|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

本竈13

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『本竈』で7・8・9月限定の「正油つけ麺」(680円)を。
メニューの副題が「濃厚魚ダシ」ということで、つけ汁は普段の透明感の高い本竈のスープと違い、白濁しているスープ。ブログによると、ラーメン用のスープを更に煮込み、濃縮させているらしいです。それに節粉が入っていて、若干酸味がプラスされている。
濃厚といっても『とがし』ほど濃くはなく、かといってあっさりではない。自分の印象ではまさに"ちょうどいいコッテリ"に感じました。
そのまま飲んでもそれほどしょっぱくないですが、麺をつけても薄くは感じない。それだけダシが濃いということなのでしょう。
そのつけ汁の中に、通常ラーメンと同じチャーシューとメンマが入っている。
麺は平打ち太麺。普通盛りでも量も結構多め。モチモチとした歯ごたえがいいです。

こちらは「水餃子」(250円)。
変に期待が強すぎたせいか、正直普通っぽい味に感じました。エビわんたんの旨さを考えると物足りない感じもしますが、厳しい評価も人気店であればこそです。

とにかく美味しいつけ麺でしたが、特につけ汁が美味しく感じました。自分のツボにぴったりハマったつけ汁です。ラーメンの魚ダシ強めと違い、スープが節粉に負けていません。濃縮スープと節粉の相性バッチリです。
ぜひ、この濃縮スープをラーメンで食べてみたいと思いました。店主、コスト的には厳しいかもしれませんが、このレポを見ていればぜひご検討を!


住所:宮城郡利府町神谷沢字化粧坂63-2


                              by hiro


名前:
コメント: