make PC for CTS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

準備

・LinuxマシンでDL AndroidのSDK環境を構築
Android SDK | Android Developers
 https://developer.android.com/sdk/index.html 
インストール後、tools/androdiを実行してplatform-toolsをダウンロード、adbがつかえるようにする。 .bashrcでPATHを通しておく

 http://source.android.com/compatibility/downloads.html 
から、CTS、CTS Verifier、CTS Media Filesをダウンロード   端末とPCをUSBケーブルで接続

  adb install -r com.svox.langpack.installer_1.0.1.apk
adb install -r android-cts/repository/testcases/CtsDelegatingAccessibilityService.apk
adb install -r android-cts/repository/testcases/CtsDeviceAdmin.apk

で管理者用のアプリをインストールする
  CTS Mediaに移動して

copy_media.sh

を実行、テスト用のコンテンツ等が端末に転送される。

・端末での準備
Settings > Accessibility > Accessibility > Delegating Accessibility Service
で上記にadb installしたCts関係のアプリ2つを管理者に設定

途中ネットワークのテストがあるので、WiFiを接続済みにしておく。

実行

・LinuxマシンでCTSのディレクトリに移動して、

tools/cts-tradefed

を実行

・CTSのプロンプトになったら以下を入力

cts-tf > run cts --plan CTS 

結果

・基本的にはでた課題はHSMに展開
ハードとソフトの切り分け、設定で回避できるかどうか? プリインアプリの課題はないか? 環境依存はないか?

参考

Compatibility Test Suite | Android Developers
 http://source.android.com/compatibility/cts-intro.html[[BR]]

cd ~/SM-C
adb install -r com.svox.langpack.installer_1.0.1.apk
adb install -r android-cts/repository/testcases/CtsDelegatingAccessibilityService.apk
adb install -r android-cts/repository/testcases/CtsDeviceAdmin.apk

chmod 544 copy_media.sh

./copy_media.sh all

WiFi ON and setting

Date & Time Setting

Screen lock  none

Stay wake on

USB debugging on

& secure load is on

allow mock locatios on

Delegating Accessiblity Service ON

Device administrators 2 check on

cd android-cts

./tools/cts-tradefed

adb install ./repository/testcases/CtsTestStub.apk

adb shell screencap -p /sdcard/test1.png

sudo ./cts-usb-accessory

adb install -r CtsVerifier.apk 

adb pull /mnt/sdcard/ctsVerifierReports/ .

ddms

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。