※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「僕の力……あの鋏の事?」
「そう。薔薇乙女第五番が真紅の知る限り、あのアーティーファクトの名前は『レンピカ』
 効果は単純明快、『切れないモノを挟み切る』 ―― 『世界樹』に最も近い二つの秘宝の片割れであり、
 唯一その枝から『知恵の実』と『生命の実』を切り離せる権限を行使出来る、私達の希望よ」
「僕達の目的は、その『生命の実』を手に入れる事なんだ。
 だから蒼星石が、真紅から聞いていたレンピカの使い手だって知って、その、嬉しくてつい……」
「昨日の不埒な真似に及んでしまったのよ。叩いていいのだわ蒼星石、なんなら私が代わりに……」
「お前はもう殴っただろう!? 切り傷刺し傷と違って、ああいう傷痕は糸でも治り難いんだからな!」

あ、涙目だ。傍目から見ていても思わず感動を覚えるくらいの見事なストレートだったもんなぁ。
対して真紅は素知らぬ顔だ。うん、良い意味でふてぶてしい。翠星石といい、見習いたい部分である。

「と……そんな訳で、昨日はごめんな蒼星石、許してくれ」
「うん。変な理由でされたんじゃないって事は分かったから」
「よ、良かった。これが原因で協力拒まれたらどうしようかと思った……」

僕の言葉に、ほっと胸を撫で下ろすジュン君。
思ってたよりも話し易いなぁ、イメージなんて当てにならないものだ。
でもこれなら……聞けるかもしれないな、うん。

「あの……それでさ、話を中断してしまうんだけど、二人に尋ねたい事があるんだ」
「尋ねたい事……? なにかしら?」
「差し支えなかったら教えてくれればいいんだけど、
 昨日、ジュン君に抱き締められた時にね、耳元で聞こえたんだ、『かしわば』って呟きが。
 もしかして、君達の目的に何か関係しているんじゃないかって思ったんだけど……」

そこまで言ってから初めて―――― 信じて貰えないかもしれないけど初めて気付いた。
かしわば=柏葉の方程式に……そうだよ! かしわばって聞き覚えがあると思ったら、柏葉さんだ!

もう言うまでもなく、一人勝手に大混乱。
しまった、折角の良好な雰囲気で、颯爽とジョーカーを引いてしまった!
病院で看護士さんが話してくれた事を思い返せば、それも最悪の札、キング・オブ・ジョーカー!
僕の推測上、二人が最も触れて欲しくないであろう話題暫定第一位! バッドラックとダンスった!
これには頭を抱えて蹲るしかない。というか上二行! 僕のキャラが崩壊してるから!

「ジュン、そうなの?」
「……そういえば呟いていたかも。でもそれなら話は早いな」

そうね、と真紅も頷く。だからごめんなさいごめんなさいごめんなさ―――― あれ?

「そう、貴女の予想通りよ、蒼星石。
 私達が『生命の実』を欲しがっているのは、柏葉巴、私達の友人を助ける為なの」
「柏葉はもう長く昏睡状態ってやつでさ、目覚めさせる為に『生命の実』が欲しいんだよ。
 あ、話が重くなったか。本当、気が利かなくて悪いな」
「ジュン……」
「それに端折り過ぎだって言いたいんだろ? だけど難しく言っても仕方ないって、こんな事情を」

……随分あっさりと明かされました。
過去を覗いてしまった事を悔やんでいた自分を、ホームランボールにでもするかのように景気良く。

「……ほら、困惑しているじゃないの。貴方は順序だてて説明するやり方を覚えるべきなのだわ」
「だとしても言わなくちゃいけない事は変わらな―― 痛っ、
 おい、いい加減に金髪のサイドウィップは止めてくれ。癖に、じゃない、痣になる」

こんな時、どんな顔をすればいいのか分からない……そんな僕の反応を間違って読む二人。
NGワード第一位どころか、そもそも番外だったみたいだ。これは良かったのか悪かったのか。
もうこれだけで複雑な心境だった僕に、しかし二人は更なる衝撃をもたらす事実を明かしてくれた。

「うんとな、あれだよ、僕達が雛苺と一緒に病院にいたのも、その関係」

ああ、うん、今なら結び付くよ。
あの時お見舞いしていた柏葉巴さんの為に戦っていたんだね……って!?

「ちょっと待って……病院って……い、一体何の事を言っているのかな?」
「あれは下手な尾行だったのだわ。しかも看護士さんという痕跡まで丁寧に残しているなんてね」
「僕達が気付いた時はスルーしようと思ったんだけど、雛苺にまでばれるんだもんなぁ。
 もしかして突っ込み待ちなのかと……でも、その様子だと違ったみたいだな」

……うわー! うわー! 僕の馬鹿! 間抜け! 頓馬! お約束!
二人の顔を正視出来ない。まさか雛苺にも見つかるなんて、もう情けないやら恥ずかしいやら……。

「……と、とにかく、その『生命の実』っていうのには、巴さんを治す効果があるんだね」
「巴を治すだけではなく、命という概念に対してあらゆる奇跡を発揮する、らしいのだわ。
 唯一できない事は命そのものの代替のみ……私も知識だけでしか把握していないのだけど」
「それでも、僕達の目的は柏葉を起こしたい、それだけなんだ。別に悪用したい訳じゃない」

なるほど……理由としては納得のいく話だ。
架空の物語でならありふれた話だろうけど、だからこそ違和感も感じずに呑み込めるし、
彼らの言葉を疑うにしても、看護士さんから聞いた巴さんの容態といい、状況証拠なら揃っている。

「さっきも言っただろう? 何より、君達の言葉なら信じられるよ」
「そ、そうか。ありがとう……」

あれ? 困った顔をされた。どうしてだろう、また不味い事でもしてしまったのかな。

「……蒼星石、さっきの、僕が戦いを回避しようとしていた話だけど、あれは……」

「―― ジュン、貴方もさっき私に注意したけど、話が長くなっているのだわ。
 とりあえず今の段階でなら蒼星石は私達に友好的よ。すぐにまた話す機会もあるでしょう」
「…………」
「蒼星石、『生命の実』が欲しい私達が、どうして貴女達と戦う事になったのか、
 その訳についてはまた今度、という事でいいかしら。今のジュンの話も、それに関わる事なの」

彼が言いかけた事、気にはなるけど、真紅の言葉に異論は無い。
この調子なら聞けるのもすぐだろう。それに今日は、色々な事(主に自分の失態)を知って疲れたし。

「今は、君達は友人の為に戦っている、それだけが分かっていれば問題ないよ。
 でも、そうだね、それがどうして薔薇乙女同士で戦う事になったのかは、早めに知っておきたいかな」
「ありがとう。なら後は、日課を済ませて解散にするのだわ」
「分かった。でも蒼星石はどうするんだ?」
「今日は見学させましょう。それが日課の説明にもなるでしょうし」

二人は暗黙の了解の内に、僕から離れて対峙する。
なんとなく、これから行なわれる事について予想がついた。組手か。

「それで、貴女の方はどうするの。隻腕では、昨日までのようにはいかないでしょう?」
「一度、本気で来てくれ。今までとどれだけ違うのか、早く確かめておきたいし」

真紅はこくりと頷くと、腰の横に拳を構えて、次の瞬間、疾風のように突撃して――――
ジュン君は、ダンプにでも轢かれたように、舞った。今まで見たどの攻撃よりも大きく、吹き飛んだ。
僕の鋏よりも、真紅の突っ込みよりも、ずっと、遥かに、桁の違う勢いで、視界から消え去った。
身体が固まる。遅れて震えも訪れる。言葉の発し方も思い出せない。
それだけ真紅の一撃は、僕の戦意を根こそぎ喪失させるほど、圧倒的な迫力を持ったものだった。

「手加減はしなかったのだわ、貴方の望み通りのものよ。どうだったの?」

「…………70%ってところかな。でも、あれぐらいの傷を負った次の日ならこんなもんだろ。
 出せる全長は減ったけど、強度に関しては変わらずと考えていいと思う。大丈夫、いけるよ」

衝撃で舞い上がった砂煙の中から、ジュン君のピンピンした声が聞こえる。信じられない。
彼の姿を遮っていたものが晴れると、最初に目に付いたのは光の糸、
もっとも今は、とぐろを巻いて円状になっている。あれが盾の役割をしたのだろうか。
何にせよ突然の出来事だったので、二人が衝突する瞬間に何が起きていたのか確信が持てない。

「強度の問題だけ? 貴方の反応も遅れを取っていたのだわ。やっぱり昨日の疲れは大きいようね」
「それは否定できないかもしれない。……ごめん、今日は様子見で軽く」
「ええ」
「ありがとう」

―― 突風。思わず目を瞑りかけたが、真紅から発生した異常に、吹き荒ぶそれも気にならなくなる。
薔薇の花弁が、彼女の周囲で渦を巻いていた……もしかしてこれが、彼女の力なのか?

「それでは―― お手合わせ願います、親愛なる主」
「何処からでもいらっしゃい―― 忠実なる下僕」

先に仕掛けたのはジュン君、光の糸は蛇のように地面を這う、大地を削り、怒涛の如き勢いで。
その向かう先は当然真紅―― 彼女は跳ねる、上に。確かにあそこならあの攻撃は通じないけど――
そう思ったのも束の間、波を真似た上下への蛇行から、
糸は唐突に軌道を変えて、一直線に空の彼女を襲った。
無理だ、その流星を思わせる速度に加えて、真紅も空中ではどうやったって避けられない――――
だけど彼女は、なんと集まった薔薇の花弁を足場に、二度目の跳躍を果たした。
彼女の体が行く先にはジュン君が居る。真紅の回避は、既に攻撃へと転じていた。
その速さ、先程と何ら変わらずやはり疾風―――― 怒涛に対し疾風、疾風怒濤の如き両者の鬩ぎ合い。
そして、落雷そのままの轟音と共に激突した二人を見て、僕はここに居る理由を忘れ始めていた……。

「……今日はこの位にしておくのだわ」
「お手数をお掛け致しまして、感謝の極みであります、我が主」
「これより先も、弛まぬ修練を以って、私への忠誠の証としなさい」
「はっ」

あれから三時間……二人は全く休まずに、運動の域を超えた動きを僕に披露し続けてくれた。
……きっとあれだ、軽く、なんて言ってたのは嘘だ。これしきで逃げないか、僕を試す為なんだ。
実は二人とも本気なんでしょう? ははは、やだなぁ、少しは信用してよ。冗談でしょうこんなの。

「悪い、退屈だっただろう?
 格好悪いけど、本調子になるまでは勘弁してくれ。もっとマシな動きになると思う」

凄く真剣な顔で謝られてます。残念ながら冗談じゃありませんでした。
に、逃げないよ、ここまで来て逃げたりはしないけどね……
これからは何かに取り組む際にも、もっと事情を詳しく知ってからにしようと反省しました。
今の僕の生き方を全うしていたら、遠からず命が足りなくなるや。
うん、翠星石からも、『頼まれ事をほいほい引き受けるな』ってよく怒られるし。痛感したよ。

「ジュン。貴方は勘違いしているのだわ」
「え、どういう事だ?」
「蒼星石、恐れる事は無いわ。貴女の意識が畏怖を覚えても、その身体は既にこの領域を知っている。
 私達の日課に混じれば、すぐに同等の動きができるようになるのだわ。少なくともジュン以上には」

私に並ぶのはそう簡単じゃないでしょうけどね。真紅は誇らしげにそう締めた。
それにジュン君は乾いた笑いを返しているが、しかし今は、真紅の自信に疑いの余地を持てない。
それ以前に僕としては、ジュン君の動きにだって追いつけそうになかった。どちらにしても人外魔境だ。
当初の意気込みは何処へやら、果たして僕は、この戦いを生き残る事が出来るのだろうか……?

|