※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「すぅ……すぅ………」
ジュン「気持ち良さげに寝てるなぁ。」
紅「くぅ…………くぅ………ジュン……」
ジュン「僕の夢見てるのか……クスッ、かわいいやつ。」
紅「ジュン…………紅茶を………いれて……」
ジュン「…………前言撤回、やっぱかわいくないわ。まったく………」

バタン



紅「すぅ………すぅ……好き………ジュン……」



ジュン「ぐぅ………ぐぅ………」
紅「ジュン?昨日貸したノート返してもらいに……って寝てるのね。」
ジュン「ぐぅ………ぐぅ……」
紅「しょうがない子ね……」

パサッ

紅「風邪をひくから……布団をかけただけよ?」
ジュン「ぐぅ………ぐぅ……」
紅「………いいえ、ウソね………ねえジュン?私はね……
  こんな形でしか言えないけど…………貴方が好き。」

チュ

紅「貴方に面と向かって言えたら良いのだけど………これで許してね?」


パタン



ジュン「…………ちゃんと言えてるじゃんか………バカ。」









放課後、通学路


ジュン「なあ真紅………?」
紅「何かしら?」
ジュン「この前うちに来ただろ?」
紅「!!え、あ、その………そうだったかしら?」
ジュン「うん。それでだ、まあ……そのな、言ってくれた事はすごく嬉しかったんだけど………」
紅「!!!????え、え、え、あ、あの……何の話をしてるの??わ、訳が分からないのだわ!!」
ジュン「とぼけんなって。あの時寝てるんだと思っただろうけど僕起きてたんだぜ?」
紅「っ~~!!!!!!!!」
ジュン「だから僕は言う。あの時の言葉、真紅の口からちゃんと聞きたい………僕は真紅が好きだから。」
紅「ジュン………………」
ジュン「駄目か?」
紅「駄目じゃ………ない。」
ジュン「なら聞かせてくれ、真紅の本当の気持ち…………」
紅「ジュン………………」



――――私、真紅は貴方が………好き









「暇だしゲームでもするのだわ。ジュン、ゲームを貸しなさい。」
「もってないのかよ。」
「うるさいのだわ。下僕は主人のいうことをきくものなだわ。」
「ハイハイ、じゃあこれをかしますよ。」
つシャドウゲイト
「なかなかおもしろそうなのだわ。」

ゲームスタート
・・・わたしは いま もりの はずれにあるシャドウゲートとよば(ry 
「ここからぼうえんがはじまるのだわ。」

一時間後
「最初の部屋から進めないのだわorz 」

やっと進める
「あんなの詐欺なのだわ。」

つるぎ→つかう→セルフ
「こうすれば装備でき・・・・・・」
私は剣の刃を左胸に(ry
ざんねん!!わたしのぼうけんはこれで(ry
「( ゚д゚ )・・・・・・・・・・」
「こんなの理不尽なのだわorz 」

「ジュン、なんなのこのゲームは」
「いいかい真紅、このゲームはまっとうにクリアを目指すのではなく、
 如何にして死ぬかを楽しむのが正しい遊び方なんだ」
「( ゚д゚ )・・・・・・・・・・」







紅「あの………ジュン?」
ジュン「ん?どうしたんだ真紅?」
紅「さ、最近はコンビニ弁当ばかり食べてるから栄養が偏ってれのではなくて?」
ジュン「あー、えー、うん、そうかも。」
紅「し、仕方ないから私が特別にお弁当を作ってあげたのだわ、ありがたく召し上がりなさい?」
ジュン「へえ、付き合い始めてから初めてだよな……いただきま~す。」
紅「ふふ♪たんと召し上がれ?」


翌日


梅「桜田は腹痛と吐き気で二三日休むそうだ。」
銀「いったい何があったのかしらねぇ?」
翠「おおかた腐った牛乳でも飲んだんじゃねえですか?」
紅「…………クスン。」






ジュン「真紅が料理が出来ないのは経験がないから………
    そんなふうに考えていた時期が私にもありました」






ジュン「なあ真紅?」
紅「何かしら?」
ジュン「良かったら料理教えようか?」
紅「え……?」
ジュン「いや、料理の本読みながら料理作るよりは一緒の方が楽しいじゃん。」
紅「だって…………下手だし………みられたくないのだわ………」
ジュン「だからだよ。ほら包丁はこう持ってさ……」
紅「あ……(後ろから抱き締められてる体勢なのだわ……)」
ジュン「で、こうやって切るんだ………って真紅、顔真っ赤だぞ?大丈夫か?」
紅「だ、だ………大丈夫なのだわ(ジュンの身体が当たって……うぅ……胸が………)」
ジュン「そか、後は……………」
紅「(あ、頭に入らないのだわ………)」








ジェイデッカーのDVD-BOX2発売を記念いたしまして。



真紅「ジュン、紅茶を淹れて頂戴」
ジュン「今忙しいんだって。少し待つか自分で淹れろ」
真紅「主人に対してその物言いは何なの? 大体、あなたは少し……」
デューク「落ち着いて下さい、レディ。紅茶なら私が淹れます」
ジュン(ちょwwwwwww家の前に停まってた救急車ktkrwwwwwwwwww)
真紅「あら? いいの、デューク?」
デューク「勿論です。さあレディ、こちらへ」
真紅「まあ、たまにはデュークの淹れた紅茶もいいわね。
   じゃあジュン、今日はいいのだわ」
デューク「今日はレディの為に、高級菓子店のマドレーヌを取り寄せました」
真紅「ありがとう。あなたは最高のナイトなのだわ……」
ジュン(ちょwwwwwwww僕放置プレイwwwwwwwwwwwww)





ジュン「………(´・ω・`)ショボーン」







紅「目が覚めた? だったら早く紅茶をいれるのだわ」
J「まだ眠いよ、めんどくさい……こんな朝っぱらから」
紅「あら、誰のせいで私はこんなにのどが渇いているのかしら?」
J「/// ……淹れてきます」

ttp://rozeen.rdy.jp/up/2006062221092879.jpg







紅「ジュン、私の人気を上げるにはどうしたらいいのかしら?」
J「うーん、他のキャラの魅力を取り入れてみたらどうだ?」
紅「例えば?」
J「そうだな、例えば雛苺の魅力と真紅の魅力が合わされば真紅の魅力が2倍に強化されるな」
紅「何がどうなるの?」
J「胸が絶壁になる」

--------

紅「ジュン、今度こそまともに答えて頂戴。私の魅力を言いなさい」
J「和服が似合う」
紅「それは遠まわしに貧乳だと言っているの?」

--------

槐「父の日にばらしぃからプレゼントをもらったぞ!」
白「…へぇ、何をもらったんだい?」
槐「牛乳だ!」
白「(え、何それ乳の日っていうギャグ?)」
槐「この牛乳は絶対飲まないぞ! 我が家の家宝にして末代まで伝えるんだ!」
白「無理だこのバカ親父」







紅苺「で、合体してみたなのだわ」
ジュ「どうでもいいけど『紅苺』ってなんか毒ありそうだな」
紅苺「……どうやって合体したのかとか魅力だけ合体させろとか突っ込んでくれないの?」
ジュ(構ってもらいたいオーラは見事に二倍か)








微エロいかもわからんね

「ジュン。触れてみて頂戴」
「……これでいいか」
「ダメよ。もっと優しく、包み込むように」

「もういいわ。おあずけよ、ジュン」
「あ……」
「もしかして、まだ触り足りなかったかしら」
「べ、別に。おまえが言い出したんだろ」
「小さいのには興味ないなんて言っていたくせに」
「だから、僕は」
「違うの?」
「――仕方ないだろっ。その、なんだ」
「(ゴソゴソ)」
「小さいなりに、あったかいし、柔らかいし……」
「(ゴソゴソ)」
「あー、もう何言わすんだ! って真紅、何それ」

『ペットショップで犬を抱き上げているJUMと真紅』
『真紅「どう? チワワも馬鹿にしたものではないのだわ」』
『JUM「でもやっぱ大型犬だろ、ハスキーとか」』

「ワロスワロスなオチをつけておいたのだわ。さあ、続きよ」
「そういう態度はどうかと思うぞ」
「……。ダメなの?」
「……ダメじゃないかも」
「あっ――」
(省略されまry)








真紅は紅茶が好きなので、喫茶店のバイトを始めました
紅茶が好きな真紅は、すぐ紅茶の入れ方などを覚えてくれるので、開始一時間で店長達に気に入られていました

しかし、いざレジをやらせると最悪で
紅茶を飲んでるばっかりで何も反応してくれません
その一時間後、彼女はクビになってしまいました

真紅「きゃあああああああぁぁぁぁぁ!」









銀「いつ見ても真紅の胸は大きいわねぇ」
金「ほんとかしらー!」
雛「爆乳なのー」
真「おほほ…おだてても何も出ないのだわ」
翠「お世辞なんかじゃねぇです」
蒼「そうだよ」
雪「うらやましいです」
薔「いいな…」
真「うふふ…皆も努力すればこうなるのだわ」

───────────



真「ふふ…うふふ………なのだわ…」
蒼「…授業終わったんだけどね」
翠「…起こすのが可哀相なくらい幸せそうですぅ」




薔「不人気な理由は胸じゃないのに(ボソ」
J「ん? 何か言ったか?」
薔「んーん。何でもない」
J「うわっ、どうしたんだよ。急に腕なんか組んで」
薔「んーん♪(スリスリ」


真「ふ、ふフ……ふゥうヴオ゙オ゙オ゙ア゙ア゙ア゙――――!!!」
蒼「な、なんか寝たままいきり立ち出したよ!?」
翠「は、はやく起こすです! ああでも起こしたらもっとやばいような気がっ!?」








まだ、デュークがイギリスで開発途中だった頃……。

真紅「デューク、調子はどう?」
デューク「良好です、レディ」
真紅「あなたの超AIは日に日に成長しているようね。この分なら、もう少しで
   ブレイブポリスの実戦力として戦えるのだわ」
デューク「レディ、よろしいでしょうか」
真紅「? 何かしら、デューク?」
デューク「最近聞いた言葉で、意味の不明な単語がありました。ライブラリを
     検索しても、意味が分からなかった。レディ、教えてもらえますか?」
真紅「いいわよ、何でも聞いてきなさい。意味不明な単語って?」
デューク「ではレディ、『貧乳』とは何なのですか?」
真紅「!!!!!!」
デューク「職員がレディの噂をしているのを耳にしたのですが、その時に。
     私のライブラリにも登録されていない単語です。これはどういう……?」

JET!!

(ジェット絆アッパーを喰らって吹っ飛ばされるデューク。どうやら真紅は
この間日本に行った時、『リングにかけろ2』を読んだようだ)



デューク「……とまぁ、こういう事があったから、私は誓ったんだ。もう二度と
     レディに『貧乳』とは言うまい、と」
ジュン「まあ、死にたくなければその方が………あ」
デューク「レディ自身のスタイルがレディを苦しめるなら、私は万難を排して
     レディを助けようと誓った。このような事は本来本意ではないが、
     既にレディの体をトレースして、最良の形の豊胸パッドを……」
真紅「デューク……知っていたのね」
デューク「え? レ、レディ!? ち、違います! 私はそんな不埒な事は……」
真紅「喰らうのだわ!! 21世紀最強のブロー!!」

(ギャラクティカ絆マグナムを喰らって吹っ飛ばされるデューク。みんなも
真紅の前で『貧乳』と言っちゃダメだよ!)

|