※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・・・」
少し大きめの家のベランダに、切なそうな表情で立つ少女が居た。
長く美しい金髪は、黒のリボンで二つに結んでる。
澄み切った藍い瞳は、サファイアの様だ。
胸は無い・・いや、控えめだが中々良いスタイルを持ってる。

そしてその少女はベランダに設置されてる手すりを掴んだまま、はぁっと溜息を付く。
彼女の表情は、未だに曇っている。
ふと少女は空を見上げる・・・・空は自分の瞳の様な晴天。

・・・・・もう直ぐアリスゲームが始まるとは思えない様な空。

少女は自分の懐から、タオルに包まれた『何か』を取り出す。
その何かを包んだタオルをゆっくり外していく。

・・・・・タオルを外すと、そこには黒く光る拳銃があった。
その拳銃を、少女は曇り顔で見つめ、また溜息。
そして、ゆっくり口を開く。

『・・・国王様は、何故行き成り戦えだなんて・・・・私は戦う事なぞ望んではいないのに』

すると少女は、拳銃をタオルに包み直し、懐に仕舞う。

また少女・・・真紅は口を開く。そしてポツリと『国王様・・・』と呟く。
|