具体的主張


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 日本政府はチベット等、少数民族の浄化問題を無視するな(声を上げろ)

  • 私たちは長野・東京・奈良での言論弾圧を忘れない。

  • 日本政府は中国への弱腰政策を改めろ(パンダ外交、東シナ海ガス田問題、毒餃子問題への対応の批判・災害情報の開示要求、サミットへのダライ・ラマ招致要求・ダライ・ラマと胡錦濤の会談要求など、議論、具体化が必要)

  • 私たちは右や左ではない。政治団体でもない。国政を憂慮する国民である。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。