※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処は・・・嗚呼そうか、自分の家だったな・・・
随分牢獄みたいになったな・・・目指してたのは何だっけ?
確か凄い夢だった気がする、何だったんだろう?
今日も起きて、服を作らなきゃ。
ベットから起きて、設計図に何かを書く。
今はこの空間を、紙に書く音だけが占領している。
・・・夢って何だっけ?
凄い大志を抱いてたような・・・何だったんだろう?
今日も今日とて、設計図を元に服を作り上げる。
ガガガガ・・・糸を縫う機械の音が、やがて支配し始めた。


J「ふぅ・・・」


パッと作り上げる・・・うん、問題は無い。
ふと其処に、アルバムを見つけた。
何時の物だったっけか・・・嗚呼其れは数年前に卒業した、学業の勤しんでいた時の写真か・・・
そう考えていると、ふとアルバムをあける。
随分開けていなかったのだろうか、煙が中に舞った。


J「ケホケホ・・・」


ふと目を移す・・・
これは・・・真紅だったっけ?上の名前を覚えていないが、何とか思い出せる。
どんな子だったっけ・・・嗚呼そうか、紅茶ジャンキーだったっけ。
あの日々は面白かったなぁ・・・少しばかり無茶してみたり。
馬鹿な事をしてみたり、俺が良く紅茶を入れてあげていたな。
この子は・・・水銀燈だっけか・・・
こいつとは良く悪さしたよな、授業サボったり。
高校のどっかでタバコ分けてもらったり、けど良い奴だったな・・・
今は何処か良いところで、働いていれば良いんだが。
これは・・・雛苺か、随分子供子供してたがね。
今は何処で何してるかな・・・けど其れでいて皆に優しかったな。
水銀燈も雛苺と居る時だけは、随分柔らかな顔してたしな。
このデコ助は・・・金糸雀か・・・
アホの子で、間抜けばっかりしていたけど。
皆の笑わせ役で、其れで居てしっかりしていたな。
ちゃんとしていたら、今頃は良い会社にでも入ってるんだろうな・・・
こいつは・・・薔薇水晶か。
こいつは不思議な奴だったな、いつの間にか皆に馴染んでいて。
それで居て不思議と、色々話したな・・・
意外とアホな事もしてたな、シュウマイ大好きで。
それでこいつは・・・雪華綺晶か。
皆のお姉さんみたいな奴で、其れでいて凄く気軽に話せて。
少々天然だが、基本的に静かで。
皆に心配かけないように、色々必死にしてたな・・・
こいつは・・・翠星石か・・・
随分最初はいがみ合ったりしたな、何故だったんだろうな?
こいつが居たお陰で、随分学園生活は楽しかったな。
色々企画してくれたり、まぁ・・・馬鹿だったが・・・
この子は・・・蒼星石・・・
最初は随分静かな子だったが、ありゃあ御爺さんに、迷惑をかけない為だったんだよな。
皆の相談に乗ったり、随分やんちゃな一面もあったな。
・・・寝顔が可愛かったな、結構学園でも人気だったっけ。
皆懐かしいな・・・そう言えば俺は・・・
嗚呼そうか俺は、蒼星石に約束したんだっけ。
必ず世界で有名な服の、アーティストになるって。
今俺は何処に居るんだろうか?ろくに外にも出てないな。
・・・そうだ、今度皆に会いに行こうか。
俺は多分駄目な奴に成っちまったが、皆が懐かしくなった。
・・・電話しよう、どいつから掛けようか?
・・・今一番会いたい奴に掛けようか、そうだな・・・蒼星石に掛けよう。
今は誰と結婚したかな?でも・・・取り合えず逢いたいや・・・


数日後の話、一つの式が挙げられた。
かの有名なイギリスの○○社の、とあるブランドデザイナーが。
日本に久しぶりに帰国し、学生時代の皆と同窓会を開いた所。
昔の彼女に会い、式を挙げたとの事。
○○社の社長は、あいつならこんな事しても可笑しくは無いよ、と笑っていたとの事。
式は学生時代の友人と、華やかに行われ。
式はめでたく終わったとの事、後日談で彼はこう語ります。
闇雲に頑張ったらこうなった、ただ其れだけの事。
続いて、午後の天気予報を・・・
プチンと短い音を立てて、テレビの電源が落ちる。
此処はイギリス、ジュンの家だ。


J「幸せは願えば叶うか・・・」
蒼「ジュン君、如何したの?」
J「いや何でもない。」
蒼「そう?けれど隠し事とかはいやだよ?」
J「ああ、分かった。」


そう言うと、一つの本をジュンは、物置に仕舞った。
その本には、学生時代のアルバムとだけ書いてあった。
その本には、後日こう付け加えられる。
「8人の赤ちゃんの、子育て日記」と。

|