※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

口移し

蒼「さてと、苺大福でも食べようかな、ん。美味しい」
蒼「・・何か、僕だけ食べるってのも、気が引けるな(ジュン君と一緒に食べようかな」
玄関『すみませーん、判子お願いしまーす』
蒼「あ、はーい。今行きます」

蒼「今冬なんだけどな・・アイスの贈り物なんて(早くジュン君とお茶したいな」
 ↓
J 「ラッキー、苺大福発見、ん!これは美味い、もう一つ・・んこれは(ry」
J 「あいちゃー食いすぎた。まあ、最後の一つを(パク」
蒼「あっ。僕の苺大福」
J 「あっ。ふぉうへいふぇき(蒼星石」
蒼「僕の苺大福なんだけどな、それ」
J 「ふぃあ、ふぁんとひふかふぉの・・」(いや、なんというかその・・)
蒼「え?僕に分けてくれるの?」
J 「ふぃあ!ふぉうふぁない!ふぉんごふぁってくるふぁら!」(いや!そうじゃない!今度買って来るから!)
蒼「じゃあ、遠慮なく。いただきます」チュ・・クチュ、チュル・・グチュグチュ・・ジュジュ
J 「んっ!!(す、吸われる!!)」ジュルジュルジュル・・・ジュ、クチュグチュ・・・
蒼「・・・ぷはっ。美味しかったよ、ジュン君」
J 「あ、ああ・・(大胆な子、コノ子大胆な子!)」


蒼「今度は一緒に何食べようかな~♪」
J 「!(ま、まだやる気なのか!・・まあ、嬉しいんだけど・・)」

蒼「うーん、アイス送られてきても今冬だし・・」
J 「あ、はいっ!コタツで食べたら美味しいと思います」
蒼「でもグレープフルーツ味は大好きだし・・うーん」
J 「あれー無視ですか?泣いちゃいますよ?」
蒼「あ、そうか。冷たくなかったら良いんだよ」
J 「え?そんなナイスアイデアみたいな言い方で言う事?冷たくないと美味しくないよ?」
蒼「そう言う事でジュン君。暖めて僕に食べさせて・・ん」
J 「口を出されてもな・・」
蒼「もう、我がままだな。あーんしてあげるから。はい、あーん」
J 「あ、ああ。あーん(パクッ)いくふぉ?」(いくぞ?)
蒼「うん。チュ、チュルチュ・・チュパ・・ふぅ、美味しい・・」
J 「ぷはっ、はぁはぁ・・満足しましたか?」タラー

口を離した時に、蒼星石の口からアイスが垂れる

蒼「・・垂れてきた。ジュン君のせいだよ、綺麗にして」
J 「あ、ああ。ごめん・・(白いし、なんか・・なあ?)」
蒼「タオルじゃ駄目だよ、舐めて綺麗にしてよ、クスクス」
J 「分かった・・」ペロ、ペロ、ツツツ、、チュパ・・ペロ
蒼「んっ!そう、いい感じだよ・・くぅっ」
J 「これで・・良いかな?」
蒼「ふふ、次は僕が食べさせてあげる(パクッ クチュクチュ ダラー)」

アイスは胸の方に垂れていく

J「あ、(垂れてる)」
蒼「・・・下の方まで垂れちゃった・・綺麗にしてくれるよね・・?」
J「ああ・・(もう、行くしかねーよな!)」ペロ・・ペロペロ・・チユゥ
蒼「だーめっ。そんな風にしたら服が伸びちゃうよw」
J「ご、ごめん(お預けかよ!)」

蒼星石は服をたくし上げる。下着が顕になり、白く溶けたアイスが胸の上を這っている

蒼「これなら、伸びないから・・ね?」
J「わかった・・チュゥ」ペロ、ペロ・・チュチュ・・チュルチュル・・
蒼「んっ、ふぅ。そんな感じで、いいよ。次こそ食べさせてあげるから」
J「あ、ああ。わ、分かった(あーもう、良い所で・・)」
蒼「(パクッ クチュクチュ タラー)あーごめん、又垂れちゃったー」

蒼星石は自分の足にアイスを垂らした

蒼「ここも、綺麗にしてくれるよね・・?クスクス」
J「あ、ああ・・(脳が浮かされてる、抵抗できない)」ペロペロペロ、、チュポ・・チュルチュル・・
蒼「ふふっ。這い蹲って足を舐めて、まるで犬だね」
J「チュ・・チュポ・・はぁはぁ・・これで、いいかな?」
蒼「駄目だよ、もっと丁寧に舐めて」

そう言うと蒼星石は無理やり口の中に足を突っ込んできた


J「んぐっ、げふっげふっ!(む、無理やり」
蒼「いいよ。凄くいい、その顔ゾクゾク来るよ・・」

椅子に座り、本格的に足で口の中を弄る

J「んっ!・・ふぅ、ぐっ(駄目だ、よく考えられない。硬くなって来た・・)」
蒼「ん?ここは、如何したのかな?こんな事されて、感じるの?変態だね」

左足でジュンの硬くなったモノを弄る

J「!!!!(き、気持ちい・・」ペロ、ジュル、、ジュ・・チュパチュパ・・
蒼「ははは、こんな姿人には見られないね。あのジュン君がこんな変態さんなんだもんね」
J「ふ、ぐぅ・・うっ・・はぁはぁ・・(今日の蒼星石は、いつもと、違う・・)」ジュジュジュ、、ジュパ、、チュ・・
蒼「ねぇ、ジュン君もそう思うよね?・・あ、そうか口に僕の足があるから喋れないよね、ごめんごめん」

そう言うと蒼星石は足を引き抜き。ナニを弄んでいた足の動きも止めた

J「えっ・・何で・・止めるの・・?続きを・・」
蒼「ねぇ、ジュン君はどう思ってるの?教えてくれないと、僕やりたくないなー」
J「俺は蒼星石の事が大好きで、足を舐めるのが大好きな変態です!」
蒼「ふふっ、本当に変態さんみたいだね(ああ、ゾクゾクくる)」
J「・・これで、いいかな?」
蒼「ま、今日はそれで許してあげるよ。じゃ、続きね・・」
『ガラガラガラガラ』
翠「ただいまです。外は寒いですよ・・・って、何してるですか?」
蒼「あ、これはね。ジュン君が床汚しちゃってさ、今お説教してた所だよ」
翠「まったく、ジュンは何してるですか。まあ良いです、私は昼飯作るです。ジュンも食べてけです」
J「ああ。分かった・・(くそっ良い所で!」
蒼「(小声で)じゃあ、続きは僕の部屋でね・・」
J「!!」
蒼「じゃあ、出来るまで部屋に戻っとくね」
翠「分かったです。飯の時には呼ぶですよ」

蒼「じゃ、出来るまでゲームでもして遊ぼうか」
J「えっ!?そ、そんな・・」
蒼「あはは、冗談冗談。そんな悲しそうな顔しないでよw」
J「ご、ごめん・・」
蒼「はい、ベットの傍に座って。・・そう、そこね。・・よいしょっと」
J「あの・・続きを・・(完璧に蒼星石のペースだ」
蒼「ジュン君は何言ってるの?まず這い蹲って僕の足を舐めなよ」
J「あ、ああ。(足を地面につけてるから、本当に這い蹲る格好だな・・)」ペロペロ・・
『ガシッ』
J「えっ?(頭が?」

蒼星石のもう片方の足がジュンの頭を踏みつける

蒼「ジュン君はこう言うの好きそうだよねー」
J「な、なっ!そ、そんな事は・・」
蒼「なら、そのカチカチに硬くしてる物はどう説明するのかなー?」
J「こ、これは・・」
蒼「言えないよね。だって、本当に変態さんなんだもんw」
J「くっ、(今度耳を責めて責めて責めまくってやるからな!!」
蒼「ほら。言いなよ、僕に何処をどーしてほしいの?」
J「・・の、ナニを・・・・ください・・」
蒼「聞こえないなーもう一度」
J「僕の、チンコをいかせてください!!」
蒼「よく言えましたwじゃ、顔上げて・・って、そんな顔しないでよ」

恥辱と屈辱が入り混じって、今にも泣きそうな顔をしている

蒼「はいはい、ごめんね。僕が虐めすぎたよ・・・チュ」

唇に軽く蒼星石の唇が触れる

J「あ・・(なんか、凄く優しい・・)」
蒼「ほら、こっち来て・・」
J「うん・・(暖かい」
翠『ご飯ですよー降りてくるです』
J「・・・('A`)」
蒼「ははは、ホントついてないね。続きは食べてから、ね?」
 ↓
翠「今日はチャーハンです味わって食うです」

コタツの上に美味しそうなチャーハンが鎮座している。正直、大統領でも殴れに行きそうな面構えだ


翠「それで真紅が水銀燈のヤクルトをカルピスと入れ替えてたんです」
蒼「ははは、そりゃビックリするよねw」
J「(おめーは元気な面構えしてるな・・俺なんて・・はぁ・・)」
翠「どうしたですか?具合が悪いですか?」
J「いや、そうじゃなくて。このチャーハンが俺に目で語りかけてくるんだ」
J「『小僧・・俺を食うのか・・お前は俺を食って生き延びるきか・・』ってね」
翠「ナニ馬鹿な事言ってるですか。いいからトットト食いやがれです!」
J「はい、すみません・・」
蒼「(小声で)どうしたの?食べ終わるまで待てないの?」

そう言うと右手に座った蒼星石の左手が、コタツの中でナニに触れてきた

蒼「(小声で)ほらほら、どうかな?」スリスリ、ギュ
J「ちょ、くっ!」
翠「まったく、次は何ですか?今度は何て言われたですか?」
J「あ、ああ『我を食らえ!我を食らってうぬの糧にしろ!』って言われて・・くっ、和解した・・」
翠「それは良かったです。私が作ったチャーハンですからしっかり糧にしろですw」
J「分かった・・クッ・・(服の上からでも。さっきまでされて、敏感になってるか・・なっ!?」
『ジジジジジ』
蒼「(ジッパー開けちゃったw)」シュ、シュ、シュ、シュ、シュ
J「うっ、くっ!!(やばい、そろそろ・・!)」
蒼「(ふっ)いっちゃえ」シュシュシュシュシュシュシュシュ

蒼星石は耳に息を吹きかけ、手を早めだした

J「ぐっ!」
『どるびゅ、どびゅ、どびゅ・・』
翠「あ、忘れてた。デザートがあったのです、持って来るです」

そう言い翠星石が席を席を立つと、蒼星石がコタツから手を出し

蒼「んっ・・チュパ・・ちゅ・・レロレロ・・ふふっ、苦いよw」
J「あ、わっ、ああ(な、何を!?え?こんな所で)」(混乱
蒼「ほら、落ち着いて。チユウ・・チュ、、チュチュ・・」
J「んっ!!!!!!!(ちょ、それ俺の!ねじ込むな!!!)」
蒼「ぷはっ、、、落ち着いた?」
J「・・・はい、これ以上ないぐらい落ち着きました(萎えました」
蒼「それは良かった、僕もがんばった甲斐があるよ」
翠「じゃーん今日のデザートは手作りの苺大福ですぅ。味わって・・あれ?なんか生臭いです」
J「わ、わあ!おいしそうな苺大福だな!!(気づかれたら、やばい!)」
蒼「そ、そうだね。凄く美味しそうだよ、さすが翠星石!」
翠「?よく分からないですが、喜んでもらえて何よりですw」
 ↓
J「ふう、大変だった。さて、今は蒼星石の自室です、何をするか分かるかな?」
蒼「んー分からないよ・・」(ゴソゴソ)

そう言うとベットの中に潜り込んだ

J「いやー凄く分かってると思います、はい(準備万端ですか!?)」
蒼「ん、そう・・じゃ、疲れたしお休み・・zzzz」
J「って、おーい!こら!俺はビンビンなの、BINBIN!!」
蒼「zzzz」
J「・・・そうですかそうですか、寝ちゃいますか。なら無理やりあんな事しても?そんな事しても?」
J「あげくの果てには耳を舐りとおしても、何も言えない訳ですね!?(俺の時代だぜ!!)」
蒼「zzzzz(ゴニョゴニョ)zzz」(コロン

蒼星石が寝返りを打ち布団を返す。口をゴニョゴニョと動かして何か言っているが、良く聞こえない

J「ん?なんて言ってるんだ?」
蒼「zzzz(ジュン君、大好き)zzzz」
J「・・・はぁ。ほら、ちゃんと布団かけなきゃ、風邪引くぞ・・」
J「まったく、ほんと可愛い寝顔して・・よし、俺もお邪魔しようかな(ごそごそ)」
J「温かい。少しぐらい、抱きついても大丈夫ぶだよな」ギュー
J「あー柔らかい、それに・・なんだか・・俺も・・zzzz」

こうして、二人とも眠りに落ちた

THE END

|