裏切りの月に抱かれて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

photo
裏切りの月に抱かれて (ハヤカワ文庫 FT フ 15-2)
パトリシア・ブリッグズ 原島 文世
早川書房 2008-04
評価

by G-Tools , 2008/05/01



評価:★★★★★
購入日:08/04/25
読了日:08/05/01

人狼萌え! と叫びたい。ひさびさにツボにはまってます。面白い~!正直言って、ハーレクインロマンスはヒロインとヒーローのお約束の性格付けが合わなくて、イラ~としちゃうんだけど、これはそうじゃなかった。ハーレクイン系を期待する方は期待ハズレかもしれんけど(笑)。また格好良すぎる男前ヒロインも自分と違いすぎて感情移入できないんだけど、マーシィは肩に力がはいりすぎてない、愛嬌のあるヒロイン。順応性が高いのにちゃんと自分の意思も通すし、男からのアプローチに対してさらりと鈍感なところもわざとらしくなくていい(笑)。乙女的きゅんきゅんのツボを直撃されました。もうもうもう、アダムとサミュエルという人狼ふたりがめちゃ格好いいんですう。どっちかっていうと、私は元軍人のアダム派かな。甲乙付けがたいので、どっちとくっついてもいいんだけど~v。他にもヴァンパイアの人間らしくふるまいながらも、異質だとわかる比喩も良かった。なるほど出来すぎたCGはたしかに硝子に爪を立てるみたいな違和感をおぼえるよなぁと。
この話の一番の魅力は、なんといっても人狼同士の俺様の方が貴様より強い~と高圧的に威圧しながら礼儀正しく張り合っているところでしょう(笑)。人間と違う狼の部分を持った男の魅力にクラクラ。これは少女漫画にしてもいけるんじゃないかな。

コメント



著者名

キーワード



-