|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

アイバンラーメン〔東京都〕

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/8/21

この日は所要の為、日帰りで東京に行ってきました。
(往復高速バスの0泊2日の弾丸ツアーですw)

喫茶店で一休みした後、四国から来た友人達と合流し、夜の飲み会までの時間ラーメン食べ歩きすることに♪



まず1軒目は『アイバンラーメン』へ。
アメリカ人が始めたラーメン屋ということで、一躍有名になったお店です。
“スローフードファスト”を掲げ、「質のいい材料を探して、できる限り近所で買い、全部手作りする」「そして愛情を込めて、できるだけ早くお客さんに提供する」ということを信条にやっているそうです。

店内はL字型のカウンターのみ。
券売機はお店の外に配置されています。
この日は店主は不在で、少し前に同じく世田谷区の経堂に、2号店『アイバンラーメンplus』をオープンさせたので、基本そちらの方にいるのかも?



食べたのは 「塩ラーメン」 (800円)。
スープは無化調らしい自然な旨味が感じられるあっさり塩スープ。
色々な材料がふんだんに使われているのが伝わってくる、重層型淡麗スープです。
スープベースはあっさりですが、多めの香味油とたっぷりと加えられた魚粉により、インパクトもあります。

麺は自家製のストレート細麺。
シャキッと茹で上げられた麺は、細いながらも茹で延びも遅く、非常に美味しい麺です。

具はバラチャーシュー・穂先メンマ・白髪ネギ。



こちらは 「ローストトマト飯」 (300円)。
「ここに来たら、これは絶対に外せない!」と聞いていたので、連食ながらも食べてみました。
低温のオーブンで、じっくり5時間前後焼いたというトマトは、表面は乾いていますが、噛むとトマトの汁がジュワッとあふれ出てきます。
トマトが持っている甘味と酸味が極限まで引き出されている印象で、トマトが苦手な人が絶対に食べられない味ですが、トマト大好き人間の自分にとっては堪らない味です!
上からかけられたブラックペッパーとオリーブオイルもよく合っています。


つけ麺類を中心に、創作性の高いメニューも多いので、また来れたら他のメニューも試してみたいですね。






                   by hiro (2011年 145杯目)


  • 一時期コンビにでやたらとカップ麺を見かけたのでお店に行ってみたいと思ってました。
    10月につけ麺博に行く予定なので行きたいですね~ -- やお (2011-08-28 21:53:52)
  • やっぱり行かれましたか…単体も旨いですが塩ラーメントマト飯この組み合わせ絶妙じゃありませんでした?ピザそば風のも最高ですよ〜


    次来た時は是非ともチキュウの塩+トマト と
    特急凪の銀河
    裏ホトトギス
    ニボシストには堪らんすよ〜 -- かがやき (2011-08-28 22:13:54)
  • やおさん、ずっと気になっていたお店でしたが、いつも東京に行く平日は夜しかやっていないこともあり、なかなか行く機会に恵まれませんでしたが、今回初の日曜東京ということで、行ってきました!
    “分かりづらい味”の淡麗塩ラーメンを、上手く“売れる味”に仕上げているな~という印象でした。
    -- hiro (2011-08-29 07:31:08)
  • かがやきさん、その通りで、ドライトマトと塩ラーメンの相性がバッチリでした!
    今回は時間の関係もあり、“ニボ”は食べれませんでしたが、次回はぜひそういうお店でも食べたいですね~。
    -- hiro (2011-08-29 07:33:13)
  • 前にテレビで紹介された際、行ってみたいな〜と思っていたお店です。
    野球のついでに気軽に行ける場所ではないので、なかなか機会ないですが
    やっぱり行ってみたいな〜
    ローストトマト飯面白いですね。
    -- ビアシン (2011-08-31 10:41:34)
  • ビアシンさん、確かに千葉からだと、結構遠いですもんね~。
    ローストトマトはご飯とだけでなく、ラーメンへのトッピングもできるので、そちらも試してみたいです!
    -- hiro (2011-08-31 16:29:32)
名前:
コメント: