※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シ「本当に何者だ!?お前は!?」
J「言うなら死の曖昧が濃い者、死なんて気合である程度何とかなる。」


そう言うと、フンと鼻を鳴らしてジュンは椅子に座る。
如何見ても、刺客と戦う態度では無いジュンに。
シュルクは刺客としての、プライドを傷付けられたのか、憤怒を湛えていきり立っている。
するとジュンは、今にも襲い掛かりそうなシュルクに、笑いながら言った。


J「それ程人間の生き死になんて、曖昧なものは無い。」
シ「可笑しいぞ!?何で生きてる!?腹を裂いて!頭を潰して!」
シ「其れでもお前は、死なないって言うのか!?」
J「其れは違うよ、殺しの詰めがただただ、非常に甘かっただけの事。」
J「俺だって、細胞が一つたりとも残らなければ死ぬさ。」
シ「こやつ・・・やってくれる!」


そう言うと、戦闘の幕は斬って落とされた。
先ずはシュルクが能力なのか、体の変形を促す・・・
すでにジュンの死者当然だったはずの、ジュンの体は既にほぼ全快している。
傷らしい所は、服以外は何処にも無い。


シ「グルルルルル、ゴガァ!」


二足歩行から四足歩行、体毛を全身から生やし、爪を尖らす。
体を変形させ、作り上げたのは狼の体。
其の姿は、毛を逆立たせ眼を血走らさせて、牙を剥き。
普通の人間ならば、見ただけで腰を抜かすほどなのだが。
しかしジュンは、哀れの篭った眼をしている。
まるで死に急ぐ人間を、哀れむかのように。


シ「さぁ、とっとと殺ろうか・・・」
J「・・・出来れば、投降して洗いざらい喋ってもらいたいんだが・・・」
シ「其れは出来ない・・・俺の生き死にだって掛かってるんでね。」
J「そうか・・・残念だが、お遊びは此処までだ。」


途端にジュンの表情が暗くなり、ジュンの心臓が爆音を立て始める。
交渉は無理だと思ったのか、ジュンが手を振りかざす。
手に填められた、意思により変形するリングは、手の甲に集まる。
両手の鉄は、液のようになり、両手の甲に集まった。
液体の鉄は、一瞬球体になったかと思うと。
無数の剣となって、打ち出された。
瞬間的に無数のあらゆる針が、シュルクに突き刺さらんと、襲い掛かる。
シュルクの右腕、左太股を針が抉る。
しかし、シュルクも横に飛んで、致命傷を避けた。
喋る間も無きこの戦闘、シュルクが体の傷部分を、液に変えて傷を塞ぎ始めつつ。
シュルクは狼の腕で、横薙ぎにジュンを切りつけた。
しかしジュンは其れを見切ると、鉄を大鎌に変えて攻撃を防いだ。
ジュンも大鎌で、シュルクを裂かんばかりに、三方向から大鎌の銀光を浴びせた。
シュルクはその銀光を、ギリギリで避けるが、剣圧で皮膚の表面が切れる。
しかし罵声を浴びせる暇も無く、足で地面を弾き間合いを取り。
神速のスピードで、ジュンを切り裂こうとする。
ジュンは其れを避ける事無く、大鎌で勝負を挑んだ。
其れが、ジュンなりの礼儀なのだろうが、普通なら勝てるわけが無い。
しかしジュンには、最新の改造技術が施されている。
ぶつかる瞬間、何かが発射される音がする。
シュルクの口から、赤い液体が発射される。
如何やら液体は血で、ジュン目に当って視界が塞がれたようだ。
シュルクは舌を噛み、血で目潰しを謀ったようだ。


J「チッ!」


シュルクはジュンの体を数度刻むと、飛んできたジュンの鎌を避ける為、間を開けた。
するとジュンは、耳を辺りに向ける。
如何やら聴覚で、相手を捕らえるようだ。
シュルクは其れに気が付くが、行動が数秒遅れた。


J(右前2歩、其のまま前4歩!)


視界が開く前に、銀光を迸らせる。
銀光がシュルクを捕らえる、肉と骨が引き千切られる音がする、如何やら当たったようだ。
視界が開けて来ると其処には、肩から胸まで裂けたシュルクが居た。
シュルクは信じられない、と言わんばかりに目を見開き。
肺を傷つけたのか、血を吐いた。
ジュンの傷は既に、全快していた。


シ「ケフッ!クハッ!ゼェ・・・ゼェ・・・何だ・・・そりゃ!?」
J「冥土の土産に教えておこうか・・・殺戮兵器・・・」


まだ名前を付けていなかったのを思い出すと、瞬時的に名をつけた。


J「・・・ラグナロクだ。」
シ「聞いた事も無い、見たことも無いぞ?」
J「そりゃそうだろうな・・・やっぱり降参は出来ないのか?」
シ「俺が喋ったことは奴等に筒抜け、俺は体に仕掛けられた特殊な機械で、細胞を死滅させられて溶かされ、液となり蒸発する。」
シ「・・・最後に言っておこう、俺は手先の手先ぐらいの存在だ、それでもお前はやるのか?」
J「確かに相手は強大で、絶対に勝てないかもしれない、もしかしたら死ぬかもしれない。」
J「それでもな、でもやらなければ可能性はゼロなんだ、そして皆死んでしまう。」
シ「・・・そうか、最後の情報・・・。」


此処で体が徐々に、溶け始めていた。
既に足は分解しかけている。


シ「死都・・・狂・・・都・・・」
J「・・・京都?・・・何故・・・」


其の瞬間、シュルクの体は液体となり、一瞬で霧となって霧散した。
まるで、名残惜しそうに煙が少し残っていたが、其れもあっと言う間に消滅した。


J「・・・一体何人死ねば、之は終わるのか・・・」
J「一体誰が・・・何が・・・」


ふと部屋を見る、部屋は剣や謎の液で大分汚れていた。
そして一息つくと、汚れえた部屋を掃除し始めた。
そして、全身についた血を落とすため。
服ごと風呂に入った。


J「・・・まるで、死神だな。」


とある所の地下、其処にそれらは居た。
一人の男と人と形容するには、余りに重々しい雰囲気を纏ったそれが居た。
するとそれは、男に話しかける。


???「・・・失敗したようだな。」
部下「アレは捨て駒です、相手の実力を見たいですから。」
???「そうか・・・そうだ、アレはどうだ?良い素体だろ?アレ。」
部下「ええ、アレは良いんですが、何分凶暴性が無いもので・・・」
???「アレを使うのは、もう少し後か・・・まぁいい、時間はまだまだある。」
???「下がれ。」
部下「仰せのままに、我主。」
主「・・・私の体・・・もう一つの私か・・・」
主「・・・・・・」
主「・・・次は何時会えるのか・・・」


そう言うと、其処から主が消失した。
其処から少し離れた、所でさっきの部下が居た。


部下「・・・主・・・」
部下「親愛なる、主よ・・・」
部下「もっと、楽しさを・・・」
部下「もっと、私を楽しませて下さい・・・」
部下「偉大な・・・」
部下「強大な・・・主よ・・・」
部下「もっと、変化を・・・」
部下「もっと・・・」


そう言うと部下も、其処から姿を消した。


昨日の出来事から、10時間後。
ジュンたちは、ロビーに集合していた。
10時間の間に、中に侵入していた異常を調べ上げ。
見つかったスパイを、地下の最下層の尋問室送りにしていた。
そうする事、数時間後。
ジュンたちは起きて着て、集まった情報を頼りに、首都京都に行く事にした。
既に皆の用意は出来ており、食事も全部終わって、ロビーに集合している。


J「・・・(コキッコキッ・・・)」


無言を打ち消すように、ジュンが骨を鳴らし静寂をかき消すと。
ロビーから一行は出発し、バスに乗り込んだ。


J「・・・さて・・・皆、命を此処に捨てていってもらう、之は恐らく俺等にしか出来ない事だ。」
J「嫌とは言わせない・・・いや、はいと言わざるを得ない。」


無言でジュンの話を聞く皆、笹塚やアーカード、スネークは。
今日から、本拠地の防衛施設を守る事にしている。
移動は基本的に車の予定だが、破壊された時は歩きと言う事になる。


J「・・・良いな?それでは之から、バスに乗る。」


そう言うと、皆はバスに乗り込んだ。
先ずは此処から近い、大阪支部まで行く事になっている。
其処から次にシュルクの言っていた、京都まで行くことになっている。
先ほど、罠かもしれないと考えたが、行かなくては何も分からない事を思い出すと。
このハイリスクハイリターンな賭けに、出るしかなくなった。
車の運転はジュンがする、国の特別車なので、検問に捕まる事は先ず無い。
それ以前に、検問が生きてることさえ怪しい所だ。
出発準備は出来ているが、皆表情が暗い。
しかし、皆が大丈夫なのか分からない今、暗くなるのも分かる。


J「・・・出発・・・」


それだけ言うと、車を出発させた。
静寂を車のエンジン音が、揉み消した。

|