|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

五福星18

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2012/1/5

『五福星』「ブタみそらーめん」 (700円)を。
先日カップ麺化もされた、被災地での炊き出しで生まれたラーメンです。

スープは仙台味噌を使った味噌味のスープ。
酒粕が入っているそうで、味に深みがあり、かつ身体がよく温まります。
炊き出しの際に作られたラーメンということで、ゴミができるだけでないよう、一般的なラーメンと違い、ダシに骨類は使わず、肉や野菜でダシを取り、それをそのまま具として食べるという、非常に理にかなった手法を取っています。
骨類を使っていないということで、失礼ながらダシの味が薄いラーメンなのかな?と思っていましたが、全くそんなことはなく、旨味がしっかりとした非常にコクのあるスープに仕上がっています。
震災時は水がとても貴重だったので、喉が渇きづらいよう、塩分を控えめにするという心配りもされています。

麺はしっかりと手もみし、ピロピロとしたエッジを付けた太ちぢれ麺。
五福星さんのウリでもある食用シルク入りの麺は、非常に滑らかな麺肌が特徴です。

具は豚バラスライス・桜海老・白菜・大根・ごぼう・しめじ・おろし生姜・唐辛子パウダー。
震災時、不足しがちだった野菜をたっぷり取れるようにと、野菜を中心に具沢山!
酒粕入りの味噌スープに、おろし生姜と唐辛子パウダーが相まって、更に体がポッカポカに♪
デフォで白飯のおにぎりが付いてきますが、豚バラ肉をおかずに食べるおにぎりがまた格別!

途中から出していただいた、色々な材料がブランドされた辛味粉を加えると、辛味だけでなく、より“旨辛”な味わいに変化させてくれます。



炊き出しのラーメンとは思えないくらい、しっかりと作り込まれた美味しい味噌ラーメンでした。
通常な状態で食べても非常に美味しかったので、炊き出しでこれを食べた人は、きっと涙が出るくらい美味しく感じたことでしょう。
味だけでなく、食べる側の立場に立った優しさや心配りも詰まったラーメンでした!





                 by hiro (2012年 2杯目)


名前:
コメント: