※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『貴女のとりこ』 第三回


屋敷を訪れたジュンと巴を出迎えたのは、薔薇水晶だった。
ジュンの顔を見るや、無邪気に笑顔を輝かせて、彼の腕にしがみつく。

「ごめんな、薔薇水晶。今日は、雪華綺晶に話があって来たんだ」
「……聞いてるよ。お姉ちゃんは、巴ちゃんと二人で話がしたいんだって。
 ジュンは、私と一緒に、お話が終わるまで待っていようよぉ。ね?」
「うん…………だけどなぁ」

ジュンは女性に甘い。俗に言うフェミニスト。
それが彼の長所であり、また、短所でもある。
優しすぎるから、女の子たちは誤解してしまうのだ。『私のこと、好きなのかな?』と。

巴は複雑な想いを胸に押し込めて、クスッと微笑み、ジュンに言った。

「遠慮しなくて良いよ、桜田くん。わたし、ちょっと話をしてくる。
 桜田くんは、薔薇しぃちゃんと待っていて」
「あ、ああ。柏葉が、そう言うんなら」
「あはっ! やったあ。ねえ、ジュン~。お茶にしよぉ?」

はしゃぐ薔薇水晶と、困惑するジュンを応接室に残して、巴は雪華綺晶の部屋に向かった。
以前、来たときに案内されたので、場所は知っている。

(どうやって……切り出そうかしら)

二階へと続く階段を昇る足が、小刻みに震えた。
やっぱり、怖い。膝が、カクカクいっている。一歩、踏み出す度に、転んでしまいそう。

でも、行かなければ。行って、言ってしまわなければ。

巴は気力を振り絞って、薄暗い階段を登り切った。
無意識の内に、つい、足音を忍ばせて廊下を歩いてしまう。

(しっかりしなきゃ……桜田くんが、待っててくれるんだから)

両腕を掻き抱いて、身体の芯から湧いてくる震えを、押し止めようとする巴。
もう、こんな事は終わらせなければならない。
終わらせるためには、進まなければいけない。



そして――
巴は、雪華綺晶の部屋の扉を、目の前にして立った。

 《 ☆きらきーのお部屋★ 》

コミカルなドアプレートが、何故か、とてもグロテスクな物に見えた。
巴は生唾を呑み込み、大きな深呼吸をひとつすると、震える手で扉をノックした。

「はぁい? どなたですの?」
「あ……あの……柏葉ですけど」
「あらぁ、柏葉さん。お待ちしていましたわ。さあ、お入りになって」

入室を促す返事。
どうする? 入るべきか……それとも、扉の前で用件だけ伝えて、立ち去ろうか。
顔も合わせずに、一方的な通告をするなんて無礼だ。それは承知している。

(だけど、わたし……面と向かったら、きっと何も言えなくなってしまう)

やっぱり、扉越しに話をして帰ろう。そう結論を出して、巴は息を吸い込んだ。

「わたし、貴女のお部屋には入れない。だから、このままで話をするわ。
 きらきーさん、聞いて欲しいの」

室内から、返事は戻ってこない。しかし、巴は自らの想いを、吐露し続けた。
こういう事は、ハッキリ言わないと解ってもらえない。
そう、思っていたから。
絶対に自分の気持ちを伝えると、覚悟してきたから。

「お願いだから、もうメールを送ってこないで。しつこく付きまとわないで。
 わたし……本当に、迷惑しているんです」
「…………」
「わたしは、貴女の人形じゃないの! いちいち、指図してこないで!
 ハッキリ言って、気持ち悪いんです」

話している内に感情が高ぶってきたらしく、巴の声が、徐々に大きくなっていく。
扉の向こうは、相変わらずの無音――

――かと思いきや、微かな物音が、巴の耳に届いた。
それは、すすり泣く声。部屋の中で、雪華綺晶は声を殺して泣いていた。
途端、巴の胸に、苦い罪悪感が溜まっていく。
頭に血がのぼりすぎて、言い過ぎたかも知れない。

いたたまれなくなって、巴が踵を返し、その場を後にしようとした時、
ドア越しに、雪華綺晶のか細い声が漏れてきた。

「……ごめんなさい。柏葉さん……ごめんなさい」

雪華綺晶は、ひたすらに謝り続けていた。

「――きらきーさん」
「私の周りには、多くの知人友人が居ますわ。
 でも……柏葉さんほど、心を許せるお友達は居なかったのです。
 それで、私は、つい出過ぎた真似をしてしまって……迷惑をかけてしまった」

理由を知って、巴の怒りと嫌悪感が、僅かに和らいだ。
誰だって、気心を許せる友達には、行きすぎた事をしてしまいがちだ。

(わたしだって、気付かない間に、雛苺や桜田くんを不愉快にさせてるかも知れない)

そう思ったら、一方的に雪華綺晶を悪と決めつける気持ちは薄れてしまった。
巴は、いま一度、扉をノックして、彼女に話しかけた。

「あのね、きらきーさん。解ってくれたなら、それで良いの。
 もう、メールは送ってこないで。そして、普通のお友達に戻りましょう」
「…………柏葉さん。本当に、宜しいのですか? 許して貰えるのですか?」
「うん。友達として、これからも宜しくね」

土砂降りの雨の中で、雨宿りが出来る場所を見付けて安堵したような雪華綺晶の声に、
巴は思わず頬を緩めて、静かに応じた。
全てが円満に解決したことで、巴の全身から、一気に力が抜ける。
でも、へたり込んでいる暇はない。ジュンを待たせているのだから。

「それじゃあ、きらきーさん。わたし、もう行くから」

言って、向きを変え、階段へと歩き始めた巴の背後で、ドアノブの回る音がした。
雪華綺晶が、泣き濡れた顔で見送ってくれようとしているのだと、巴は思った。
普通なら、恥ずかしくて顔も見せられないだろうに。
巴は、雪華綺晶の健気さに、胸が熱くなるのを感じた。

(やはり、別れの挨拶くらい、顔を合わせてしよう)

折角、仲直りできたのに、初っ端からぎこちない態度を見せるのは避けたい。
背後から小走りに近付いてくる彼女に、巴は、くるりと振り返った。

「きらき――!?」

そこまで言いかけた途端、巴は口元に、ハンカチの様な物を押し当てられた。
薬品の臭いが鼻を突く。

――クロロホルム。

嗅いではいけない。慌てて逃げようとした巴の身体を、雪華綺晶が抑え込む。
華奢な体躯に似合わず、力が強い。廊下の壁に、背を押し付けられてしまった。
子供の頃から剣道を続けてきた巴ですら、振り解けなかった。

「くふふふふふっ。逃がしてもらえるなんて、思ってないですよね……柏葉さぁん?」
「っ!! ……!?」

雪華綺晶の瞳は、狂気に濡れ、妖しく輝いている。
止めていた巴の息が、限界を超えようとしていた。
口で呼吸しようにも、雪華綺晶の手が、しっかりと押さえているので、口が開かない。

巴の意志とは無関係に、酸素を求めた身体が、思いっ切り空気を吸い込んでいた。
ふぅ……っと、意識が遠退き、頭が痺れた。
それまで懸命に抗っていた巴の身体から、力が抜けていく。
雪華綺晶は、巴が完全に意識を失うまで、しっかりと彼女を抑え付けていた。

獲物を捕らえた毒蛇が、毒の回るのを、じっと待ち続けている様に。

「あはははっ。やぁ~っと手に入れちゃったぁ。私だけの、お人形さん」

気を失った巴の頬を、ぺろりと舐めて、雪華綺晶は巴を抱き上げた。
そして、据え付けられた旧式のエレベーターに乗って、屋敷の地下室に降りた。

「ほぉ~ら。もうすぐ、貴女のためのお部屋に着きますからねぇ」

屋敷の地下は物置になっていて、普段でも人は立ち入らない。
そこには、何のために造られたのか分からない小部屋が、一つだけあった。
内側からしか鍵の掛からない、不思議な部屋。
外側からは、鉄扉を壊さない限り入ることが出来ない、怪しい部屋。
電気やトイレまで据え付けられている事から察するに、
先祖の誰かが、引きこもる為に作らせたのかも知れない。

独りになりたいとき、雪華綺晶は密かに、その部屋を利用していた。
その為、簡易ベッドや照明機材などを、家族にも悟られることなく運び込んでいた。

「は~い、到着。暫し、ここで休んでいて下さいな」

雪華綺晶は、簡易ベッドに巴を寝かせて、囁きかけた。

「ちょっと、雑用を済ませてきますわ。おとなしく眠っててね、柏葉さん」

ここまでは、予定通り……いや、予定以上に、事は巧く運んでいる。
今のところ、無駄な動きは一切ない。尻尾を掴まれるようなヘマも、していない筈だ。
雪華綺晶はニタリとほくそ笑んで、エレベーターで二階に昇った。

足音を忍ばせ、執事や使用人、ジュンや薔薇水晶に見付からないように、玄関へ向かう。
素早く、巴と自分の靴を回収して、来た道を戻る。
この時が最も見付かりやすいので、細心の注意を払っていたが、
幸い、誰にも会わなかった。

(あとは――)

自室に戻った雪華綺晶は、さっき急いで作った書き置きを、机の上に載せた。
巴と一緒に出かけてくるが、夕飯までには戻るという内容の伝言である。
女子高生二人が謎の失踪を遂げる狂言の、舞台装置だった。

回収してきた靴を持ち、エレベーターで階下に降りた雪華綺晶は、
エレベーター起動用のキーを抜き取り、動作不能にした。
地下室には、このエレベーターを使わない限り、立ち入ることが出来ない。
これで、当分の間、彼女の邪魔をする者は訪れない筈だった。

雪華綺晶は、巴の待つ小部屋に入って、内側から施錠した。
扉の鍵は、これひとつだけ。合い鍵なんて無い。
その鍵を洋式トイレに投げ捨てて、下水へと流した。

「くふふふふっ…………これで、もう出られない。私も、柏葉さんも」

ここは、二人だけの楽園。汚らわしい俗世から、隔絶された世界。
清楚な巴を、いつまでも美しく留めておくことが出来る、唯一の場所。
妄想の虜となった雪華綺晶の瞳には、この薄暗く小汚い地下室が、天国として映っていた。


 ~第四回に続く~

|