※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある休日、JUMと翠星石がデートの昼食してマクド○ルドに寄った日の事・・・

翠「じーーー・・・・」
J「ん?どうしたんだ?翠星石。そんなこっち見てさ。」
翠「な、何でもないですぅ!ただJUMの飲んでるシェイクが美味しそうとか思ってないですぅ。」
J「(何だ、そんな事か)んじゃあお前も飲むか?」
翠星石にシェイクを渡そうとするJUM
翠「しゃ、しゃーねーなー。そこまで言うなら飲んでやるですぅ。ちゅーちゅーちゅー」
J「どうだ?美味いか?」
翠「ふ、ふん。まぁ、悪くはないですぅ。」
J「そっか。じゃあ全部飲んでいいぞ?」
翠「ほ、本当ですか!じゃあ、飲んでやるですぅ。ちゅーちゅー」
J「(幸せそうに飲むよなぁ・・・って・・・いい事考えたぞ。)な、翠星石?」
翠「?なんですぅ?翠星石はシェイクを飲むのに忙しいんですぅ。」
J「いやさ・・・これって間接キスだよな。」
翠「・・・・・・・・・・・・・」
J(あれ・・・反応なしか?)
が、みるみる翠星石の顔は真っ赤に染まっていく。
翠「な、ナナななななななななななななななな何を言ってるですかー!?か、勘違いするなですぅ!!
翠星石はシェイクが飲みたかっただけでお前なんかとか、か、間接・・き・・・キスなんてしたいわけねぇです!」
J「あ、いや、分かったからそんな大声で言わなくても・・・」
翠「お前翠星石をハメやがったですね!?可愛い翠星石と間接キスしたいからってーーー!?」
J「ん・・・じゃあお前の貰うよ。」
翠「へ?」
JUMは翠星石の飲んでいたジュースのストローに口をつけて飲みだした。
翠「な、な、何してるですかーー!?&%’(%%&’%$’(!!??」
J「いいじゃん・・・翠星石の味、美味しかったよ?」
翠「ば・・ば・・バカーーーーーーーー!!!!!!!」

バイト中の真紅「五月蝿い上にムカつくのだわ。」
同じく水銀燈「あらぁ?奇遇ねぇ~。今日は飲みましょう~?ヤクルトで。」
紅「私は紅茶なのだわ。」
FIN

|