中距離に関しての立ち回り

ロイの中距離に関しての立ち回り

ロイが相手と中距離(横回避1回分よりも少し長い距離)で対峙している状況で、相手に攻撃を仕掛けたい時の選択肢。相手の動きをよく見てこれらの選択肢を使い分けましょう。

 

・SJ空NAで突っ込む

シンプルな攻撃手段。シチュエーションとして考えらえるのは

①SJ空NAを出して相手の目の前に着地

これは相手のダッシュやSJなどの行動に対してSJ空NAでリターンを狙おうとしたが、相手が動かずにガードを張っていた、という時に起こりうる。この行動だけでは相手にガードからの反撃をもらって火力を稼がれるばかり。それではいけないので、以下の択を混ぜていこう。

②SJ空NAを深い位置で出して相手の後ろに着地(めくり)

相手の目の前に降りるか後ろに降りるかの2パターンを使い分けることで相手の対処ミスを誘うことができる。

 

・空前で突っ込む

これまたシンプルな攻撃手段。相手が隙を見せていればもちろん狙っていきたいが、空前を警戒してガードを張っている・またガードが間に合うであろう相手にはすかし掴みやめくり着地の択を混ぜて相手の警戒の裏を突いていこう。相手に簡単に処理されないためには読み合いを成立させていく必要がある。読み合いを成立させるためにはより多くの択を「見せる」ことが重要である。

 

・DAで突っ込む

ガードを張っている相手にしてはいけないが、相手が隙を晒した時などに使う。意外とリーチがある。相手が高%の時にロイの弱先端当てを引っ掛けたら即座にDAを狙っていこう。弱先端当てで相手がきりもみ回転なら受け身は取れないし、きりもみ回転でなくてもかなり受け身の難しい技である。

 

・ダッシュマベコン

相手のスマッシュをガードした時や、着地隙(めくりに反応できたらそれにも)に差し込もう。キャラによっては根元で当てると2段目が繋がらないこともあるので、1段目は引き寄せる効果のある先端当てを狙っていきたい。

 

・ダッシュ掴み

相手がガード多めだと思ったら思い切っていきたい。しかしCFのダッシュ掴みのような伸びがなく失速してしまう。また通常のその場掴みより後隙も多い。

 

・すかし掴み

SJ・大Jから空中攻撃で仕掛けると見せかけてそのまま着地して掴む。これを通すためにも相手に「ジャンプからは空中攻撃がとんでくるからガードを張らなければ」という意識付けをさせよう。ロイは落下の速さもあるのでダッシュ掴みよりもすかし掴みを狙うのが吉。

 

・SJ空NA一段止めでめくる

SJ空NAを相手と重なった時に出し、2段目を出さずに相手の後ろに着地する。高%の相手に当たれば、そこから振り向き横強などで追撃できる。

 

・空上後ろ当て

空上は着地隙が短いので相手のガードに出しても反撃されにくい。出し方としては、

①SJ、大Jで相手の後ろに回り込みながら着地と共に空上後ろ当てを狙う

②相手の前で反転SJからの空上後ろ当て

の2種類がある。①の場合は相手の後ろに回り込むためガードされても逃げやすい。②の場合は相手の目の前に降りるので、反撃されないように先端当てを意識した距離感で狙うと吉。

 

・SJ攻撃で突っ込むと見せかけて2段目のジャンプを出す

 

SJからの展開を警戒した相手がロイのSJに反応して置き技を出したりガーキャン掴みを狙ってきた時に使える行動。相手の攻撃を2段目のジャンプで躱し、反撃が可能であれば急降下し空中攻撃を狙う。反撃が厳しいとなれば無理をせずにそのまま通り過ぎるか、引く。

 

中距離の迎撃方法

無理にこちらから攻める必要はない。

距離が近すぎた時は間合いを離す。

逆に遠いなら歩きで間合いを維持しよう。

相手が多用する行動を意識して、それを咎められるようにしましょう。

 

 

・引き空前

回避狩りには安定した迎撃方法。

着他間際に出す事で隙の少ない行動になる。

SJだと間合いを維持しながら出せるのも利点。

前回避やダッシュに刺さりやすい。

 

・引き空NA

空前と違いリーチはないが、当てた後のリターンと隙のなさが強み

回避が読めた時に相手がバースト%ならそのままバーストに持っていける。

 

・振り向き掴み

リスクが低く、リターンがそこそこ。

主に引きSJからの回避狩りでは間に合わない時に使うのが吉

 

弱攻撃

ちょっと強気な行動に出るならこれ。

相手が歩きやダッシュをしてきたら引っ掛かりやすいので狙える

タイミングが合えば前回避にも刺さります。

 

下強

相手のダッシュガードが間に合わない距離で出すと機能しやすい。

弱攻撃よりリターンは少ないが、リーチが長く全体フレームも短いのでローリスクな行動ができる。