|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

伊藤商店

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/9/1

初訪の『中華そば 伊藤商店』へ。
ラーメン激戦区、折立・愛子地区に6月にオープンしたお店です。
(それにしても災後にラーメン屋がホント増えましたね~)

こちらの店主は会津の有名店『牛乳屋食堂』出身ということです。
仙台では店舗展開しているお店以外では恐らく初の本格的「朝ラー」(土日祝のみ)を出していることでも話題のお店です。

外から見た時はそれほど広くないのかな?と思っていましたが、店内に入ると、席はL字のカウンター席と、4人座りのテーブル席が5卓と、席数は結構多め。
ちなみに駐車場はお店がある建物の脇にある細い路地を入っていき、建物の真裏にあるジャリ駐に2台分確保されています。

メニューはあっさり中華そばの「金の中華そば」と、これに粒状背脂を浮かべた「白の中華そば」。
それらに海老ワンタンやチャーシュー増ししたメニューという構成。



食べたのは 「金の中華そば」 (600円)。
スープは非常にあっさり・すっきりとした醤油スープ。
ここまでクリアな味の醤油ラーメンは、かなり久々。
最初はちょっと薄いかな?という印象ですが、食べ進める内に、旨味がジワジワと広がってきます。

麺は軽く手もみした太ちぢれ麺。
非常に加水が高い感じのモチモチした食感です。

具はチャーシュー2枚・メンマ・青菜・刻みネギ。


毎日でも食べれるような、本当にスッキリとした味わいでした。
この味なら確かに朝食べても胃もたれせずにいただけそうです。
ちなみに朝ラーだと、こちらのメニューが100円安い500円でいただけます。

仙台には何気にこういう喜多方スタイルのようなお店が非常に少ないので貴重な存在です。
次回は背脂入りの白の中華そばも食べてみたいです。





                 by hiro (2011年 153杯目)