※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「蒼星石のマネッ子大作戦」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

蒼星石のマネッ子大作戦」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 
 <p>
 蒼「だからポーションのプレミアムパックか通常版かで1ギルはいくらか変動するのであって・・・」<br>
 
 J「やっぱり一瞬で傷の治る薬なんだから1ギル=6円とみた方が・・・ってうわっ!!」<br>
 
 水「JUM~乳酸菌摂ってるぅ?(抱き」<br>
 J「うわっ!抱きつくなって!!」<br>
 水「あててんのよぉ」<br>
 J「クソッ先読みされた!!」<br>
 蒼「・・・(僕もこーすればJUM君ともっと親密に・・・?)」</p>
 <p><br>
 翌日<br>
 蒼「あれはJUM君・・・丁度一人だし・・・よしっ!!」<br>
 蒼「JUM君!にゅ、乳酸菌とってるぅ?(抱き」<br>
 J「え!?蒼星石!?」<br>
 蒼「え、っとJUM君?」<br>
 J「どうしたんだ!大丈夫か蒼星石!?」<br>
 蒼「いや、別に大丈夫だけど・・・」<br>
 J「何があったんだ!?」<br>
 蒼「いやだから何も・・・」<br>
 J「蒼星石!!なぁ!おい!!一体何が!!」<br>
 蒼「くっそう!!ちっきしょー!!(逃」<br>
 J「蒼星石ー!!!!!!!!」</p>
 <p>マネッ子失敗</p>
 <p><br>
 蒼「(・・・親密になる所か頭の心配された、ん、あれは・・・)」</p>
 <p>
 翠「チビ人間、チビ人間がそんな風にボーっと歩いてたら壁にぶつかりますよぉ」<br>
 
 J「僕はチビじゃないしそんなまぬけじゃないね!」<br>
 翠「ふん!そんな事で怒るようじゃ器がチビですぅ!!」<br>
 
 J「なんだとこの性悪!!」<br>
 翠「しょ・・・!性悪じゃないですぅ!!私はJUMの心配をしてただけですぅ!!」<br>
 
 J「心配してるならもうちょっと言い方があるだろ!」<br>
 翠「うっ・・・そ、それは・・・ごめんですぅ」<br>
 J「なんだよ・・・その、心配してくれたのはありがとうな」<br>
 
 翠「JUM・・・」</p>
 <p>蒼「(・・・!!これだ!!)」</p>
 <p>翌日<br>
 蒼「おいそこのチビ人間!」<br>
 J「なっ!?蒼星石!?」<br>
 蒼「ボーっとしてたら転ぶよ?君はまぬけなんだから」<br>
 J「な・・・っ」<br>
 蒼「・・・」<br>
 J「・・・」<br>
 蒼「あ・・・あの・・・」<br>
 J「・・・ごめん、気をつけるよ・・・じゃあ(逃げるように去る」<br>
 
 蒼「あ・・・あのJUM君!ちょっと・・・!!」</p>
 <p>蒼「くっそう!!翠星石め騙しやがったな!!」</p>
 <p><br>
 マネッ子失敗2<br>
 普段悪口言わない子に言われると軽く凹む</p>
 <p><br>
 蒼「(あぁぁ・・・親密になる所か何か微妙に距離が・・・ん、あれは?)」</p>
 <p>金「ふふふ、楽してズルしてテストで勝利かしら!」<br>
 J「何だよ、秘策でもあるのか?」<br>
 金「ふふふ、カンニングでバッチリかしら・・・!」<br>
 J「おいおい、バレたらシャレにならんぞ?」<br>
 金「大丈夫かしら、薔薇学一の策士のカナリアにかかれば!」<br>
 
 J「そんな事言ってもお前は抜けてるからなぁ・・・一歩間違えたら退学だぞ?」<br>
 
 金「うっ・・・それは困るかしら・・・」<br>
 J「だろ?真面目に勉強するのが一番だって」<br>
 金「でもでも・・・勉強は苦手かしらぁ」<br>
 J「しょうがないな、わからない所は教えてやるさ、一緒に進級しようぜ」<br>
 
 金「JUM・・・」</p>
 <p>蒼「(なるほど・・・)」</p>
 <p>翌日<br>
 蒼「JUM君、楽してズルしてテストで100点をとろうか」<br>
 J「なっ!そんな上手い話が!?」<br>
 蒼「ふふふ、カンニングでバッチリだよ・・・」<br>
 J「え?蒼星石がカンニング!?」<br>
 蒼「そうだよ、僕にかかればバレずにカンニングなんて・・・」<br>
 
 J「そうか・・・まぁ蒼星石なら上手くできるんだろうな・・・」<br>
 
 蒼「え・・・ま、まぁね」<br>
 J「そうか・・・まぁ俺は真面目に勉強するよ、蒼星石も程ほどにな・・・?」<br>
 
 蒼「え・・・あ、うん・・・」<br>
 J「正直、今まで蒼星石は勉強では良いライバルだと思ってたのにな・・・残念だよ、じゃあな(走り去る」<br>
 
 蒼「え!?あ、ちょ!JUM君!?」</p>
 <p>蒼「何で僕を作ったんですかお父様ぁ・・・!!orz」</p>
 <p><br>
-<a title="souseimanekko" name="souseimanekko"></a></p>
+蒼「(何で上手く行かないんだろう・・・)」<br>
+<br>
+真「JUM、紅茶を入れて頂戴」<br>
+J「ったく、何で僕が・・・」<br>
+真「つべこべ言わないの、全く役に立たない下僕だわ・・・」<br>
 
+J「僕は下僕じゃないって!」<br>
+真「いいから早くなさい」<br>
+J「ったく・・・ほら、できたぞ」<br>
+真「最初からそうしてればいいのだわ」<br>
+J「全く、僕を何だと思ってるんだ・・・」<br>
+真「・・・私の髪を梳かせる下僕はあなただけよ」<br>
+J「迷惑な話だよ全く」<br>
+真「あら、髪を梳かせるって意味を解ってるのかしら?」<br>
+
+J「何だよ?」<br>
+真「あなたが私にって心許せる存在という事だわ」<br>
+J「それって・・・」<br>
+真「・・・しっかり意味を考えて置きなさい」<br>
+<br>
+蒼「(そうか・・・さりげなくならきっとおかしな事には・・・)」<br>
+</p>
+<p>翌日<br>
+蒼「JUM君、紅茶を入れて」<br>
+J「え?珍しいな、いいよ」<br>
+蒼「ありがとうJUM君」<br>
+J「どういたしまして」<br>
+蒼「僕の髪を梳かせるのはJUM君だけだよ」<br>
+J「え?」<br>
+蒼「しっかり意味を考えておいてね」<br>
+J「意味・・・?あの・・・蒼星石・・・」<br>
+蒼「JUM君・・・」<br>
+J「俺蒼星石の髪梳いた事なくね?」<br>
+蒼「・・・あ」<br>
+J「?」<br>
+蒼「うわぁぁぁん!!(逃」<br>
+J「え?あ?蒼星石ー!?」<br>
+<br>
+蒼「だって僕が髪伸ばしたら翠星石とかぶるじゃんか馬鹿ー!!!!!」<br>
+</p>
+<a title="souseimanekko" name="souseimanekko"></a>