楽昌珠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

photo
楽昌珠
森福 都
講談社 2007-10-25
評価

by G-Tools , 2008/04/03


購入日:08/02/25
読了日:08/03/10

面白かった! 桃源郷で再会した幼なじみ三人が夢を見る、華やかなりし唐の宮廷で陰謀に恋に翻弄される夢を。いや、唐の宮廷で生きる夢を見ている現もまた夢なのかも。これは胡蝶の夢、邯鄲の夢。
架空の人物である三人が実在の有名人とまじって、歴史上の大事件を解決するのが見事。ミステリー仕立てで華麗に技を決めてくる。
でも、三話目だけが消化不良ぎみ。この作者ならもっとアッと言わせる仕掛けができたと思うんだよなぁ。

著者名


キーワード


-