|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

らあめん花月嵐(八乙女店)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/10/6
『らあめん花月嵐 八乙女店』で「ラーメン太郎」(680円)を。
名前や見た目でお気づきの方もいると思いますが、いわゆる"二郎系"ラーメンです。
醤油スープに背脂たっぷり・麺は角張った太麺・茹でたキャベツ&モヤシと、見た目は確かに二郎系。
匂いを嗅ぐと、唯一食べたことのある二郎系の『卍』の醤油とかなり近い匂い。味もかなり卍っぽい味がします。
麺は極太まではいかないですが、二郎系はかもし出しています。ただ広告には「腹ペコボーイご用達」と書いてありましたが、量は多くは感じません。
具はキャベツ・モヤシの他に、バラロールチャーシュー3枚とスープ表面とは別に背脂が野菜の上にトッピングされています。
デフォですでににんにく入り。ただ野菜の上ではなく、丼の底に入っているので、最後の方は底に溜まったにんにくで結構辛いです。

こちらは餃子(クーポン)。
来店した理由の一つとして、ここの広告が入っていて、それにクーポンが色々付いていたので来てみました。そのクーポンの中から餃子3ヶ無料券を使用。
ここの餃子は初食ですが、皮のモチモチ感も適度にあるし、具の肉汁もそこそこ出てくて、なかなか美味しかったです。チェーン店でこの味だったら十分なレベルです。

卍の醤油特大が700円なので、量・味・値段すべてで卍の方がお得感は強いですが、このラーメン太郎でも十分二郎系の雰囲気が味わえると思います。
今まで花月で出していた有名店パクリ?系メニュー(俺の空風豚そば銀次郎・神座風道頓堀ラーメンなど)は正直イマイチでしたが、このメニューはなかなか完成度が高いです。(化調するからこそ出せる味なので、以外にマネしやすいのかも)
特に卍で食べてみたいが未食という人には、二郎系の入門編としてこのラーメンはいいかもしれないです。(呪文もないし)
麺が卍のようにそこまで硬めではないので、より二郎系をかもし出すには、麺硬めで注文するのがおススメです。



住所:仙台市泉区松森後田45-1


                                   by hiro




  • 私も食べました。
    二郎インスパイア系としては面白いかなと思いました。
    首都圏ではかなり二郎系が増殖してるようですね。
    東北だと卍@仙台、豪ーめん@盛岡のみですが、
    今後増えることが予想されるかもですね。 -- はらへリズム (2006-10-19 16:42:26)
  • レベルがどうあれ、宮城では卍でしか食べれなかった二郎系が、宮城に数多くあるチェーン店で食べれるようになったのは嬉しいことです。レギュラーメニューになってくれれば更に嬉しいですが、特殊系なのでレギュラー化は無理かな~。
    この前『くろく』の限定でも二郎系をいただきましたが(いずれアップします)やはり化調しないとなかなか二郎っぽさは出ないみたいですね。無化調で味を近づけるのに店主もかなり苦戦したみたいです。 -- hiro (2006-10-19 17:22:38)
  • 二郎系?
    意味不明ですが、卍に行けばいいんですね? -- JIJI (2006-10-19 20:51:45)
  • >二郎系?意味不明ですが、卍に行けばいいんですね?
    簡単に説明すると、東京の三田にある『ラーメン二郎』に似ているラーメンということですね。詳しくはこちらの記事で。
    http://allabout.co.jp/gourmet/ramen/closeup/CU20010929A/ 
    でも多分JIJIさんが最も苦手なジャンルのラーメンかもしれないですね。 -- hiro (2006-10-19 21:47:08)
名前:
コメント: