11月,


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

教室内、一つの空席をチラリと見る。
今日も垂髪は休み。
ちょうど4日目、普通の体調不良ならば回復している期間だ。

どうしたんだろうなー…。

そんなことをボーっと考える。
垂髪がいない所為か、このところとても静かだ。

鳥「それでさー、垂髪さんったらさー」
小「ねー、あれはいくらなんでもねー」

そのときタイミングよく垂髪の名前が聞こえてきた。
見ればすぐ傍で鳥越と有栖川が何やら話している。
なんとなく俺もその会話に参加してみることにした。

主「何々、垂髪がどうたって?」
鳥「あ、○○もちょっと聞いてよぉ!」
主「おお、聞く聞く」
鳥「あのさー、今垂髪さん休んでるじゃない?あれってさー、この前のイジメの話が原因なのよ!」

その意外な言葉に驚く。

主「え!?何、垂髪苛められてたの!!?」
小「ばーっか!そんな訳ないでしょ!」
鳥「そう、逆よ逆!」
主「逆ぅ?なのに何で…」
鳥「もー、にっぶい!」
小「立場が悪くなったからこれないに決まってるじゃない!」
鳥「ねー、先生どころかクラス中にまで知れ渡っちゃってねー、かわいそ!」
主「えー…でも俺全然気付かなかったけどなあ…」
小「あんたが鈍いだけじゃないの?」
主「いや、絶対知らない奴多いって!」

キョロキョロと辺りを見渡す。

主「な、暁子ちゃん!」
暁「え!?」

偶然その場を通りかかった暁子ちゃんに話をふってみる。

暁「えっと…?」
主「イジメ、あったって知らなかったよな?」
暁「あ…」

少し困ったように眉を顰めながら言葉を続ける。

暁「うん、こんなのって学級委員長失格かもしれないけど…」
主「あ、いや、違うって!そういうんじゃなくって…」
鳥「バカっ!」
小「サイテーね」
主「いや、だから…!」

リ「○○さん」

思いもよらなかった暁子ちゃんの反応に焦り、どうしようかと言葉を探していたところで名前を呼ばれた。
天の助けとばかりに振り向けば、そこには灰塚さんが立っていた。

主「あ…どうかした?」
リ「○○さん、数学のノートの提出がまだですよね?出していただけますか?」

数学のノート…数学のノート…あ、課題のやつ!

主「悪い!すっかり忘れてた…ちょっと取ってくるから」
リ「いいえ」
鳥「やばっ!そう言えば私もまだじゃん!」
小「あたしもだわ!」
鳥「ごっめーん、灰塚さんちょっと待っててー」
リ「あ、はい…」

暁「…………」
リ「…………」
暁「…灰塚さん、どうかした?」
リ「…茨さん、あなたは…ずるいです…」
暁「…そう…そっか…」



放課後、もう既にほとんどの生徒達は下校したり部活に行ったりと、教室の中に人気はほとんどない。

小「ふう…」
主「どうしたんだよ、ため息なんかついて」
小「!!あ、ちょっと、あんた何勝手に聞いてんのよ…!!」
主「あんだけ大きなため息なら聞きたくなくても聞こえてくるって」
小「…………」

そう言うと口答えもせずに俯いてしまう。
いつもの彼女らしくない。
彼女らしくないといえばこのところずっとだ。
何をやるにしても覇気がないというか、元気がないというか…

主「…あの、さ」
小「何よ」
主「お前、最近…」
小「だから何もないって言ってるじゃない!」
主「…………」

理由を聞いても毎回こうだ。

主「やっぱり、変じゃん…」
小「…………」
主「この前から…」

この前、そうだ。
先生がHRのときにイジメの話題を出してからだ。

主「もしかして、お前も垂髪に…」
小「だから違うって言ってるじゃない!!」

突如大声を出す彼女。

小「あれはあたしには何の関係もないの!あたしは何もしてないし、悪くなんかないんだからッ!!」

凄い剣幕で捲くし立てるように言う。
予想のしていなかった返答に、一瞬言葉を詰まらせる。

小「…はぁっ…はぁっ…ぐすっ」
主「お前…、それってどういう…」
小「だから…!」
日「よく平気でそんなこと言えるね」
小「!!」
主「え…?」

ふと聞こえた、その場にいるはずのない人物の声。
その声がした方に振り向いてみれば、ちょうど開いたドアから日向が覗いていた。

主「日向…?」
日「僕、見ちゃったんだよね…」
小「あ…あ…」

日向が言葉を続けるごとに有栖川の顔が青くなっていく。

日「有栖川さんも、イジメの当事者…ううん、加害者だよね?」
主「え…?」

その言葉に思わず有栖川の方を振り向く。

主「有栖川…」
小「ち、違…だって…そんな…っ」

涙をいっぱいに溜めた目を見開き、必死に否定しようと言葉を探しているようだ。

日「何が違うの?僕は実際見たんだけど…」

そんな有栖川の言葉を聞こうともせずに言葉を続ける。

日「それでも違うって?全部垂髪さんの所為?…見損なったね」
小「あ…う…」
日「案外、姉さんの怪我もわざと負わせたんじゃないの?」
小「…ッ!!」
主「有栖川っ!?」

突如、彼女は教室を飛び出した。
冷静に考えれば無理もない。

主「日向っ…!」
日「…僕は当然のことを言ったまでだよ。委員長としてこういう事態は好ましくないからね」
主「っ………!」

俺も鞄を掴むと有栖川を追いかけて教室を飛び出した。



主「…っはぁ、…っ、いな、い…」

校門まで全速力で走ってきてみたが、もうすでに彼女の姿はなかった。



今日も手を振って別れた。
いつものように。
いつもと同じ、確かにそう思った。

~~~~♪(着信音)

(…メール?)

夜、もう21時を回るころ。
部屋でくつろいでいた俺の携帯に、突如着信音が流れた。
携帯を手に取り、今付いたばかりのメールを読む。

送信者:有栖川小兎
件名:
内容:ばいばい

そう、一言だけ書かれたそれ。

(なんなんだよ、これ…)

背中を嫌な汗がつうと流れる。

主「…っ」

いつもと同じ、そうだったはずなのに。
今日は、違った。

携帯を握り締めたまま、上着を持って部屋を飛び出す。
向かう先は一つ。
そう、有栖川の家だ。




主「ここ…だよな…」

クラスの連絡網を頼りにようやく辿り着いた。
表札には、確かに『有栖川』と書かれている。
そうよくある名字ではないしここで間違いないだろう。
しかし、ここから見える限り電気が点いていない。
隣近所が明々と光を発しているのに、一つだけぽっかりと滑落ちたように真っ暗だ。

(いない…のか?)

しかし考えてもどうしようもない。
ここ以外は何処も思いつかないのだ。

(くそ…っ!)

一か八かでチャイムへと手を伸ばしボタンを押した。
ピンポーンと間の抜けた音が中から微かに聞こえてくる。
そしてすぐにこちらに近づいてくる足音が聞こえた。

主「!」

ガチャリ、鍵の外される音が聞こえ、ゆっくりとドアが開いた。

小「…来たんだ」
主「有栖川!」

そこにはメールを送ってきた張本人の有栖川がいた。

主「あ、お前…その…」
小「…まあ、せっかくだし…上がりなさいよ」
主「あ…」
小「今日は…みんな出かけてて誰もいないし…」
主「あ、ああ…」

正直言いたいこと、聞きたいことがありすぎて何をどう言えばいいのか分らない。
とりあえず落ち着こうと、有栖川に勧められるまま家の中へと失礼させてもらうことにした。
それまで真っ暗だった家の中に明かりが灯る。
小奇麗な室内が露になった。
通されたその広いその部屋はリビングダイニングキッチンとなっていた。
とりあえずそこにあったソファに座る。

小「何か飲む?」
主「え、あ…うん」

そこで自分が酷くのどが渇いていることに気付いた。
きっと急いでここに来たからだろう。

小「紅茶で良い?」
主「ああ、悪い。冷たいの頼む」
小「分った」

ガタガタと用意をしたす有栖川。
俺は手持ち無沙汰に部屋をぐるりと見渡した。
初めて入る家は、それだけで物珍しい。
ぼんやりと観察していると、ことりと机の上にグラスが置かれた。
それと同時に有栖川が正面に座る。
俺はグラスを手に取り喉を潤すために一口飲んだ。

主「あ、美味い…」
小「当たり前でしょ?あたしが入れてあげたんだから」
主「またお前は…」

はた、とここでようやく気付く。

(って、俺はこんなことしに来たんじゃなくて…!)

そう、俺は別に遊びに来たわけじゃない。
一体何のためにこんな夜に急いでここまで来たのか。

主「そうだ、メール…」
小「……………」
主「あのメール…なんだよ」
小「あれは…」
主「どういう意味だ?」
小「…ただの、悪戯メールよ」
主「は?…俺は、てっきり…」
小「あはは、何よ!マジになっちゃって!…あ、もしかして私が自殺するかもとか思った?」

その一言にカチンときた。

(何だよ、人が心配して急いできてみれば…!)

主「……………」

無言で脱いだ上着を取り立ち上がる。
いつも小さな嫌がらせはされるけれど、それはほんの可愛いもので笑って済ませられるようなことばかりだ。
しかし今回はそれとは違う。

小「え、あ、か、帰るの?」
主「…これ以上ここにいても仕方ないし」

不機嫌を声色全体で表しドアノブに手をかける。

小「…ねえ!」

その瞬間声をかけられた。
振り向けば何ともいえない表情の有栖川が目に入る。

小「帰んないで…」
主「…何だよ、いきなり」
小「……………」
主「帰るぞ」
小「だめ!」
主「何で」
小「それは………」
主「帰んないでほしいの?」
小「そ…そうよ…」
主「はあ…」

いつになく必死な有栖川を見ているとさっきまでの怒りも忘れてため息が出てきた。

(…そうだよな、理由もなくこんなことする奴じゃないし…な)

主「なら、ここにいる」

その瞬間、すごく安心した顔をするもんだから文句の一つでも言ってやろうと思っていたのに言えなくなる。

(…しょうがねえな)

結局、その日は何の理由も聞けないままただただ時間だけが流れた。
それでも、いつになく嬉しそうな顔をしているように見える有栖川にこれで良かったのかもと納得している俺がいた。