陰陽師 > 竜笛ノ巻


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

photo
陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)
夢枕 獏
文藝春秋 2005-03
評価

by G-Tools , 2008/04/03


読了日:05/03/19

 ああ、しみじみと良かったぁ、と思えるシリーズですねぇ。お気に入りです。この巻から登場した賀茂保憲は飄々とした面倒くさがりな晴明の兄弟子さんです。猫又の式神が可愛い。

 最近の怨念凄まじい負の連鎖がつづく後味悪いホラーや、スプラッターホラーが私は苦手なんですが、幻想的なホラーは好きなのです。たとえば、この上質な、平安の闇の手触りをもつ物語は怖くても後味の悪さがなく、しみじみと残るものがあって、もっと怖くて美しくておかしみがあって哀しい幻想的な物語を読んでみたいなぁと思う。

 収録されている掌編、どれもお気に入りですが、特に怖かったのが『首』で、美しいなぁと思ったのが『むしめづる姫』です。

更新日: 2008-04-03

著者

キーワード


-