9月初め~体育祭.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日からまた新学期が始まった。
まだまだ残暑が厳しい中学校へと向かう。
約1ヶ月ぶりに見る校舎は懐かしくも何処か新鮮だ。
久しぶりに会う友達と挨拶を交わしつつ教室へと向かった。



空は雲一つない快晴。
そんな天気に恵まれた中、今日は体育祭が行われるらしい。
らしい、とそんな他人事のように思っても、結局出場するのは自分達生徒なのだから、他人事になるはずもなく。

(それにしても、暑い…)

もう9月下旬だと言うのに、この天気の所為なのか8月と変わらないような暑さだ。
それが根こそぎやる気を奪っていくようで、少しうんざりする。
別に体育祭自体が嫌なわけではないのだが、この気候はいかがなものか。
周りを見てみれば、やる気のある者、ない者、それぞれいる。

(でも、まあ、楽しまないと損だよな…)

きっと、これも後から振り返れば良い思い出となるのだろう。
そんなこんなで体育祭は始まった。



何が一番体育祭で嫌かと聞かれれば、おそらくほとんどの生徒達が、式で聞かされる先生の長話と答えるだろう。
普段なら長話なんてボーっとただ聞き流してれば終わりなのだが、この炎天下では話は別だ。
何せただ立っているだけで体力が奪われていくのだから。
数人の先生が代わる代わる話をしていき、後はこの理事長の話で最後なのだが、この話が特に長いのだ。

(早く話を終わらせてくれ…)

きっとどの生徒も思うことは一緒だろう。
もはや先生の話などは頭に入っていないし聞く気も無い。
ここから見える限りみんなぐったりとしている。
先生は早くこの状況に気づかにのか、それとも気づいた上での嫌がらせなのか。
気を紛らわそうと、いろんなことをぐるぐると頭の中で巡らせていると、何やら後ろの方がざわつきだした。

(……………………?)

気をそちらの方へと集中させてみれば、どうやら誰かが倒れたらしいということが分かる。
ただの朝礼でさえ、たまに貧血などで座り込んだりする生徒がいるのに、この状況なら尚更だろうと思わず納得してしまう。

(ほら先生、みんなもうしんどいんだって!早く話を終わらせてくれよー…)

願いが通じたのか、それともさすがに見かねたのか、その後すぐに話は終わった。
これもさっき倒れた奴のおかげだろうか。

(ところで誰が…)

ふと目線をやると、青木先生に抱きかかえられた女生徒の姿が見えた。

(あれ…あれは白雪?)

倒れた生徒と言うのは白雪だったようだ。
確かに身体も弱いし納得がいく。

(心配だな…)

倒れたのが知り合いと分かったからか、さっき僅かにだが喜んでしまった自分に罪悪感を感じた。
いや、それにしても本来人が倒れたなんてこに喜ぶのは、誰であっても不謹慎だろう。

(はあ…)

先ほどの青木先生に抱きかかえられた白雪の姿を思い出し、複雑な気持ちになった。



いよいよ競技が始まった。
各クラスの選手たちが入場門の所へと集合している。
先ほどの開会式とは打って変わって、生徒たちにやる気が満ちていた。
やはりこういう対抗戦だと、勝ちたいと思ってしまうのが普通である。
まあ、今から始まるリレーでは、俺は選手ではないので応援のみなのだが。
それでもただの応援にすら何だか熱が入ってしまう。

(…はずなんだけどなあ、普段なら)

まだ、何となくさっきの白雪のことが気になる。
俺の出場する予定の借り物競争は、午後の部だ。
まだまだ時間はたくさんある。

(保健室、行ってみるかなあ…)

一生懸命応援しているみんなには悪いと思ったが、それでも自分が出場する競技までに戻れば何も問題はないはずだ。
俺はクラスごとに用意されたテントを抜け、保健室の方へと足を進める。

ち「○○ー!!!!!」
主「ん?」

その時、大声で俺を呼ぶ声が聞こえた。
振り向けば、垂髪が小走りで近寄ってきた。

ち「トイレ?」
主「違うわ!」
ち「んじゃこんなとこで何してんの?」
主「や、さっき白雪倒れただろ?ちょっと心配だから様子でも見に行こうかなーと」
ち「…随分、仲良さそうなのね」
主「え?」

どことなく声のトーンが下がる。

ち「でもさ、そんなに心配しなくて良いんじゃない?」
主「なんで?」
ち「だって先生が保健室連れてったんでしょ?だったら大丈夫なんじゃない?」
主「まあ、そりゃそうだけど…」
ち「だったら○○が行くことないじゃない!」
主「え、あ、ああ…まあ」
ち「ね?○○は、ここで楽しく体育祭してれば良いの!」
主「あ、ああ…そうだな、そうする…」

そこで俺が納得すると、垂髪はいつもの悪戯が成功した後のような無邪気な笑みを見せる。

ち「へへ、今からあたしのリレーが始まるのよ?しかもアンカーなんだから!」
主「あー、そう言えばそうだったな」
ち「ちゃーんと応援しててよね!」
主「分かってるって」
ち「○○が応援してくれるんだったら、あたし1位取っちゃうんだから!」
主「ははは、調子いいな、お前は」
ち「もー、ホントだってば!」
主「はいはい」

(そうだよな、別に白雪のことは、俺が気にすることでもないか…)

垂髪と話しているうちに、いつの間にか頭の中からは先ほどの複雑な気持ちや罪悪感は抜けていた。
こいつと話していると不思議と嫌なことが忘れられるから不思議だ。

ち「おっと、いけない!そんじゃ行ってくるねー!」

そういいながら笑顔で入場門へと向かっていく垂髪を見送った。



主「…すげー」

クラス全員が熱中している中、呆気に取られた俺はポツリと呟いた。
女子のリレー、バトンが垂髪にわたる直前まで、そう差は開いていないもののうちのクラスは最下位だった。
それでも諦めないで応援するクラスメイトたち。
もちろん俺もその一部だ。
そしてバトンがアンカーの垂髪に渡る。
途端、物凄い勢いでどんどん走者を追い越していく。
一気に周りが盛り上がる。
ちょうど垂髪がうちのクラスのテントの前を通る時、一瞬だが俺の方へと笑いかけた気がした。
どきり、と心臓が跳ねる。
そして気づく頃には、見事先頭となっていた。
もちろん、その後も追いつける者などいなく、ぶっちぎりでゴールだ。

ち「やほー!今の見てた?見てた?」

その声に、ふと我に返った。
いつの間にやら走り終えた垂髪が手を振りながらこちらへ向かってくる。

主「あ、お疲れ」
ち「どもー」
主「お前、凄かったな」
ち「へへ、でしょー?言ったじゃん、○○が応援してくれるなら1位取るって!だーかーら、これは○○のおかげ!ね!」

そう言って笑いかけてくる姿に、また心臓がどきりと跳ねる。
そんなこっちの気持ちを知ってか知らずか、意地悪そうな笑みを作ると問いかけてきた。

ち「ねえ、○○…惚れ直した?」
主「…ま、まあな」

何故だか分からないが妙に意識してしまう。

(きっと、これもいつもみたいな冗談だ)

何とか平然を装う。

ち「ホントに?」
主「ああ」
ち「ホントにホント?」
主「だからホントだって」
ち「ホントにホントにホント?」
主「しつこい!」
ち「あはは。…じゃあ、あたしと付き合ってください」
主「あー、はいは…」

(え…?)

流しかけて、はた、と止まる。
垂髪は今何と言った?
頭の中が真っ白になり、そしてぐちゃぐちゃになる。
一体何が起こったのか、俺の頭では理解できなくなり、自然と助けを求めるがのごとく垂髪へと目をやった。

ち「………………」

その瞬間、真っ赤な顔をして若干涙目の垂髪と視線が合う。
まるで何か病気にでも感染したかのように俺の顔へも熱が移る。

主「………………」
ち「……な、何か言ってよ」
主「え…あ、いや…その…」

言葉が上手く出てこない。
周りの騒音がやけに遠くに聞こえる。
まるで俺と垂髪だけ時間が止まったようだ。

主「………………」
ち「…………あの、ね、願掛け、してたの」
主「え…」

言葉の出てこない俺の代わりに垂髪がまた喋り出した。

主「願掛け…?」
ち「…うん、リレーで1位取れたら、告白…しよう、って」
主「………………」
ち「それから、ね、嬉しかったから…」
主「…?」
ち「さっき、あたしが行かないでって言ったとき、行かないでくれて…」
主「さっき?」
ち「保健室」
主「あ…」

そう言って俯き加減でハニカミながら、本当に嬉しそうに微笑む。
さっき、保健室に行くか行かないか迷っていたのは、単なる俺の気まぐれで。
たったそれだけのことでこんなに幸せそうな笑顔を見せる彼女に、何処か心が温かくなった。
いつから俺のことを思っていてくれたのか、常にふざけた口調でいながらも、俺の一挙一動に振り回されていたのか。
そう思うと居ても立ってもいられなくなる。
多分、今の俺の顔もこいつに負けず劣らず赤いに違いない。

(二人してなにやってんだか…)

まるで照れ隠しのように心の中でポツリと思ってみたものの、それすら嬉しく感じてしまう。
多分、きっと、絶対、俺も垂髪のことが好きだったんだ。
そう自覚してしまえば後は簡単だ。
もう一度、正面から彼女を見据える。

主「あ、えっと、俺も、垂髪のこと…」

その言葉に俯いていた顔を挙げ、目を丸くして俺を見つめる。

ち「ホントに?」
主「ああ」
ち「ホントにホント?」
主「だからホントだって」
ち「ホントにホントにホント?」
主「しつこい!」
ち「あはは…はあ、もう、ホントに…ホントに、良かったぁ」
主「垂髪…」

そうして見せた表情は、多分俺が今まで見てきた彼女の表情の中で一番良いものだった。

本日、俺、○○●●には彼女ができました。