーおーくれー!!!」
END








ちゃかちゃちゃーちゃーちゃかちゃちゃー(前奏略)

紅「マクロのそぉーらをー貫いてー」
雛「ちきゅぅうをうーったいーかーづちぃーはぁー」
蒼「我らおさーなきー人類にー」
翠「目覚めてくーれとはなたーれたぁー」

みなさん『マァークゥーロスッ!マァークーロスッッ!!』

銀「雄々しくー発ぁったわーかーものーはぁー」
雪「愛するーひーとをー守りーつつー」
金「新たなひーびをーたたかーいひーらくぅー」

みなさん『Will you love me tomorrow!』

薔「……と、いうわけでジュンには輝の役をやってもらう」
ジ「どういうわけだ」
薔「ちなみにミンメイ役は銀ちゃんで、美沙役が私。
  フォッカー、マックス、柿崎は順にお姉ちゃん、蒼星石、金糸雀で」
ジ「ゼントラーディはどうすんだよ。敵だぞ?」
薔「梅岡」

オチなんてあるわけがない。







ある山奥の村にて。
水「くっ・・・はぁはぁ。良い加減に敗北を認めなさい」
翠「はぁはぁ・・・だ、誰がですぅ!」
水「今のうちに敗北を認めいと公開するわよ・・・!」
翠「やれるものなら、やってみろですぅ!」
水「なら・・・本気で行くわよ」
翠「望むところですぅ!」
・・・

水・翠「ジャンケンポン!あいこでしょ!しょ!しょ!しょ!」
J「お~い、まだぁ?」
蒼「負けた方は早くマロングラッセ買いに行ってよ~」
水・翠「(あるわけない!こんな山奥の村にマロングラッセなんてあるわけない!
  だけど買いに行かされるんだ!負けるわけにはいかないんだ!)」

水・翠「あいこで・・・しょ!!」
・・・
水・翠「あ・・・」
水・翠「あ・・・あぁぁああ!」
J・蒼「はい、水銀燈買ってきて」
水「いやぁぁぁああ!」







べ「さぁ~始まりました!JUMのアリスを決める大会『アリス・オブ・ジュン』
  今大会では優勝者にJUMの一生自由使用権が認められるそうです。」
J「なに!僕はそんなこと聞いて(ベシッ)・・・ガクッ」
ベ「さぁ気絶したヒキオタの訳の分からない言葉はほっておいて、
  実況は宇宙の王子ことベジータと、解説に親バカの槐さんをお招きしています。
  槐さんこんにちは。今回の優勝候補は誰ですかね?」
槐「はぁ~はぁ~~薔薇スィ~~かわいぃよぉ~はぁ~~」
ベ「え~、変態はほっといて今大会の出場者を紹介したいと思います。
  ゼッケン1番、妖艶な表情とナイスバディーが武器の水銀燈さん。
  ゼッケン2番、自称策士しかしドジばかり、だがほっとけない金糸雀さん。
  ゼッケン3番、愛情表現が苦手でつい気持ちとは逆のことを言ってしまう翠星石さん。
  ゼッケン4番、普段はクールだが本当は1番の甘えたがり蒼星石さん。
  ゼッケン5番、女王様口調で命令ばかり、だが実は優しい真紅さん。
  ゼッケン6番、天然なのか計算なのか!?純粋なのか腹黒か!?雛苺さん。
  ゼッケン7番、お嬢様育ちですこ~し抜けてる雪華綺晶さん。
  ゼッケン8番、宇宙からの謎の電波を受信する薔薇水晶さん。
  ・・・・おや、あれは何でしょう?会場の観客席の方から・・・
  あ~とっ、観客席で木刀を振り回している女性が居るようです。
  今、警備員に取り押さえられ会場から退場させられているようです。
  色々とハプニングがありましたが、
  以上8名の選手でまもなく試合がおこなわれるよぉです。」








続かないさぁ~!



蒼「君は見た感じ、ドジっ子に見える。」
金「貴方は見た感じ、僕っ子に見えるかしら。」
蒼「人を見た感じで判断しては、いけないよ?」
金「え?私が悪いのかしら?」
蒼「そうだよ、見た感じデ娘。」
金「・・・」



蒼「蒼曰く、人を見かけで判断するれば。」
蒼「最強と謳われるなり。」
銀「・・・ちょっとぉ・・・」
蒼「五月蝿い、見た感じ犬。」
銀「ちょっとぉ!?其れは無いんじゃない!?」
蒼「何?見た感じジャンク、独りよがり、アホの子。」
銀「う、うわぁぁん!!何よ、何なのよー!!!」(明日の方向へ逃亡)


蒼「蒼曰く、堕ちなけりゃ堕とせ。」
蒼「されば、全を統一できよう。」
J「おーい蒼星石、何だ?話って。」
蒼「実は話があって・・・」
J(ドキドキ・・)
蒼「ちょっと御休み。」(起動中のスタンガンを、ジュンの首に付ける。)
J「あっ・・・ぐ・・・」
蒼「さて・・・この薬で、既成事実を作って・・・」








真「JUM、帽子のここを直してちょうだい。」
J「なんだ、また引っ掛けたのか?貸してみろ。」

JUMは真っ赤な帽子を受け取ると庇部分のほつれを丁寧に補修した。
他の部位に異常のないことを確認すると帽子を真紅の頭に被せた。

J「ほら直った。・・・えっと、その、よく似合うぞ。」
真「れ、礼を言うのだわ。」
翠「いつまでやってるですか、こっちのも早く直すです。」
蒼「僕の帽子も見てくれないかな。」
J「・・・あとでやっとくからそこに置いとけ。」
翠「駄目です。ちゃんとフィット感も見てほしいですぅ。」
蒼「帽子は紳士・淑女の嗜みだからね。」
J「分かった、やるよ。」

翠星石は椅子に座るJUMの前まで進み出るとくるっと振り返った。
JUMは三角巾を取ろうとしたが翠星石の頭が下がったために空を切る。
翠星石がちょこんとJUMの膝に腰掛けたのだ。

翠「さ、このまま直すですぅ。」
J「・・・重いからどけよ。」
翠「な、花も恥らう乙女を膝に乗せてなんてこと言うです!」

今にも泣き出しそうな顔で暴れる翠星石。
押さえようとしたJUMだったが、その頭越しに鋏を研ぐ蒼星石の姿をとらえた。

J「!・・・・・・ゴメン、悪かったよ。重くないから、このままなおすから、な?」
翠「う、本当ですか?じゃあとっとと直すです。」

JUMはやわらかな重みを膝に感じながらも金属と石の摩擦音に生きた心地がしなかった。(終わる)






雛「真紅たちばっかりずるいのー。」
の「でもヒナちゃんも可愛いリボンがあるじゃない?」
雛「ヒナのリボンは大丈夫なの、だからヒナもお帽子がほしいの!」
の「困ったわねぇ・・・あ、いいものがあるわ。」

箪笥の奥からのりが引っ張り出してきたのは黒地に黄色の模様がある妙な形の帽子。

の「はいお帽子。ほら、ヒナちゃんにぴったりよ。」
雛「わー、猫さんなの。」

猫帽子をかぶった雛苺は一目散に階段を駆け上がりJUMの部屋をノックした。

雛「JUMー、開けてなの。」
蒼「雛苺?待ってて。」

開いたドアの先には背筋の凍るような笑みを湛えた蒼星石が立っていた。
しかし雛苺は気にも留めずそのままJUMのそばに駆けていく。

雛「JUM、これヒナのお帽子なの。似合うでしょ?直してほしいの。」
翠「もうちょっとかかるから大人しく待ってるです。」

そう答えた翠星石は脇のあたりに力を感じた。
次の瞬間、体が浮き上がり床にふわりと着地した。

J「ふん、ガーーーーー(ビリビリビリーッ)」
雛「あーん、ヒナのお帽子ー。」
J「せっかくの縦ロールがつぶれちゃうからダメー!」

えー、このあとの表現は暴(ryのためカットされました。









もしも薔薇乙女とゼクター(♀)が同じ時空に存在していたら。

真紅「ジュン、紅茶を淹れて頂戴」
カブト「ジュン、私を使わせてあげるからさっさと変身しなさい!
    べ、別にあんたの事なんか何とも思ってないんだからねっ!」
ジュン「ツンデレ乙。真紅、時に落ち着いて絆パンチはやめてくれ」

金糸雀「ワーム退治は薔薇乙女一の頭脳派のカナにお任せかしらー!」
ザビー「カナちゃんじゃ不安ですわ。ジュン様、ここは私を使って下さいな。
    私のパーフェクトハーモニーが……」
ジュン「ぶっちゃけた話、ザビーゼクター雪華綺晶とキャラ被ってない?」

翠星石「こらチビ人間! 翠星石がわざわざクッキーを焼いてやったから、
    ありがたく食いやがれですぅ……」
ドレイク「…………………」
ジュン「何か物陰からドレイクゼクターが物凄い目つきで睨んでるんだけど」

サソード「ジューンっ♪ 変身していいよっ? さあ私を使って……」
薔薇水晶「………………」
ジュン「幼女乙。それから薔薇水晶、サソードヤイバーをしまってくれ」

蒼星石「あ、あのジュン君……僕ね」
ガタック「お帰り、ジュン。食事にするか? 風呂にするか?
     そ、それとも……私に…………」
ジュン「素直クール乙。そして蒼星石、変身もしてないのにダブルカリバーを構えるな」


某ゼクター萌えスレを見てインスパイアされた。内訳は
カブト:ツンデレ、ザビー:お嬢様、ドレイク:ストーカー、サソード:幼女、ガタック:素直クール。
後、蒼い子とガタックゼクターからは地雷女の匂いがプンプンするぜ。







J「さーて、風呂にでも入るか。」
J「よし、着替えは持ったな。」
ガチャ
真「・・・・・・」
J「・・・・・・」
真・J「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」
J「なっ、なっ、なっ!」
真「ふ、不潔なのだわー!!」
J「あっいや、なっ!」
真「絆パンチ!!」
J「なっ、なーーー!!」
ドンガラガッシャーン
真「こ、これくらいされて当然なのだわっ!!」
バタンッ

J「・・・・・・」
水「あらぁ?何してるのぉ?」
J「・・・風呂に入ろうとしたら真紅に殴られた。」
水「真紅と一緒に入ろうとしたのぉ?」
J「なっ!違う!!」
水「今度から、言ってくれれば私が一緒に入ってあげるわぁ。」
J「・・・丁重にお断りします。」
水「なっ!私じゃ役不足だって言うの!?」
J「い、いやそうゆう意味じゃ・・・」
水「問答無用!!」
J「なっ!またか!?」
ドンガラガッシャーン
水「恋する乙女の気持ちを踏みにじった罰よっ!!」










NGワード sinineta

僕は姉と二人暮しだ。両親は家には帰ってこない。

ある日、近くに住む雛苺が遊びに来た。
しかし、うにゅーうにゅーとうるさいので殺した、死体は庭に埋めた。
次の日に死体を確かめるために掘り返してみると死体は消えていた。

ある日、些細なケンカで友人の真紅を殺した、死体は庭に埋めた。
次の日に死体を確かめるために掘り返してみると死体は消えていた。

ある日、恋人の水銀燈から結婚を迫られたので殺した、死体は庭に埋めた。
次の日に死体を確かめるために掘り返してみると死体は消えていた。

ある日、嫌味な上司の翠星石を殺した、死体は庭に埋めた。
次の日に死体を確かめるために掘り返してみると死体は消えていた。

ある日、姉ののりが事故に遭って介護が必要になったので殺した、死体は庭に埋めた。
次の日に死体を確かめるために掘り返してみると死体は消えていなかった。
次の日も、次の日も、次の日も…………
いつまでたっても死体は消えなかった。




ネタ元「ブラックジョーク








マーク・ド・ナルドにて。

客「すいませ~ん。照り焼きマークバーグァーとスマイル0円下さい」
真・水・蒼・翠・巴・雪・雛・金・J「(にっこり)」
薔「(にぱ~)」


その場に居合た客が性別関係なく全員鼻血を吹いて目をハートにして病院に運ばれた。
これによりスマイル0円は全国で禁止となった。
これに対して全国スマイル0円同盟はジオン広告に何故か名を改め反発。
座尾家の出銀、魏恋、騎士痢唖、怒酢琉、牙屡真を中心に全国的に暴動が発生した。
当初、すぐ鎮圧されると思われたこの暴動は、予想外に延びた。
最終結果としては死傷者、1000万人。行方不明者、100万人。
鎮圧するのに約一年掛ったこの暴動は、もはや戦争と呼ぶにふさわしかった。
そして、後々に「一年戦争」と人々から呼ばれるようになった。
ちなみに、この戦争の原因を作ったJUM達に関して裁判が起きたが当然無罪だった。




しかし、マスコミ各社は有罪とした。
Guilty smiling face.
罪有る笑顔、と。

その後、スマイル10というユニットでデビューしたJUM達。
美男美女のユニットは予想された通りテレビの前の人間に鼻血を起こさせた。
そして、すぐ解散となったがこれに対して全国スマイル10ファンクラブがエゥー(ry

|