※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァンパイヤガール

「姉さん、ピンチです」
思わぬ驚愕というか衝撃にこんなことを口走ってしまいました。
ちなみにここは教室で休憩時間であり皆教室にいます。
「何がピンチなのかしらーっ!!」
そしてこういうことにだけすぐ反応する奴がいる。
「ハハハ、ナンデモナイヨー」
とりあえず誤魔化して金糸雀を追い払った。
視線は翠星石……というか彼女が隠し持っているそれから離せない。
「……翠星石さん、それは一体なんなんでしょう?」
机の下に彼女が隠したソレ。こうしていれば誰も気付きはしないだろう。
そういう意味では安心している。が、翠星石に知られている時点でマズい。
「たまたまジュンの部屋で見つけたです」
綺麗な瞳で、蔑むように僕を睨む。いや、失望か?
そんな彼女の射抜くような視線に僕は快感を覚え――
(覚えるな。違う。僕はノーマル。ノーマルだよ?)
一瞬背筋の凍るような感覚を何かと勘違いしたようだ。
忘れよう。僕は一般人。僕は一般人。
「ハァ……後で話があるです。放課後に、図書室で」
授業の開始を告げるチャイムが鳴り響く。
あらかじめ用意していたのだろう紙袋にソレを入れ、翠星石は自分の席に戻った。


全く授業には集中できなかった。いや、出来よう筈もなかったのだ。
後部から在り得ないほどに冷たい視線を感じ続けていた。
後ろに眼があるわけでもないが、その正体はわかりきっていた。
ノートを取るでもなく、僕はその視線に耐えながら考えていた。
ひたすら必死に、彼女になんと言い訳するかを考えていた……
おかげで先生に当てられた事に気付かず、皆に笑われた。
なのに、その間も視線が止む事はなく、彼女の笑い声は聞こえなかった。
……うわあ、マジ怒ってる?
結局真っ当な言い訳など思いつくこともなく、放課後を迎えた。


「遅かったですねぇ」
人もまばらな放課後の図書室、彼女は人目につかない奥にいた。
気遣いでもないだろうが、少しだけありがたかった。
「どうしたですか、座らないですか」
いちいち言葉にトゲを感じるが、まあ仕方ないのだろう。
言われるがままに椅子に座り、翠星石と向かい合う。
さあ――何から言い訳しようか。
「翠星石さんひょっとして何か勘違いし」
「してないです」
どすんと、机の上にソレを彼女が出した。


標準的な雑誌サイズのそれは、学園憩いの場に酷く似つかわしくないものだ。
その表紙には――えらく薄着の綺麗なおねえさんの悩殺ポーズ。
どう見ても僕の部屋にあったはずの成年向け雑誌です。本当にありがとうございました。
「何か、言い残す事はあるですか?」
翠星石さん。眼が殺気と書いてマジです。
僕はそれを見て説得を諦めた。無駄だと今更ながらに悟ったのだ。
「翠星石……聞いてくれ」
「なんですかその解脱したようないい笑顔……で、言い訳ですか?」
「あのな、翠星石。健康なこの年頃の男子ならそれぐらい当ぜたわば!!」
翠星石の腕が伸びたように見えた。その拳は顔面にめり込んでいる。
「何を開き直ってるですか」
「ご、ごべんばばぃ……」
苦痛に打ち震える。が、多少気が晴れたのか翠星石は落ち着いたようだ。
「ハァ……全く、とんだ変態ですジュンは」
何か諦めたらしい。ただ翠星石は溜息をつくだけだ。
だが、気付いた。その表情は呆れているというよりむしろ……
「翠星石、ひょっとして嫉妬してるのか?」
「なッ!!……」
図星だったらしい。翠星石の表情が一変した。


「そうかそうか……まさかそんな風に考えていたのか」
弱みを握ったと見た僕は調子に乗って畳み掛ける。
「雑誌のモデルに嫉妬なんて意外と可愛いとこあるなあ」
わなわなと震える翠星石。俯いていてその表情はよく見えない。
「まあでも僕はやっぱり翠星石の方がそんな雑誌よりい」
「……言いたいことは、それだけですかぁ?」
「え?」
気付けば、その震えは止まっていた。顔は俯いたまま。
表情は相変わらずよく見えない……が、口元が歪むのだけが見えた。
「自分の立場をよくわかってないみたいですね、チビ人間」
――調子に乗りすぎた。彼女が僕のことを名前で呼ばないのは。
「悪い子には、お仕置きが必要ですぅ」
本気で、我を忘れるほどに怒っているときだ……
「翠星石さん、ここ図書室ですので静かにお願いします」
「そうですねぇ、静かに出来るかはチビ人間次第ですぅ」
暗い瞳に笑みを浮かべ、翠星石がにじり寄ってくる。
どうやら僕は調子に乗りすぎて地雷を踏んだらしい。


「吸血鬼って知ってるですか?」
背後に立ち、首筋にその細い指先を這わせ、翠星石は言った。
名前くらいは誰でも知っている。おそらく世界一有名な怪物だろう。
「吸血鬼は、人の血を吸って相手を操るんですよ」
「え?な、何言ってるんだ翠星石」
「もう二度と妙な口答えできないように、しもべにするです」
言っている事の意味がよくわからない。が、何をされるかは……
「生意気なチビ人間は、こうです」
腕を僕の首に背後から絡めながら、抱きついてくる。
そして、言葉を合図にしたか……肩口に、鋭い痛みが奔った。
「ッ……ぁ、な、何するんだすいせいせき」
翠星石の八重歯が立っている。僕の肩に、彼女が噛みついている。
声をあげそうになるが、ここは図書室だ。無理矢理抑える。
「お仕置き、です……こうすれば、二度と逆らえないです」
傷口から痛みが伝わる。だが、伝わるのは痛みだけではない。
流れ出る血液の上を滑る、生暖かい感触。翠星石の、舌。
「な、なめてる!?や、やめろすいせいせ」
「噛まれて、女の子みたいな声で啼いて。本当に、とんだ変態ですぅ」
僕を虐めるように、翠星石が嘲笑う。そんな声すら感覚を刺激する。


意識がまともに保てなくなる。目の前がぼやけて来る。
貧血なんてほど、血は出ていないはずなのに。
屹度、だから僕は彼女の声と感触に中てられてしまったんだ。
「はぁ、ジュンの味がするですぅ」
うっとりとしたような声を上げて、首から彼女が離れる。
振り返ってみれば、口元からは紅い一筋の糸が流れている。
それが酷く艶かしいものに見えて、ぐらりと脳が揺れた。
「ついでに、こうですぅ」
何かを言っているが、何かはよくわからない。
そんな僕の蕩けた頭が、再び覚醒させられる。
翠星石の、頭が、近づいてきて、唇が、僕の、唇に。
舌が僕の口内を侵し尽くす。それだけじゃあない。
僕の中に入り込んでくる。彼女の唾液と、唾液に混ざった僕の血が。
「ぁ……っは……」
まともに考えられない。息が苦しい。気持ちいい。
ワケがわからないまま、口移しで流れ込んだ自分の血を、僕は飲んだ……


「さ、契約完了です。これでジュンは二度と翠星石に逆らえないです」
先程までしていたことなんて、てんで気にしていないように言ってくれる。
だがもう、二度と逆らおうだなんてヘタなことは思えない。
「あ……反省、しました。もう、本は捨てます」
あんな風にされて、異常なほどに気持ちが良かっただなんて。
僕はやっぱり、まともじゃあないのかもしれない。
「それでいいです。さ、それじゃあ帰るです」
ハンカチで口元を拭い、椅子を仕舞って鞄を抱えた。
いつも通りの表情と、先程までの艶やかな表情がダブって消えた。
「あ、うん。そうだな。帰ろう」
無邪気に僕の手を引いて帰る翠星石。
先程のそれと、どちらが本当の彼女なのだろうか。
……まあ、どうでもいいや。
足早に図書室を出て行きながら、思った。
こんなに可愛い吸血鬼になら、血を吸われてもいいか、と。


END

|