|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

なると家

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5/5
オープン当初以来の『なると家』で「えびわんたんめん塩」(850円)を。
以前来た時は、チャーシューはもち豚使用などなど、うんちくが結構書いてあって気がしましたが、そういうことはほとんど書いてませんでした。能書きより味で勝負といったところでしょうか。
スープは魚介(特に貝系)の風味が中心のかなり繊細な味。内モンゴル産のカンスイ使用という細麺もかなり繊細な感じ。
具はチャーシュー2枚(恐らくモモ)・えびわんたん3個・味玉半分・ナルト・メンマ・水菜。
特にえびわんたんは、えびが丸ごと入り、プリプリして美味しかったです。
繊細なスープに繊細な麺、具もそれを邪魔しないような味付け。すごくこだわって作っているというのが伝わってくるラーメン。

私的には好きな味ですが、"繊細"を"薄い"と感じる人もいるような味です。それだけじっくり味わって食べないと、ただのあっさりラーメンで終わってしまいそうな味です。少なくとも、漫画や新聞読みながら食べるラーメンでないことは確かです。
ここで食べる場合は(特に醤油・塩)じっくり味わって食べることをおススメします。
ただ、客側がそんな気を遣わなくても、美味しい繊細なラーメン店もあるので、そのような味を目指してくれれば、食べ手としてはうれしいですが・・・






                                    by hiro


名前:
コメント: