※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ 「動物しりとり。『り』からな。」
水 「リスぅ」
金 「ウグイスかしらー!」
翠 「ラッコですぅ」
蒼 「う…ウワバミ?」
真 「ミミズク。」
雛 「クジラさんなのー!」
薔 「ノルウェージャン・フォレスト・キャット…」

ジ 「なあ、誰にツッコめばいいんだ?」
水 「私はいつでもOKよぉv」
金 「カナだって想定の範囲内かしらー!」
翠 「だ、誰がジュンなんぞと!」
蒼 「…僕も、いいのかなぁ。」
真 「す、好きにしなさい!」
雛 「うゆー?」
薔 「…突っ込むだなんて…」

ジ 「よしわかった。お前ら全員そこに直れ。」
め 「最初は細いものからが入れやすいって聞いたの。」

全 「   m   j   d   ?   ?   」






ジ 「教訓を得て、今回は一人ずつと勝負だ!」
水 「単なる保守のレス稼ぎでしょぉ…」

ジ 「最初は軽く勝てそうな雛苺からいくぞ!」
雛 「うゆー…ジュン、レディに向かって失礼なのー!」
ジ 「まあまあ。それじゃ最初は、雛苺の『ひ』から!」
雛 「ひよこさん!」
ジ 「いや、いきなり『ん』がついてるし…」
雛 「うゆー…じゃ、ひばりさん!」
ジ 「だから『ん』がついてるって…」
雛 「むー、ジュンは我侭なのー!」
ジ 「しりとりのルールを学習して来い。」
雛 「じゃあねぇ…引き篭もり!」

ジ 「…(゜д゜)」
雛 「こっち見ないで欲しいのー。巴に習った言葉を言っただけなのー。」


ジュン×―○雛苺

天然の雛苺は完敗かと思われたが…見事に精神的ダメージを与えて勝利!







ジ 「次は勝手に自滅しそうな金糸雀だ!」
金 「ふっふっふ。甘く見るなかしらー!」

ジ 「よし!最初は金糸雀の『き』から!」
金 「ちょっと待つかしらー!カナの名前に『き』なんて入ってないかしらー!」
ジ 「いや、入ってんじゃん。」
金 「どこにかしら!?」
ジ 「ここ、ここ。」
金 「ジュン…まさかカナの名前を『キムシジャン』だとか思ってないかしら?」
ジ 「そんなわけないだろ。」
金 「じゃ、平仮名で言って欲しいかしら。」
ジ 「え…?『きんいとすずめ』」
金 「小学生以下の学力かしらー!」
ジ 「なにー!?じゃあお前『きむじょんいる』で変換してみろ!」
金 「『金正日』…こ、これはビックリかしら!」
ジ 「だろ?」
金 「って関係ないかしらー!」

ジュン ― 金糸雀

そもそも勝負が始まらない!そしてこの戦いは伝説へ…


ジ 「同じく勝手に自滅しそうな翠星石と勝負だ!」
翠 「ふふふ…今に見てやがれですぅ!」

ジ 「さあ、最初は翠星石の『す』からだ!」
翠 「よかろうですぅ。す…『スロー』ですぅ。」
ジ 「…『ろ』?それとも『お』?」
翠 「伸ばし音をカウントしねーのは常識ですぅ!」
ジ 「じゃあ『ろ』か…ろ…『ろくろ』!」
翠 「ん~…『老女』ですぅ。」
ジ 「…『じ』?『じょ』?それとも『よ』?」
翠 「お前は『老女』を『ろうじよ』とでも読むですかぁ?」
ジ 「じゃあ『じ』な…じ…『人体』。」
翠 「い…『InterNet』ですぅ。」
ジ 「ちょっと待て!なんでいきなり英語なんだよ!」
翠 「この程度も読めんのですかぁ?」
ジ 「『インターネット』だろ…じゃあ『と』か。でもちょっと待て。」

ジ 「何でお前の返答はいちいち面倒なんだよ!」
翠 「ツンデレの特権ですぅ♪」

ジュン△―△翠星石

規定行数で勝負つかず!両者相打ち!






ジ 「ここいらでインテリ系の真紅と勝負だ!」
真 「いいわ。かかってらっしゃい。」

ジ 「じゃ、真紅の『し』からな。」
真 「…しばらく一緒に居て欲しいのだわ。」
ジ 「わ…悪ふざけはよせ。」
真 「折角なのだからいいでしょう?」
ジ 「迂闊にいいとは言えないんだ。」
真 「…駄目なら無理にとは言わないわ。」
ジ 「悪いな…でも僕は、真紅のことが好きだ。」
真 「…!…だ、大好き?」
ジ 「聞くまでもない。」
真 「いいの?私で…」
ジ 「できることなら君と居たいよ…」
真 「…喜んで、ジュン…」

ジ 「はい『ん』がついたー。」
真 「!?しまったのだわ!私としたことが…」

ジュン○―×真紅

ジュンの作戦勝ち!ってか会話しりとりはルール違反では?




ジ 「強敵っぽそうな蒼星石、この辺で戦っておくか!」
蒼 「お手柔らかによろしく。」

ジ 「蒼星石の『そ』からだ!」
蒼 「ソリ」
ジ 「リンス」
蒼 「推理」
ジ 「理科」
蒼 「肩こり」
ジ 「理想」
蒼 「瓜」
ジ 「り…理想郷」
蒼 「浮き彫り」
ジ 「り…リース」
蒼 「スリ」
ジ 「り…り?…りー…∑料理!」
蒼 「倫理」
ジ 「(゜д゜)…林檎」
蒼 「合理」
ジ 「…蒼星石、可愛い顔して恐ろしい子…!」
蒼 「照れるよ、ジュン君。」

ジュン×―○蒼星石

見事完敗。普通過ぎるしりとりで敗れたジュンは一体…

「  サ  ク  ラ  ダ  ・  コ  ー  ド  」  近日公開!





ジ 「さて、そろそろ重鎮と当たっておくか。」
水 「レディに重いってのは失礼じゃなぁい?」

ジ 「早速だが、水銀燈の『す』からいくぞ。」
水 「スキーv」
ジ 「『キ』でいいんだよな?…利き腕!」
水 「デスノートォ」
ジ 「豚骨!」
水 「ツタぁ」
ジ 「た…竹笛!」
水 「絵ぇ」
ジ 「一文字ありかよ!ん~…A型!」
水 「鯛v…て、キリがないわね。この辺で負けといてあげるわぁ。」
ジ 「え、もう?」
水 「ええ、言いたいことは言ったからぁ。ジュンってばホントに私の思い通りに動くのねぇ…」
ジ 「え?え?」
水 「…わからなかったら、私の言った言葉を繋げてみてぇ。それじゃ、またねぇ。」
ジ 「あ、うん。」

ジ 「繋げる…『スキー』『デスノート』『ツタ』『絵』『鯛』…『すきーですのーとつたえたい』…あ。」
水 「…あの鈍感、気付いたかしらぁ。」

ジュン○―×水銀燈

勝負とは別に隠されたメッセージ…勝敗はさておき、やはり水銀燈が一枚上手だったのだろうか?






VS水銀燈…勝利。
VS金糸雀…正日。
VS翠星石…互角。
VS蒼星石…敗北。
VS真紅…告白。
ジ 「だけど…やっぱりこれは納得いかないなぁ…」
VS雛苺…敗北。

巴 「それで…私に?」
ジ 「ああ、勝負してくれないか。」
巴 「別にいいけど…」
ジ 「じゃあ、柏葉の『か』からな。」
巴 「からかい」
ジ 「囲炉裏」
巴 「リストカット」
ジ 「時計」
巴 「遺書」
ジ 「…歯科医」
巴 「胃潰瘍」
ジ 「……海」
巴 「みなしご」
ジ 「………ゴルゴ」
巴 「ごくつぶし」

ジ 「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!」
巴 「あ、桜田くん!ゴメン、つい本音が!」

ジュン×―○巴

桜田ジュンは自らの殻に閉じこもった!柏葉巴の追い討ち!殻に落書きが為された!






ジ 「ついにこのときがやってきた…」
薔 「完膚なきまでに叩き潰してあげる…」

ジ 「薔薇水晶の『ば』からだぞ。」
薔 「バージンロード…」
ジ 「銅!」
薔 「ウェディングドレス…」
ジ 「す…砂絵?」
薔 「エンゲージリング…」
ジ 「ぐ…ぐ?あ、グループ。」
薔 「プロポーズ…」
ジ 「頭蓋骨。」
薔 「ツーショット…」
ジ 「と…トキ!」
薔 「キス。」
ジ 「す…直刃、なんてどうだ?」
薔 「ハネムーン…」
ジ 「あ、『ん』がついたな。僕の勝…」
薔 「…いいよ。別に。でも…その…」
ジ 「…?」
薔 「…なんでもない。」
ジ 「冗談だよ、薔薇水晶。」

   二つの影が一つに…そして…(省略されました)

ジュン○―×薔薇水晶

   心伝えて勝負に負ける。薔薇水晶の想いよ、届け…!

|