|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新旬屋 麺(仙台本店)

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/8/31

初訪の『新旬屋 麺 仙台本店』へ。
7月15日にオープンしたお店です。
山形県新庄市に本店を持ち、他数店舗展開していますが、山形以外では今回が初出店とのこと。
最初から世界進出を意識して始めたお店ということで、FC展開も積極的に行っています。

場所はフットサル場やテニスコートなど、ドーム状のスポーツ施設が立ち並ぶ「SRGタカミヤ スポーツパークあすと長町」敷地内にあります。
車で来ると、道路上からはお店はほとんど見えないので、初訪の方は気を付けてください。
(自分もなかなか見つけれず、何度も辺りをグルグル回ってようやく探し当てました・・・)
施設の駐車場は有料ですが、お店に駐車券を提示すれば30分無料になります。

店内は明るくオシャレな造りで、清潔感もあります。
カウンター席・テーブル席・小上がりがあり、席数も結構多めです。
色々とこだわった造りですが、個人的にはトイレ前の洗面台をぜひ見てほしいです(謎)



食べたのは 「ガッツリ・エビ豚骨」 (750円)。
こちらのメニューが一番人気とのことでいただいてみました。
昨年、Yahooと東洋水産の協力で行われた「第2回最強の次世代ラーメン決定戦」で、第3位と審査員特別賞を受賞した商品とのことです。
(ちなみに今年の「第3回」も現在行われていて、こちらのお店のメニューは、今年も一次投票を通過したそうです)

スープはドロッとかなり濃厚な豚骨スープ。
特にゼラチン質が豊富で、舌に絡みつくような粘度です。
海老は香味油に使われている感じで、海老の香ばしさが程よく利いています。

麺は手もみした感じの平打ちの太ちぢれ麺。
不揃いなちぢれが、食感にいいアクセントを与えてくれています。

具はバラチャーシュー・太メンマ・味玉・岩海苔・桜海老・白髪ネギ。
チャーシューはまるで角煮のような分厚い物が2ヶ入っています。



こちらは 「セットミニ鶏飯」 (280円)。
単品だと380円ですが、麺類とセットで頼むと100円引きの280円でいただけます。
鶏肉は親鶏の身を使っている感じで、コリコリとした食感が楽しめます。
味付けは少々しょっぱめですが、真ん中の温玉を混ぜながら食べると、まろやかな味わいに。



個人的には分かりづらい場所でしたが、地元ではすでに知れ渡っているようで、平日ながらも広い店内が、幅広い客層でほぼ満席の繁盛ぶりでした。
今回自分が食べたのは非常に濃厚でしたが、連れが食べた「とりもつワンタン麺」は、真逆のとてもあっさりした味わいで、その他つけ麺や冷やしメニューなど、幅広くやっているので、色々な客層が呼べているのかもしれません。

つけ麺は10分茹での極太麺使用とのことなので、こちらの濃厚豚骨スープときっと合うと思うので、ぜひ食べてみたいです。




                   by hiro (2011年 151杯目)

名前:
コメント: